1. トップ
  2. 恋愛
  3. PayPayの使い方ガイド!還元率・チャージ上限など初心者向けにFPが解説!

PayPayの使い方ガイド!還元率・チャージ上限など初心者向けにFPが解説!

  • 2019.10.10
  • 14719 views

2019年10月1日より、消費税が10%となりました。政府主導のキャッシュレス・ポイント還元事業が開始され、キャッシュレス決済に対する世間の関心が高まっているのではないでしょうか。キャッシュレス決済には様々なものがありますが、今回はスマホ決済の代表格である「PayPay」について解説します。

この記事を読むことによってPayPayの使い方や還元率・チャージ上限などの特徴についての理解が深まるでしょう。

PayPayの利用方法とは?

テレビCMやインターネット広告などで度々目にする「PayPay」。名前は聞いたことがあっても、利用方法をよく知らないという方がいるのではないでしょうか。ここでは、PayPayの利用方法についてご紹介します。

アプリをダウンロード

PayPayはスマホ決済のできるアプリです。ですから、まずはお手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードしましょう。AppStoreもしくはGooglePlayからダウンロードできますので、検索してみてください。わからない方は、公式サイトのリンクからダウンロードしましょう。

店舗で支払いするときの流れ

PayPayを利用して店舗で支払いを行う場合、「店舗側に自分のバーコードもしくはQRコードを読み取ってもらう」、「店舗にあるQRコードを自分が読み取って支払いを行う」という2種類の方法があります。

前者の場合はお店が読み取りますので、そのまま支払いが完了します。後者の場合は、店舗のQRコードを読み取った後に支払い金額を手入力する必要があります。

支払い方法の種類

PayPayで支払う場合は、PayPay残高とクレジットカードの2種類から選ぶことができます。以前はYahoo!マネーからの支払いが選べたのですが、2019年9月30日にYahoo!マネー・預金払いのサービスをPayPayに事業承継したことから、Yahoo!マネー残高はPayPay残高に統合されることになりました。

PayPay残高にチャージする方法

PayPay残高にチャージする主な方法として次のようなものが挙げられます。

  • ヤフーカード
  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • ヤフオク!売上金
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

以前はPayPay残高にチャージする方法が上記2つのみと限定的でしたが、現在では複数種類から選べるようになりました。特に、セブン銀行ATMを利用して現金でのチャージができるようになったことで、さらに便利になりました。

PayPay残高の種類

PayPay残高には上記の4種類が存在し、チャージ方法などによって種類が分けられています。なお、「PayPayボーナスライト」のみ有効期限が設定されていますので期限を確認して利用すると良いでしょう。

また、PayPay残高で支払う場合、支払いに利用される優先順位が決められています。

  1. PayPayボーナスライト
  2. PayPayボーナス
  3. PayPayマネーライト
  4. PayPayマネー

有効期限が設定されていたり、出金ができなかったりするものから優先的に消費されるようになっていますので安心ですね。

PayPay残高へのチャージ方法

それでは、実際にPayPay残高へチャージする方法についてご紹介します。

[adsense_middle]

アプリ画面から解説
チャージを選択

PayPayアプリを起動したら、「チャージ」を選択しましょう。

チャージ方法を選択

あらかじめ登録しているチャージ方法から選択する場合は「チャージ方法」から選択し、その他のチャージ方法から選択したい場合は「その他のチャージ方法」から選択してチャージを行います。

金額を入力して「チャージする」

チャージ方法を選択したら、金額を入力して「チャージする」を押しましょう。これで、PayPay残高へのチャージ完了です。

クレジットカードからのチャージ上限には制限がある

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは「ヤフーカード」のみ。さらに、本人認証の有無によって制限があります。

PayPayのポイント還元率

キャッシュレス決済で気になるのは、ポイント還元率ではないでしょうか。ポイント還元率から利用するキャッシュレス決済の種類を決める人もいるでしょう。ここでは、PayPayのポイント還元率についてご紹介します。

支払い方法によるポイント還元率の違い

2019年10月1日より、通常時のPayPayポイント還元率が変更されることになりました。下記の表をご覧ください。

PayPayに紐付けたクレジットカードから支払うことが可能ですが、ヤフーカード以外のクレジットカードの場合はポイント付与の対象外となってしまいました。そのため、PayPayにクレジットカードを紐付ける場合はヤフーカードをおすすめします。

キャンペーンを利用してお得にポイントを貯める

通常時でも1.5%と高い還元率を誇るPayPayですが、キャンペーンを利用することでさらにポイント還元率を高めることが可能です。ここでは、実際に開催されているキャンペーンについて解説します。

まちかどペイペイ第1弾(2019年10月1日~11月30日)

キャッシュレス・消費者還元事業対象の事業者のうち還元率5%となるPayPay加盟店で、「PayPay残高」もしくは「ヤフーカード」でのPayPay決済を行った人に対して、5%相当のPayPayボーナスが付与されます。

したがって、消費者還元事業で付与される5%に加えてPayPayボーナスが5%付与されますので、最大で10%相当のPayPayボーナスを獲得できるというキャンペーンです。お得ですね。

PayPayミッション(2019年10月1日~10月31日)

