1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. アメリカ旅行の前にチェック!! 覚えておくと便利な硬貨の愛称やスーパーでよく見るお得な表記とは?

アメリカ旅行の前にチェック!! 覚えておくと便利な硬貨の愛称やスーパーでよく見るお得な表記とは?

  • 2019.10.10
  • 2649 views
ショッピングカート(イメージ)
ショッピングカート(イメージ)

アメリカ旅行の前に勉強しておきたいことの一つが、“お金”に関することですよね。硬貨の愛称やスーパーマーケットでよく目にするお得な表記など、ちょっとした事を知っておくとショッピングがスムーズになるかもしれません。ぜひ、参考にしてくださいね。

“¢(セント)”には、それぞれに愛称があります。

アメリカの通貨単位は、“$(ドル)”“¢(セント)”です。中でも、“¢(セント)”には、それぞれに愛称があります。

アメリカ 硬貨
アメリカ 硬貨

↑写真↑の左側の硬貨からご紹介します。

・1セント=ペニー(penny)
・5セント=ニッケル(nickel)
・10セント=ダイム(dime)
・25セント=クォーター(quarter) という愛称です。

お会計の際、レジなどでも“dime?(ダイム持ってる?)”と聞かれることもあるので、覚えておくと便利ですよ。またアメリカでは、25¢を使う場面に多く遭遇します。多めに持っておくと自動販売機やコインランドリー、バスや駐車場を利用する際に便利ですよ。

お得な表記を予習しよう。

スーパーマーケットでバナナを量る女性
スーパーマーケットでバナナを量る女性

スーパーマーケットなどでよく目にする表記についてもご紹介します。

■ lb
“lb”とは、“1ポンド(約453g)”のことです。2ポンド以上の場合は、複数系の「s」がついて“2lbs”に。1ポンドの重さは約453g、“1kgの半分(500g)よりちょっと軽い”と覚えておくと便利ですよ。

■ ea
“ea”とは、“1個あたり(each)”のことです。例えば「5for $10/ea.$3」なら、“5つで10ドル。1つあたりは3ドル(4つだとx3ドル=12ドル)”ということになり、4つ買うより5つで買った方がお得に!!

ここからは、お得な表記をご紹介します。

Buy1,Get1 50%OFF
Buy1,Get1 50%OFF

■ ◎for $○○
<例>「5for $10」なら、
5つで10ドル。

■ BOGO
Buy One Get One free の略で、
1つ買うともう1つ(2つ目)はFREE(無料)。

■ Buy◎,Get1
<例>「Buy5,Get1」なら、
5つ買うともう1つ(6つ目)はFREE(無料)。

■ Buy◎,Get〇 50% OFF
<例>「Buy1,Get1 50%OFF」なら、
1つ買うともう1つ(2つ目)は50%off。

買えば買うほどお得になるので、バラマキ用のお土産にはいいですよね。

25¢硬貨をみてみよう。

The 50 State Quarters ハワイとカリフォルニア
The 50 State Quarters ハワイとカリフォルニアphoto by IK's World Trip

みなさんは「The 50 State Quarters」硬貨をご存じですか?
この硬貨はアメリカ50州分発行されており、その州を象徴する歴史や文化・自然・動物などがデザインされています。例えば、ハワイ州なら“カメハメハ大王”、ニューヨーク州なら“自由の女神”、アラスカ州なら“ハイイロ熊(grizzly bear)”など…どの州も個性的でとても面白いんですよ。コレクターも多く、専用のコレクションマップも販売されています。ぜひ、25¢を手にしたらひっくり返して、デザインをチェックしてみてくださいね。

いかがでしたか? ¢(セント)の愛称や表記を予習して、アメリカでのショッピングを楽しんでくださいね。

この記事は2016年8月2日に公開されたものを再編集したものです。

元記事を読む