1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」

金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」

  • 2019.10.10
  • 1084 views

石川県野々市市で2019年4月にオープンした「1の1 NONOICHI」は、「にぎわいの里ののいち カミーノ」内にあるコミュニティスペース。学校をイメージした施設内には食堂カフェ、シェアキッチン、シェアオフィスなどを備えています。イベントやワークショップなども開催されているのでいつも賑やか。そんな野々市市の新スポットを訪れてみませんか。

金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
野々市市にオープンした「1の1 NONOICHI」
金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
野々市市にオープンした「1の1 NONOICHI」は学校の校舎を思わせる施設

北陸鉄道石川線・野々市工大前駅から徒歩5分。駅から布市神社方面に歩いて行くと見えてくるのが「1の1 NONOICHI」です。施設内にある食堂で食事やスイーツを楽しめるだけでなく、これから飲食店を始めたい人が給食当番として交代で料理を提供しているシェアキッチン、仕事の活動拠点として利用できるシェアオフィスなどを備えています。

近隣に大学もあるので学生や女性客も多く訪れ、施設内はいつも賑わっています。

学校をテーマにしたコミュニティリビング
金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
定食やパスタなどバラエティー豊かなメニューが楽しめる

白と木を基調とした店内は、学校を思わせるどこか懐かしい佇まい。木のテーブルが並ぶコミュニティリビングは、食堂やシェアキッチンの食事、ワークショップや勉強会などの会場として大人も子どもも楽しめるスペースになっています。

お子様連れでも安心の小上がり席
金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
窓からは明るい日差しが差し込む小上がり席

コミュニティリビングの奥には、居心地の良い小上がり席があります。角のない円卓やクッション、子ども用の椅子が用意されているのでお子様連れでも安心です。

毎日でも食べ飽きないホッとする「1の1食堂」の定食
金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
「チキン南蛮定食」980円(税別)

「1の1食堂」では、種類の豊富な定食やパスタ、カレーなど、毎日食べても飽きない健康的な食事が楽しめます。一番人気のメニューは「チキン南蛮定食」。タルタルソースがたっぷりかかったチキン南蛮にお惣菜、サラダ、ごはんにお味噌汁が付いておりボリューム満点。ランチにも夕飯にもオススメです。

ご飯は野々市市にある「米屋」のお米、味噌汁は「林農産」の味噌を使うなど、地元の食材も多く使われています。

金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
「ジャージャー麺」980円(税別)

麺類は、地元野々市市の製麺工場「成美製麺」のものを使用。人気の「ジャージャー麺」は、弾力のある食感が特徴で、ひき肉たっぷりの肉味噌と麺がよく絡みます。

パッケージもかわいい人気のお弁当
金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
帯や箸袋にはオリジナルキャラクターが描かれていてとってもキュート

定食以外に食堂ではテイクアウトできる手作りのお弁当の販売があります。メインが選べるのり弁スタイルで、からあげ、鮭、サバなどが揃います。天気の良い日は施設の目の前の芝生の上で敷物を広げて、ピクニック気分で食べるのも素敵です。

野々市市のオススメが揃う物産コーナー
金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
オリジナルグッズや地元スイーツ、雑貨などはお土産にも最適

物産コーナーでは、野々市市の物産や地元で人気の菓子などが揃います。
その中でオススメは、第1回野々市ブランドに認定された「かねこ結納品店」の椿の水引アクセサリー。野々市の市花木である椿をモチーフに、縁を結ぶ意味を持つ水引で作ったピンバッチとブローチは、熟練の職人が全て手作りしている自信作。野々市市のお土産に購入してみてはいかが。

学校をテーマにしたオリジナルキャラクターグッズ
金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
ユニークなキャラクターは金沢のイラストレーターがデザインしたもの

店内のあちこちで見かける「1の1 NONOICHI」オリジナルのキャラクターグッズも揃います。学校をイメージした名札型キーホルダーや学習帳、トートバッグ、Tシャツなどはどれも思わず手にとってみたくなります。ここだけの限定発売なので、お土産にすると喜ばれること間違いないですね。

「1の1 NONOICHI」で買える野々市スイーツ
金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
ことりっぷ

季節ごとにフレーバーが変わるソフトクリームをはじめ、カップアイス、アイスキャンディー、どらやき、水ようかんなど地元の人気スイーツが一堂に楽しめます。

市民ボランティアグループ「e-やん」と「マルガージェラート」が共同開発した「1の1 NONOICHI」限定の「e-やんジェラート」は、野々市市の市花木である椿の花びらのジャムが使われています。人気のフレーバーは早めに売り切れるのでチェックしてみてくださいね。

野々市観光の第1歩を「1の1 NONOICHI」でスタートしてみて
金沢観光にプラスして出かけたい。学校をテーマにした「1の1 NONOICHI」
ことりっぷ

「1の1 NONOICHI」は、一歩中に入ると子どもの頃に戻ったような懐かしい雰囲気が感じられる施設。土日と祝日は観光ボランティアが駐在し、野々市市の観光スポットやイベント情報を案内してくれるサービスも。

金沢の中心地から車で15〜20分ほど。電車やバスでもアクセスしやすいので、野々市観光の第1歩を「1の1 NONOICHI」からスタートしてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む