このキャンペーンでは、4つのミッションをクリアすることで500円相当のPayPayボーナスが付与されます。条件となる4つのミッション内容は以下の通りです。

  1. PayPay加盟店(実店舗)でPayPay決済を行う
  2. Yahoo!ショッピング・ヤフオク!・LOHACOなどでPayPay決済を行う
  3. PayPay残高に5万円以上チャージする
  4. 3人以上にPayPay残高を送る(わりかんでもOK)

なお、1と2を合わせて5万円以上の決済がないと条件を満たしません。普段の生活での支払いをPayPay決済にしていれば達成できそうなミッションですね。

PayPayでヒートテック1枚を買うともう1枚無料(2019年10月4日~10月22日)

キャンペーンの名称通り、ユニクロでヒートテック1枚をPayPay決済で買うともう1枚無料でもらえるというキャンペーンです。このキャンペーンに参加するにはPayPayアプリの他にユニクロアプリが必須です。また、お一人様一回限りと明記されていますので注意しましょう。

ユニクロだけでなく他の企業・店舗とのキャンペーンも随時開催されています。PayPayをお得に使うためにも、キャンペーンはできるだけチェックしておくと良いでしょう。

スマホ決済初心者にPayPayをおすすめしたい理由

スマホ決済には様々な種類のサービスがありますが、その中でも初心者の方に特におすすめしたいスマホ決済サービスがPayPayです。ここでは、スマホ決済初心者にPayPayをおすすめしたい理由についてご紹介します。

  • 支払いが簡単
  • 加盟店150万か所突破
  • 中・小規模の加盟店も多い
  • 通常時のポイント還元率が高い
  • 個人間送金やわりかん機能がある

[adsense_middle]

支払いが簡単

PayPayは上記でも解説したようにQRコードやバーコードを利用したスマホ決済ですので、PayPayアプリの画面を見せたり、読み取ったりするだけですので、誰でも簡単にお金のやり取りができます。

加盟店150万か所突破

PayPayは2019年10月1日、加盟店が150万か所を突破したことを発表しました。PayPayを利用できるお店が日に日に増えていくことで、さらに便利になります。PayPayで支払いのできるお店が多いということもおすすめしたい理由の1つです。

中・小規模の加盟店も多い

PayPayは全国チェーンの加盟店ももちろん多くありますが、中・小規模の加盟店も多くあります。街中にある個人経営の喫茶店などの中には、他のキャッシュレス決済には対応していないけれどPayPayだけは加盟しているといった店舗も存在します。

中・小規模の加盟店も多いという点はPayPayならではのおすすめポイントでしょう。

通常時のポイント還元率が高い

他のスマホ決済サービスでは通常時のポイント還元率が0.5%というところが多いのですが、PayPayでは1.5%となっています(PayPay残高・ヤフーカードの場合)。キャンペーン関係なく通常時のポイント還元率が高いこともPayPayのメリットです。

個人間送金やわりかん機能がある

PayPayではQRコード読み取りなどの方法で使用できる個人間送金やわりかん機能があります。ちょっとしたお金のやり取りや、飲み会などで幹事が参加者からお金を集めるときなどに活躍する機能です。PayPayアプリ上でお金のやり取りが完結しますので、細かい小銭を用意する必要がありません。

PayPayを利用する際の注意点

PayPayをお得に賢く利用するために注意した方が良いポイントがあります。ここでは、PayPayを利用する際の注意点について解説します。

クレジットカード支払い時の上限が低め

上記で解説した通り、PayPayでは紐付けたクレジットカードから支払うことが可能です。しかし、クレジットカードで支払う場合には上限が設けられています。

本人認証設定の有無などの条件によって、クレジットカード支払い時の上限が変わります。本人認証を設定しても過去30日間の上限が5万円と低めです。なお、青いバッジが表示される条件について、セキュリティの関係上PayPayは公開していません。

セキュリティ性を上げたい人は端末認証をONにしよう

スマホ決済の利用を検討している人の中には、セキュリティ性を気にしている方がいるのではないでしょうか。PayPayでは端末認証の設定ができますので、セキュリティ性を上げたい人はONにすると良いでしょう。

また、PayPayのアプリだけでなく、スマートフォン自体にもセキュリティの設定をすることをおすすめします。

「PayPayボーナス」と「PayPayボーナスライト」の違いに注意

キャンペーンの特典などで付与される「PayPayボーナス」と「PayPayボーナスライト」。両者の違いは、有効期限の有無にあります。

PayPayボーナスには有効期限が設定されていませんが、PayPayボーナスライトの場合は60日の有効期限が設定されています。有効期限を過ぎると消失してしまいますので注意して利用しましょう。

キャンペーンで特典を得るための条件を確認する

PayPayではお得なキャンペーンが随時開催されていますが、それぞれのキャンペーンに条件が記されています。条件を達成しないと特典がもらえませんので、キャンペーンを利用する前に必ず条件を確認しておきましょう。

PayPayの使い方や還元率・チャージ上限に関するまとめ

PayPayは誰でも簡単に利用できるスマホ決済サービスです。キャッシュレス・消費者還元事業が始まりましたので、この機会にキャッシュレス決済を検討してみてはいかがでしょうか。キャッシュレス決済の種類が多すぎて選びにくいという方は、この記事を参考に、ぜひPayPayを検討してみてください。

元記事を読む