1. トップ
  2. メイク
  3. ファンデの厚塗りは必要ナシ!プロのメイクが実践【赤み・クマ・くすみのカバー術】

ファンデの厚塗りは必要ナシ!プロのメイクが実践【赤み・クマ・くすみのカバー術】

  • 2019.11.8
  • 39902 views

目元のクマ、吹き出物の跡や赤み、くすみがあると、ついファンデーションを厚塗りしてカバーしようとしますが、かえって厚塗りした部分だけ目立ってしまったり、素肌感のあるトレンド肌から程遠い仕上がりになってしまったりしてしまうもの。そこで強い味方にしたいのが「カラーコンシーラー」です。

ファンデの厚塗りは必要ナシ!プロのメイクが実践【赤み・クマ・くすみのカバー術】

一見扱いが難しそうなイメージもありますが“色の選び方”さえ抑えておけば上手に肌悩みをカバーしつつの素肌感のあるトレンド肌を目指すことができます。

赤みや吹き出物の跡には“グリーン系”を

肌の赤みや吹き出物の跡に使用するのは“グリーン系”のコンシーラーです。

ファンデの厚塗りは必要ナシ!プロのメイクが実践【赤み・クマ・くすみのカバー術】

薄く自然にカバーするためのポイントは“ファンデーションを塗布する”こと。カバーしたい部分に少量置いてブラシで少しずつ伸ばしていきます。ただし、どうしてもファンデーション塗布後も気になってしまう場合は、さらに少量のコンシーラーを重ね塗りします。

目元のクマには“オレンジ系”を

お疲れ顔に見えてしまう目元のクマは顔印象が悪くなってしまうのでちゃんとカバーしておきたい部分。そんな目元のクマには“オレンジ系のコンシーラー”がベスト。自然な明るさに仕上がります。

ファンデの厚塗りは必要ナシ!プロのメイクが実践【赤み・クマ・くすみのカバー術】

こちらも“ファンデーションを塗布する前”がベストのタイミング。目元のクマが濃い部分にライン状にのせてブラシで馴染ませていきます。カバーする意識が強いとコンシーラーをつい厚塗りしたくなりますが、自然に仕上げるためにも“薄くフィットさせる”ことを心かげましょう。

肌のくすみには“肌色タイプに合わせた色選び”を

肌のくすみは“肌色に近しい色”のコンシーラーでカバーします。ただし、ポイントとなるのが“肌色タイプによって使用するべきコンシーラーのカラーが異なる”ということ。“イエベ肌”さんは「ベージュ系」、一方“ブルべ肌”さんは「パープル系」をチョイスしてください。

ファンデの厚塗りは必要ナシ!プロのメイクが実践【赤み・クマ・くすみのカバー術】

また、こちらも“ファンデーションを塗布する前”にのせるのがベスト。くすみが気になる部分に肌色に合ったコンシーラーをブラシで馴染ませておくだけで、ファンデ後の肌の透明感が高まります。

このように肌悩みに応じたカラーコンシーラーを使用することで厚塗りを防ぐことができますし、一層ナチュラルに肌を仕上げることができます。ぜひ上手に使いこなして、素肌感のあるトレンド肌を実現させてくださいね。<メイク監修:岩下倫之

元記事を読む