1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 子どもと暮らす北欧インテリア♡快適に過ごす空間づくり&収納のアイディア集

子どもと暮らす北欧インテリア♡快適に過ごす空間づくり&収納のアイディア集

  • 2019.11.9
  • 10332 views

自分好みの北欧インテリアで子どもとの暮らしを楽しむ、素敵なインスタグラマーさんのお宅をご紹介。

大人も子どもも快適に過ごせる収納の工夫や家具の配置など、目からうろこのインテリア術はどれも参考になるものばかりです。おしゃれでハイセンスな北欧インテリアのアイディアを是非チェックしてみてくださいね。

大好きな北欧インテリアを子どもと楽しむ

リビングルームには敢えてテーブルを配置せず、すっきり広々としたスペースを確保。

キッチンやダイニングで家事をしている時も、子どもが遊ぶ様子が見えて安心です。ふわふわのラグを使うことで、子どもも過ごしやすくなりますよ。

リビングルームの角に設け垂れた棚は、下段が子どものアイテムをしまうスペースに。

小さな棚をプラスして、使用頻度の高いおもちゃを収納しておくのも◎。

大きなかごや収納ボックスを使うことで、子どもも大人もストレスなく片付けができますよ。

キッチンの壁は子どもの絵や作品を飾るギャラリースペースに。

カラフルな紙に描かれた可愛らしい絵が、楽しくポップなウォールデコレーションになっていますね。

広々としたリビングダイニングルームは、ソファでお部屋をゾーニングして空間にメリハリをつけて。

ダイニングテーブルの上にペンダントライトをプラスすることで、リビング側との雰囲気を変えることができますね。

ブルーグレーのアクセントウォールで仕上げたキッチンの壁がお部屋のアクセントになり、表情をプラスしてくれます。

木目を生かしたカウンター収納に白いオープンシェルフの組み合わせがとても爽やか。裸電球のシンプルなペンダントライトも相性抜群ですね。

キッチンのオープンシェルフはお気に入りの雑貨や植物を飾るディスプレイスペースとして活躍。

キッチンアイテムではなく、敢えて自分好みのアイテムを飾ることでリビング側から見て楽しい演出が叶います。

キッチン奥に設けられたパントリー兼作業スペース。小さな窓もあり、明るく快適に過ごせそうですね。

食品のストックはもちろん、子どもの書類や裁縫道具など、必要なものがすべて一か所にまとめられるところが嬉しいポイントです。

大きく深い実験用シンクは、子どもの居る家庭で大活躍してくれる優れもの。汚れがひどいお洋服やスニーカーなども楽々洗えるところが魅力的です。

シンクの下には収納棚を設けずオープンにしておくことで、キャスター付きの収納ラックを置いたり収納ケースを配置したりしています。

使い勝手の良いアレンジがその時その時で楽しめますね。

引き戸で仕切られたリビングルームは、全開にすることで風の通りが良く開放感たっぷりに。ナチュラル感のあるフローリングもとても爽やかです。

玄関には敢えて収納棚を設けずにすっきりとさせることで、広いスペースが確保できますね。

リビング手前の壁に設けたニッチが季節のディスプレイを楽しむスペースとして活躍しています。

奥行が浅くスクエア型のニッチは、まるでアートフレームを思わせるデザイン。白い壁なので置いてあるものの存在感が引き立ちますね。

白が爽やかな北欧インテリア

白い壁と高い天井で仕上げたリビングルームは明るく開放感たっぷり。

ナチュラル感のある家具やグリーンを組み合わせた空間づくりが、落ち着きのある心地よい雰囲気です。

L字カウンターのキッチンはコンパクトで使い勝手抜群。キッチン家電や収納棚も白で揃えることで、清潔感のあるインテリアが叶いますね。

天井ギリギリに設けられた窓からはたっぷりと光が注ぎ、外からの視線を気にすることなく採光できるところが嬉しいですね。

可愛らしいモザイクタイルに木のオープン棚を取り付けた、ナチュラルで可愛らしい収納スペース。

頻繁に使うキッチングッズは吊るせて使い勝手も抜群です。お気に入りのカフェグッズをディスプレイすれば、気分も上がりそうです。

壁いっぱいに収納棚を設けた1畳のパントリーは、コンパクトながら収納力は抜群。

仕様頻度の低いキッチンアイテムやリビングで使うものを収納する、優先度で収納するものを決めたところもさすが。

棚板を減らして収納ボックスを上手く活用することで、収納力をさらにアップさせています。

ダイニングルームはブルーグレーの腰壁がおしゃれなアクセントになっていて、メリハリのあるインテリアが完成しています。

四角いダイニングテーブルは壁側に寄せて配置することで、無駄なくスペースを活用できますね。

ダイニングとリビングの間に設置した棚は、子どもの学用品を収納するスペースに。

ランドセルを置き場に敷いたおしゃれなギャッベは、床を汚れや傷から守ってくれます。

白い収納ボックスに毎日使うハンカチ&ティッシュを入れておくなど、子どもが自分で身支度をしやすい環境づくりもされています。

2階のリビングルームに設けられたコンパクトなクローゼット。引き出し収納ケースに子どものお洋服が収納されているので、朝の準備もここで完結します。

使用頻度の低い服や季節外のアイテムは1階のウォークインクローゼットにしまってあり、コンパクトなスペースでも十分。

ダイニングの腰壁と同じブルーグレーの羽目板がワークスペースのおしゃれなアクセントに。

優しい色使いが、ナチュラル感のある北欧家具にも相性抜群ですね。

ブルーグレーの壁がとても爽やかなキッズルームインテリア。ギンガムチェック柄のペンダントライトが可愛らしいアクセントになっていますね。

子どもがまだ小さいうちはプレイルームとして活躍。ボックス型の収納棚は縦にも横にも置けるフレキシブルなデザインが魅力的です。

階段下のスペースを活用したトイレスペースはブルーグレーのアクセントウォールが効いたシンプルな作りが素敵。

縦長の窓のおかげでとっても明るく、コンパクトさを感じさせません。木製のナチュラルな棚も使い勝手が良さそうですね。

北欧インテリアで子どもとの暮らしをおしゃれで楽しく

いかがでしたか?お気に入りの北欧インテリアで子どもと暮らす、素敵なインスタグラマーさんのお宅をご紹介しました。

子どもも大人も使いやすく快適な収納テクニックやおしゃれなインテリア術など、参考になるアイディアが満載でしたね。ご紹介した空間づくりをヒントに、子どもと暮らす北欧インテリアをもっともっとおしゃれに楽しみましょう♪

元記事を読む