1. トップ
  2. 『ゴッドファーザー』コッポラ監督がマーロンに「頼み事」、続編に「あの人」がいなかった可能性

『ゴッドファーザー』コッポラ監督がマーロンに「頼み事」、続編に「あの人」がいなかった可能性

  • 2019.11.5
  • 2535 views

今なお語り継がれる大ヒット映画『ゴッドファーザー』で主演を務めたマーロン・ブランドに、フランシス・フォード・コッポラ監督がある頼み事を断られていたことが明らかになった。(フロントロウ編集部)

『ゴッドファーザー』主演のマーロン・ブランド

1972年の映画『ゴッドファーザー』といえば、巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督によって制作され、第45回アカデミー賞で数々の部門を受賞。しかし、ドン・ヴィトー・コルレオーネを演じ、主演男優賞に選ばれたマーロン・ブランドは、自身は白人でありながら、ハリウッドにおける不当なネイティヴ・アメリカンの扱いに対する抗議の意味で受賞を辞退した。

画像1: ⒸPARAMOUNT PICTURES / Album/Newscom
ⒸPARAMOUNT PICTURES / Album/Newscom

そんな骨のある名優として知られ、その功績から20世紀最高の俳優と評されることもあるマーロンに、コッポラ監督は『ゴッドファーザー PART II』の制作に際してある頼み事をしていたことが発覚。

わざわざ手紙で頼んだほどのコッポラ監督の願いは、なんと、続編でもマーロンにドン・ヴィトー・コルレオーネの若い頃を演じてほしいというもの!

手紙の中でマーロンに、いかに若かりしドン・ヴィトー・コルレオーネを演じてほしいかを熱弁したコッポラ監督は、こんなストレートな愛の言葉も投げかけるほど。

「映画は君なしでは作れない」

しかし、映画を見たことのあるファンならご存知のとおり、『ゴッドファーザー PART II』ではマーロンの代わりに、当時駆け出しだったロバート・デ・ニーロが若かりしドン・ヴィトー・コルレオーネを演じ、アカデミー助演男優賞を受賞した。

画像2: ⒸPARAMOUNT PICTURES / Album/Newscom
ⒸPARAMOUNT PICTURES / Album/Newscom

ドン・ヴィトー・コルレオーネの名セリフといえば、「I'm going to make him an offer he can't refuse(奴が決して断れない申し出をしてやるさ)」。しかしコッポラ監督の頼みごとは、残念ながらマーロンにとって断れる申し出だったよう。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる