1. トップ
  2. 恋愛
  3. 初恋の相手が忘れられない…「初恋の彼を自然と忘れる」3つの秘訣

初恋の相手が忘れられない…「初恋の彼を自然と忘れる」3つの秘訣

  • 2019.10.20
  • 364 views

初恋は一生に一度きりの特別なもの。でも、あまりに長いあいだ初恋の彼を忘れることができなければ、新しい恋愛を探しにくくなってしまいますよね。彼を自然と忘れるための3つの方法を利用して新たな恋に踏み出しましょう!

新しい出会いをする

初恋の相手は、初めて好きになった相手ということです。その男性と会った時、何かビビッとくるものがあったのでしょう。そんな初恋相手を忘れるためには、その人に会った時よりも衝撃的な出会いをすることが必要です。

初めて会った時に「この人は運命の人だ!」「何て素敵な人なの」と、出会った時に衝撃を受けてしまう相手を探しましょう。そんな人に出会うことができれば、初恋の彼を好きだった気持ちはどこかに行ってしまうものです。一度会ったら忘れない「魅力的な人」と出会うことができれば、自然と彼のことを忘れられるでしょう。

初恋の相手を意識しない

あの人は何をしているんだろうと、相手のSNSをチェックしたり連絡を取り合ったりしていては、いつまでたっても忘れることはできません。彼との思い出の品を持っているならば、思い切って捨ててしまいましょう。

彼との思い出の品が部屋の中にあると、ほかの男性と初恋の相手を比べることになってしまいます。好きな人の写真や思い出のメール、プレゼントされたものは、辛くても手放した方がスッキリ忘れられますよ。

思い切って告白してみる

実は、初恋の人のことを忘れられない理由の1つにはその恋が終わっていない心残りがあります。好きだったのに告白できなかった、もしかしたらあの人も自分のことを好きだったのかもしれない、そんな未練の気持ちが、初恋の人を忘れられず強い印象を感じさせる原因になっているのです。

そんな時は思い切って告白することも1つの手。告白が成功したらラッキーですし、断られても気持ちが晴れるきっかけになり、モヤモヤが消えて自然と彼のことを忘れられるようになるでしょう。

初恋は美化されやすい

初恋の思い出は特別で、美化されやすいものです。美化されてしまうとその思い出に勝てるような恋愛はなかなかできなくなってしまうでしょう。今の恋愛が上手く行かなかったり、素敵な人との出会いがなかったりすると、美化された思い出にすがって初恋の相手が恋しくなったりします。

そんな彼のことをすっきり忘れたいなら、まずは告白したり思い出の品を手放すことで恋にけじめをつけることが大切です。そうして気持ちが晴れやかになったときにまた運命的な出会いがあれば、次の恋に進むタイミングなのかもしれませんよ。

元記事を読む