1. トップ
  2. 恋愛
  3. こんな夫なら離婚した方がいい!?旦那と別れる場合のリスク・デメリット

こんな夫なら離婚した方がいい!?旦那と別れる場合のリスク・デメリット

  • 2019.11.13
  • 12138 views

家計に入る収入が減る

まず挙げられるリスク・デメリットは収入面です。今まで家計に入っていた夫の収入が、離婚をした場合入らなくなります。共働きの場合は自分の収入のみになります。また、専業主婦の場合は収入がまったくなくなるため、仕事を探し働きに出なければならなくなります。

ただし、これまでも夫の収入が家計に入ってこなかった場合は、離婚しても状況が変わらないためさほど問題ないでしょう。生活費を渡さない経済DVを行ったり、自分の給料を全て自分のお小遣いにしてしたり、結婚していても収入面で全く頼れない男性もいます。むしろ離婚することで夫の分の生活費が浮き、家計が楽になるかもしれません。

家庭におけるパパがいなくなる

子どもがいる場合、離婚することによって家庭内にパパがいなくなります。いつも一緒にいたパパがいなくなるということは、子どもの心に少なからず影響を与えるでしょう。

ただし、これまでも夫がパパらしいことをあまりしていなかった場合は、子どもへの影響は最小限で済む可能性もあります。子どもに無関心であったり、子どもとの遊びの約束より、趣味・飲み会など自分の個人的な予定を優先したり、育児に非協力的だとしか思えないパパも存在します。

パパがいるのにパパらしいことをしてもらえない環境も、パパがいないのと同じくらい悲しいことです。

何でも自分でしなければいけなくなる

離婚することで、今まで頼りにできていた夫という存在がいなくなるため、何でも自分でしなければならなくなります。家事も自分で、育児も自分で、仕事も自分で、全て自分で切り盛りしていかなければならないということは、想像以上に大変です。

ただし、家庭の中では仕事以外何もしない男性も存在します。家事も育児も妻に丸投げで自分は仕事のみ、好きなときに寝て好きなときに遊びに行きやりたい放題。これで共働きであれば、ほとんどシングルマザーのようなものです。結婚していても何でも自分でしなければいけない状態であれば、離婚でむしろ負担が軽くなるかもしれませんね。

元記事で読む