1. トップ
  2. インテリア
  3. ハロウィンをインテリアに取り入れよう!3つのインテリアテイスト別にご紹介

ハロウィンをインテリアに取り入れよう!3つのインテリアテイスト別にご紹介

  • 2019.10.17
  • 4537 views

10月31日はハロウィンですね♪

明るくポップなオレンジカラーのハロウィンアイテムは、見るだけでもウキウキするのではないでしょうか。インテリアに合わないからと敬遠している方も、今年はぜひ取り入れてみませんか?

ナチュラル・モダン・北欧と3つのテイストごとにハロウィンインテリアを取り入れるコツをそれぞれご紹介したいとおもいます。

【ナチュラルテイスト】にハロウィンインテリアを取り入れるコツ

オレンジカラーの植物を取り入れるだけでもハロウィンっぽく

ツルウメモドキという盆栽でも使われる植物。オレンジの実が特徴です。

その名前の通りツル状になっていて、くるっと丸めてリースにして飾ることも出来るようです。

オレンジカラーはハロウィンぽさがあってこの時期にピッタリですね。

ホワイトパンプキンはナチュラルインテリアにピッタリ

ハロウィンかぼちゃと言えばオレンジ色の物が定番ですが、こんな綺麗な色味のかぼちゃもあるそうです。

こちらはれっきとした本物だそうですよ。ふんわりとした雰囲気がナチュラルなインテリアにピッタリ。

ダイソーのハロウィンかぼちゃを白にペイントしたそうです。

ハロウィンの日をスタンプした数字がさり気なくアクセントになっていておしゃれです。他のインテリアとも馴染んでいますね。

ハロウィンリースを取り入れる

自然の木の実やスパイスなどを取り入れたリースは、ハロウィンっぽいですね。

隣のジャックオランタンのオブジェと色合いもマッチしていて組み合わせが可愛いです。

【北欧インテリア】にピッタリのハロウィンインテリア

北欧雑貨にハロウィン飾りをプラス

リサラーソンのライオンと同じくらいのサイズ感が可愛らしいジャックオランタンのかぼちゃ達。

ボーダーのフラワーベースはケーラーの物で、こちらも北欧のインテリア。

北欧テイストのイメージを壊すことなくハロウィンの小物をディスプレイしていて好感が持てます。

北欧テイストには主張し過ぎないミニサイズがピッタリ

手書き風のおばけのポスターはハロウィンの時期にピッタリです。

他にもゴールドやシルバーのウォールステッカーや、黒のハロウィン小物がアクセントになっていてハロウィンにぴったりのおしゃれな雰囲気です。

【モノトーンテイスト】にピッタリのハロウィンインテリア

おばけやスカルモチーフは白黒アイテムと相性◎

愛嬌のあるおばけは、セリアのビッグフェルトオーナメントだそうです。ゴーストの他、コウモリやかぼちゃのデザインもあるそうですよ。

フェルトの素材感は温かみがあ理、モダンインテリアの無機質な印象を和らげてくれますね。

スカルモチーフも、レゴならポップで可愛い印象になります。

ライトボックスのトリックオアトリートの文字もモダンテイストにマッチしていて可愛いです。

アルファベットを入れ替えれば他のシーズンでも使えますね。

シンプルなデザインのものを選ぶ

HALLOWEENのアルファベットがハロウィンインテリアのアクセントになっています。

黒とグレーの色味がグラデーションになっていて優しい雰囲気ですね。ハロウィンのデザインのバルーンもモノトーンカラーで、統一感があります。

ニトリの白樺ツリーは、LEDライトがついていて雰囲気がありますね。シックなオーナメントもニトリのものだそうで、ハロウィンにピッタリのカラーリングです。

大きな蜘蛛の巣のオーナメントは、軽いモール素材で何度も繰り返し使えるそうです。遊び心のあるディスプレイはやっぱりワクワクしますよね。

蜘蛛のモチーフは、セリアの蜘蛛をブラックにペイントしたものだそうで、こちらもお部屋の雰囲気にバッチリハマっています。

ハロウィンを上手にインテリアに取り入れて楽しもう!

小さな雑貨やポスターなどでちょこっとだけハロウィンっぽさを取り入れたり、元々のインテリアと色味を合わせてコーディネートしたりと、ハロウィンならではのいろんな組み合わせを楽しむことが出来そうですね♪

ぜひハロウィンをおうちのインテリアでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

元記事を読む