1. トップ
  2. ヘア
  3. はじめての人でもチャレンジしやすい「ビギナー向けショートヘア」3つ

はじめての人でもチャレンジしやすい「ビギナー向けショートヘア」3つ

  • 2019.10.12
  • 11519 views

ショートブームの全盛期であるいま、美容院でもショートカットのオーダー率がとても高くなっているそう。

あなたの周りにもショートヘアにイメージチェンジした方はいるのではないでしょうか?

今回は「ショートカットにしたいけれど似合うかわからない」、「イメージがわかない」、「勇気が出ない」などのネガティブな部分で懸念している方におすすめのスタイルを、美容師の森下優也さんに教えてもらいました。

1:ショート初心者におすすめ!顎上の外ハネショートボブ

長い髪から初めてショートにする方は、ショートボブが断然おすすめ。

サイドを顎上からリップラインまでの間、後ろは襟足の生え際ギリギリくらいで切ることで、ミニマムなシルエットのショート感強めなボブスタイルになります。

骨格カバー力もあり、髪質を選びません。どうしてもショートにしたいけれど、する勇気がなかなか出ない方にイチ押しのスタイルです。

2:オーダー率No.1!ハンサムショート

去年あたりから人気のハンサムショート。

おしゃれで、かっこいいハンサムショートはショートブームの火付け役的なスタイルです。街やSNSで見かけては、自然と目がいってしまいますよね。

人気が出たからこそ参考スタイルのイメージがたくさん出回り、シルエットや髪の動きなど、ショートスタイルとしては細かいところまで想像しやすいので、初心者でも自分に当てはめやすいのではないのでしょうか。

そんなハンサムショートですが、サイドは耳たぶが少し見えるくらいの長さにし、やや前上がりに見えるラインにすることで、女性らしさを出せます。

また、襟足を少し長めに残すとボーイッシュになり過ぎず、品のいい印象を残せますよ。

3:シースルーバングの耳掛けショート

ショートにしたいけれどスタイリングがうまくできるか心配な方には、耳掛けショートがおすすめです。

やや長めのシースルーバングにすれば、サイドに流した前髪が耳にかかる位置にバランスよく収まります。

仕上げは前髪だけ軽く巻いて全体にバームやオイルをつけたら、手グシを通して耳にかけるだけ! 時短スタイリングも叶いますよ。

今回は、はじめての方でも挑戦しやすいショートスタイルをご紹介しました。

ひとえにショートカットといっても、前髪がどうあるか、前上がりや前下がり、サイドの長さと襟足のバランス、肌の見え方や丸さなど似合わせるポイントはたくさんあります。

ぜひこの3つのスタイルを失敗しないショート選びの参考にしてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む