1. トップ
  2. メイク
  3. “口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

  • 2019.11.6
  • 2591 views

少しだけ前に突き出ていて、アゴがあまりない口元だと、強気な性格に見えてしまったり、老け見えてしまったりすることがあります。そんな口元のコンプレックスも、印象を補正するメイクで気にならないようにすることができるんです。それでは早速手順をチェックしてみましょう。

用意するコスメはクリームタイプの2色のコンシーラー(肌より明るめのカラー&肌より暗めのカラー)です。

(1)肌より明るいカラーのコンシーラー(ハイライト)を「アゴの中央」→「唇の山」→「口周り」の順にのせる
“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

▲アゴの中央にのせるときは唇の幅を超えず、正面から見たときにあごの下に1cmくらい空間を空けます

“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

▲唇にコンシーラーがかからないように注意して、唇の山に沿ってV字型にのせます ※唇の山をハッキリさせることで口元全体の輪郭が生きてきます

“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

▲小鼻の両側のほうれい線部分に短く、そして唇の両側にのせます ※口が突き出て見えるのは、口を囲む周辺が出っ張っているように見えるのが原因。その口周りをぐるりと囲んで明るいトーンにすることでナチュラルにカバーできます

(2)肌より暗いカラーのコンシーラー(シェーディング)を「唇下&アゴ下」→「フェイスライン」の順にのせる
“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

▲唇のすぐ下に短く、アゴの下に長めにのせます(写真のブラウン部分) ※唇の下部分を暗くすることで唇の下のくぼみを強調でき、アゴ部分にボリューム感が出てきます

“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

▲フェイスラインに少し長めにシェーディングを入れます ※突き出た口元とあご無しフェイスの補正に直接大きな影響は与えないので省略してもOKです

(3)ハイライトを(1)→(3)→(2)の順にのばす
“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

▲アゴ下のハイライトをスポンジで跳ねるようにして境目をのばしていきます

“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

▲ほうれい線と唇の両側にのせたハイライトの境目をぼかすします ※ほうれい線の部分は頬側に引っ張り上げるようにしてのばすのがポイント。下に下げてのばすと突き出た口が余計に目立ってしまうので注意しましょう

“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

▲唇の山にのせたハイライトをトントンと軽くたたくようにしてのばします ※唇にのってしまったら拭きとってください

(4)シェーディングを「アゴ下」→「フェイスライン」→「唇下」の順にのばす
“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

▲アゴ下&フェイスラインに沿ってのせたシェーディングをフェイスラインに沿って左右に広くたたきながらのばします ※アゴ中央にのせたハイライトと混ぜないように注意しましょう

“口元”の悪目立ちをスッキリ解決。2色のコンシーラーでできる【印象補正メイクテク】

▲唇下に入れたシェーディングをスポンジでトントンとたたいてのばします

以上で終了です。前に突き出た口元は、口のすぐ横、相対的にくぼんだ部分に明るい色のコンシーラーでハイライトを入れつつ全体的なトーンを合わせることで印象補正が叶います。口元の印象が気になる方はぜひ試してみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>

元記事で読む