1. トップ
  2. ダイエット
  3. 体型キープの鍵“腸腰筋”を集中ケア。お腹を凹ませつつ【下半身太りの予防】が叶う簡単習慣

体型キープの鍵“腸腰筋”を集中ケア。お腹を凹ませつつ【下半身太りの予防】が叶う簡単習慣

  • 2019.10.22
  • 58553 views

スッキリとした下半身のラインはオンナらしい体型をキープする上で重要なポイントですが、少し気を緩めてしまうと一気にたるみが出たり、贅肉がついたりと“太りやすい”のも事実。そこで特に意識して実践したいのが、お腹周りや下半身の体型キープの鍵となる「腸腰筋(股関節の前側からお腹の下にかけての筋肉)」を集中的にケアできる簡単ストレッチです。

腸腰筋ストレッチ

体の深部に位置する「腸腰筋」は、普段の生活ではなかなか強化できない筋肉の1つ。柔軟性をキープすることによりお腹周りの引き締めやお尻の引き上げなどの効果を期待できます。ぜひ実践して、下半身のスタイルアップに繋げていきましょう。

(1)左脚を前にして脚を前後に開き、体を真っ直ぐにキープしたまま左手を左ひざに添える

体型キープの鍵“腸腰筋”を集中ケア。お腹を凹ませつつ【下半身太りの予防】が叶う簡単習慣

(2)テニスボールをラケットで打つイメージで、右腕を後ろから左上方向へ伸ばしながら骨盤をひねり、ひねり切った体勢を20秒間キープする

体型キープの鍵“腸腰筋”を集中ケア。お腹を凹ませつつ【下半身太りの予防】が叶う簡単習慣

終わったら腕と脚を変えて反対側も同様に行います。シンプルなストレッチ法ですが実際やってみるとウエスト周辺の筋肉の柔軟性が増して動きも良くなり、軽さも実感できるようになりますし、体をひねって骨盤を動かすのでリンパの流れが良くなり代謝UP効果まで期待できます。ぜひお腹や下半身のラインをキープしていくためにも習慣的に実践してみてくださいね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年)>

元記事を読む