1. トップ
  2. ファッション
  3. 秋のデートにおすすめ♡音楽会や観劇のベストな服装&気をつけたいマナー

秋のデートにおすすめ♡音楽会や観劇のベストな服装&気をつけたいマナー

  • 2019.10.25
  • 1667 views

芸術の秋には、コンサートや舞台などで劇場に足を運ぶ機会も増えるでしょう。秋のデートにも音楽会や観劇はお勧めですが、服装やマナーには気を付けたいものです。

気温の変化を考えて

デートの時はいつでもファッションに気合が入るところですが、秋の肌寒さを感じる気候ではちょっと気を付けましょう。外を歩くときは肌寒いこともありますが、コンサートホールや劇場内は空調が効いて適温か少し温かいことを考慮して、コートや上着などで温度調節できるようにすることです。

寒さ対策を充分にしたのはいいけれど、劇場内の室温で汗ばんでしまっては台無しです。隣に座った彼にどう思われるか、そわそわして舞台上の内容に集中できないなんて、デート中には最悪ですね。

折角のメイクも汗ばんでは崩れてしまいます。コートや上着だけでなく、劇場内でも薄手のカーディガンでさらに調節できる服装がお勧めです。秋色のストールを一枚持ち込み、膝や肩にかけるのも良いですね。

場の雰囲気を大事にして

デートに選んだのはクラシックのコンサート、それとも彼が大好きな劇団の公演でしょうか?

コンサートホールの格式や、劇場の雰囲気というものがあります。

デートのためのとっておきのワンピースがあるかもしれませんが、場にそぐわないものはNGです。肌の露出の多いものや他のオーディエンスから明らかに浮いてしまう服装は止めましょう。彼に恥ずかしい思いをさせないためにも守りたいマナーです。シックな色目の服装で、足元も露出を控えたきちんと感を大切にしてください。

目元キラキラメイクはおすすめ

シンプルシックな服装を心掛けたいものですが、デートでのメイクは少し念入りにしてみませんか?コンサートや舞台など室内の催しでは照明が暗めに落とされることが多いので、顔色がくすんで見えてしまいます。

目元にほんのりキラキラと光るシャンパンカラーを乗せてみてはいかがでしょう。粒子の細かいシャンパンゴールドやシルバーのアイシャドウをアイホールに乗せてみると、暗めの会場でも華やかさを演出できます。音楽会や観劇などいつもとは違う特別な時間にお勧めの簡単メイク術です。

オリジナルサイトで読む