1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 疲れたときにゴロゴロ~ カラダがゆるむ“快感クッション”

疲れたときにゴロゴロ~ カラダがゆるむ“快感クッション”

  • 2019.10.10
  • 5685 views

忙しい毎日の中でも、女子の健康をサポートする、とっておきの「カラダにいいもの」を編集部が総力を挙げて徹底リサーチ! 2019年の「anan カラダにいいもの大賞」グランプリが決まりました。

【特製ボルスター】寝る、挟む、抱きしめる。身を委ねるだけの快感ヨガボルスター。

疲れたカラダを癒すには、全身を脱力させるのが断然効果的。でも、一日中テンションを上げて頑張っている私たちは、実は“力を抜く”ことが一番苦手なんです。

そこで注目したのが、ヨガ愛好家にはお馴染みのアイテム、ボルスター。数あるボルスターの中でも、身を委ねることを徹底的に考慮して作られた大きさ、フォルム、弾力性などを吟味して、今年の“とっておきのグランプリ”が決定しました。

「でもこれ、前に流行ったストレッチポールと似てない?」なんて思った方は、さすが健康ツウ。確かに、どちらも仰向けになれば胸が自然と開き、固まった上半身の筋肉をストレッチできるのですが、硬めの素材のポールの上では、姿勢を維持しようと若干カラダが緊張します。こちらのボルスターは全身を安心して委ねられるので、とにかくリラックス、手軽に脱力できるというワケです。

使い方は様々。一番のオススメは、背中を預けて寝転がるポーズ。ガチガチに緊張していたカラダが一気にゆるみ、背中、肩、首のコリがほぐれます。その他、脚に挟んだり、抱き枕のように抱えて前傾したり、膝の下に置いてもいいでしょう。

帰宅後、疲れた自分に気合を入れ、「ストレッチするぞ」なんて頑張る必要はありません。「あ~疲れた~」とそのまま、ボルスターに乗っかってしまえばいいんです。カラダが求めるまま、ゴロゴロのびのび…。あなたに必要なのは、それだけです。

脚に挟んで

正座をするような姿勢で脚の間にボルスターを。疲労の溜まりやすい太ももの前面部、すねの筋肉にアプローチできる。

上半身伸ばし

両脚でボルスターを挟み、両手を伸ばしたまま上半身を倒す。気持ちよく上半身が伸びる。腰の負担も軽減し、腰痛対策にも。

仰向けになって

ボルスターに上半身を預けて仰向けに。両手は広げて天井に向ける。このままでも、少し上半身を揺らしてもいい。

特製ボルスター 各¥7,800 問い合わせ・ニシタニスタイル

ブラトップ¥12,909 レギンス¥6,545(共にルルレモン/ルルレモン ギンザシックス TEL:03・5537・5387)

※『anan』2019年10月16日号より。写真・多田 寛 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・メイ・パクディ 文・板倉ミキコ

(by anan編集部)

元記事を読む