1. トップ
  2. ファッション
  3. 梨花ディレクション「メゾン ド リーファー」が3周年でフルリニューアルオープン、初のキッズラインもデビュー

梨花ディレクション「メゾン ド リーファー」が3周年でフルリニューアルオープン、初のキッズラインもデビュー

  • 2015.3.31
  • 1898 views

4月で3周年を迎える「メゾン ド リーファー(MAISON DE REEFUR)」が、4月18日にリニューアルオープン。

今回新たにブランドを再定義し、ディレクターの梨花自身が体現する新たな女性像、伝えたい美しい生活の在り方をもとに、"大人を楽しむ"をコンセプトとしてフルリニューアル。

1階では、オリジナルの「リーファー(REEFUR)」や「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」に加え、「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」のウェアや「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のアイウェアの取り扱いをスタート。シューズでは、「サンローラン(SAINT LAURENT)」や「クロエ(Chloé)」のほか、「シャーロット オリンピア(Charlotte Olympia)」の限定カラ―のルームシューズセットを展開します。

また、梨花の「自分の子供に着せたい子供服がない」という思いから生まれたブランド初となるオリジナルのキッズラインがデビュー。Tシャツやパーカなどストリートテイストのアイテムは、男の子も女の子も着られるユニセックスなデザインになっています。この他にも、フランス人イラストレーターのジャンヌ・デタランテによる猫モチーフのコラボレーションアイテムや梨花自身が上海で買い付けたというライフスタイルショップ「プラターヌ(Platane)」の食器などを発売します。

2階カフェは、店名からコンセプト、メニュー、インテリアまで全てを一新。「グルグル リーファー(GLOU GLOU REEFUR)」に名称を変え、宮崎の南国野菜を使用した「ベジオベジコ(VEGEO VEGECO)」と共同開発したオリジナルスムージー、「オブスキュラコーヒー(OBSCURA COFFEE ROASTERS)」との共同開発によるコーヒー、代官山のベーカリー「空と麦と」のパンをはじめ、オリジナルで開発した紅茶やグラノーラ、ジャムなどの食品販売を新たにスタートします。

東京・代官山のランドマークとして人気を博す、新生「メゾン ド リーファー」に注目できます。

・「メゾン ド リーファー」 http://www.maisondereefur.com/