1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 肌に負担?クレイ(粘土)がもつ本当の美容パワーを解説!

肌に負担?クレイ(粘土)がもつ本当の美容パワーを解説!

  • 2019.11.7
  • 1801 views

冬になると肌が乾燥する…

冬になると肌が乾燥する
出典:GODMake.

肌寒くなってくると、気になるのが肌の乾燥ですよね……。秋冬の肌の乾燥は夏の間の日焼けや、冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎで起こる内臓機能の低下が関係しているともいわれています。だからといって、今さら夏の過ごし方を改めることはできません……。

そこで注目すべきは「クレイ(粘土)」がもつ美容パワーです。クレイといえば、絶世の美女であるクレオパトラも実践していたというクレイパックが有名ですよね!また、自然派セレブのシェイリーン・ウッドリーが「クレイを飲んでいる」と発言したことから、飲むクレイも話題になりました。

ここからは、泥パックや飲むクレイでお馴染みのクレイの美容パワーをみていきたいと思います!

そもそもクレイ(粘土)とは?

そもそもクレイ(粘土)とは?
出典:GODMake.

まずは、そもそもクレイとは何なのか、どんな歴史があるのかご紹介します。

「クレイ(粘土)」とは、水分を含んだ粘りのある土(鉱物)のことです。スキンケア化粧品としては、洗顔料・クレンジング・パックなどの基礎化粧品に使用される他、化粧下地やファンデーションなどメイクアップ化粧品にも使われています。

クレイには様々な種類があり、化粧品に使われる代表的なクレイには、

  • カオリン
  • ホワイトクレイ
  • ガスール
  • モンモリロナイト
  • マリンシルト

などがあります。

クレイの特徴は、粒子が非常に細かいことです。砂と比べると一目瞭然で、天然クレイの粒子はわずか20ミクロン(1mmの1/1000)ともいわれています。また、クレイはミネラルを豊富に含んでおり、吸収・吸着作用、抗炎症作用に優れていることも特徴の1つです。

クレイは自然の中で長い年月をかけて作られる天然の泥であり、限られた場所でしか取れません。ヨーロッパやアメリカ、中国などでは古くから民間の治療薬として用いられており、日本ではシャンプーがない江戸時代から昭和初期頃まで、力士の鬢付け油(びんづけあぶら)の洗浄に使われていたのだとか。

クレイの美容パワー4つ

クレイの美容パワー4つ
出典:GODMake.

それでは、ここからはクレイの美容パワーに迫りたいと思います!果たして、クレイはどのような美容パワーを発揮するのでしょうか?

デトックス効果

クレイはマイナスの分子構造をもっているので、体内に溜まる有害物質や毒素、老廃物などのプラスの分子構造を磁石のように吸着します。そして、その吸着した老廃物を体外に排出してくれるのです。

また、この高い吸着性は皮脂や皮膚の角質汚れ、雑菌なども吸着し、洗浄してくれます。

保湿効果

クレイには水を抱える性質があるので、たっぷりの水分を肌に届けてくれます。基礎化粧品に使用されているクレイは、水分と美容成分を抱えこんで肌に届けてくれるのです!

イオン交換

イオン交換とは、クレイが汚れを吸着するのと同時に、自らがもつ成分を手離して肌に残していく作用のことです。つまり、美肌成分を抱えたクレイが肌の表面や毛穴の汚れにぶつかると、美肌成分を手離したうえで汚れを吸着してくれるのです。

皮膜作用

水分を抱えたクレイは肌の表面で薄い皮膜となって、バリア機能の働きを果たします。肌の水分を維持しながら外部刺激から守るクレイは、肌トラブルの起こりにくい健康な肌を保ってくれるのです。

クレイは肌に負担を与える?

クレイは肌に負担を与える?
出典:GODMake.

クレイを避ける人の中には「クレイは洗浄力が高すぎる」「使用後は肌がつっぱる」と言う人もいるため、クレイは肌に負担を与えるのでは?と疑問視されることがあります。果たして、それは本当なのでしょうか?

答えは、NOです。先ほど紹介したクレイの美容パワーを確認すると分かると思いますが、クレイは汚れを吸着するだけでなく、肌にうるおいを与える効果もあります。そのためクレイを使うと肌がつっぱるという人は、間違った方法で洗顔を行っているか、界面活性剤による影響を受けているかのどちらかである可能性が高いでしょう。

肌に負担を与えず、皮脂の汚れを取り除いたうえで肌を保湿してくれるクレイ。冬の肌の乾燥対策として、ぜひ試してみてくださいね!

元記事を読む