1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性が「愛さずにいられない」彼女になるための習慣

男性が「愛さずにいられない」彼女になるための習慣

  • 2019.10.10
  • 9292 views

「彼氏に愛されたい!」というのは、付き合っているなら当然の願い。

「現状維持じゃイヤ! もっともっと好きになってほしい!」と願う人も多いかもしれません。

そこで今回は、男性にとって「コレをされたらたまらない!」という、愛され彼女の特徴をご紹介します。

好きの加速が止まらない!愛され彼女になれる習慣とは

褒められたら大喜びする

「え、すごいじゃん」「がんばってるね~」「お、かわいい」なんていわれたら、嬉しい反面、恥ずかしさもあって、ついつい照れ隠しをしてしまう……、なんて方も多いのでは?

そんなときは、ぜひ「大喜び」してください。

「褒められた~! 嬉しい~!」や、「やったー!」と、ストレートに喜べば、彼氏はもっともっと褒めたい→関心をもつ→もっと好きになる、という流れにできるはずです。

彼氏の役に立とうとする

どんな小さなことでも、彼の役に立てることを意識してみてください。

彼の体調が悪いときにはドリンクや食べ物を持っていく。デートの食事のときに「なお代わり何にする?」と聞く。

などなど、簡単にできることでOK。

尽くしすぎるのではなく、自分ペースのなかでちょっとひと手間かけて「彼の役に立つ意識を常に持っておく」のです。

小さなことなので、男性側としても親しみを感じながら、温かい気持ちになれそうです。

彼のプレゼントを愛用する

好きの加速が止まらない!愛され彼女になれる習慣とは

彼からもらったプレゼントで使えるものは、これでもか! というくらい愛用してみてください。

アクセサリーなら、必ずデートで身に着けたり、友だちと遊びにいくときに、もらった服や靴を身に着けて写真を撮ったり。

「あ、俺のあげたやつだ」と気づくだけで、「本当に気に入ってくれてるんだ」と、彼は嬉しく感じるもの。

プレゼントしたものは自分の一部のようなもの。愛用されているのに気づくたび、彼の心はキュンとするはずです。

ときめくものは写真にとる

「あ、いいな……!」と感じたら、カメラを起動!もらったプレゼントや、デート中など、笑顔で写真に撮ることで、「いま幸せなの」というメッセージになります。

彼氏側からすると、彼女が幸せを感じていることがわかりやすいので「もっとそんな時間を増やしてやりたいな」と感じるケースも。

スマホの写真が増えていくたびに、彼の好きも大きくなるかもしれません。

Hのときは夢中で求める

Hをするときには、普段のデートよりもっと、特別で濃密な時間になりますよね。

恥じらいはもちろん大切ですが、消極的になるよりも、彼を夢中で求めるくらいがおすすめ。

彼氏にとっても、裸の状態で自分をどう受け止めてもらえているかどうかは気になるところ。

一心に求められれば、心から彼女が愛おしくなるはずです。

じっと見つめながら、「キスして」「ギューってして」「もっと○○していい?」といえば、彼の好きが暴走してしまうかも!?

おわりに

彼はもちろん、あなたのことが好きです。

でも、彼女からの「好き」「幸せ」サインを確認することで、もっと安心して、もっと好きになれるはず。

まずは、自分自身が感じる「好き」や「幸せ」を、思いっきり伝えてみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む