1. トップ
  2. ファッション
  3. 「ユニクロ」で大人のワンカラーコーデ きれいめもカジュアルも!【ユニクロ大人コーデ~アメブロ30代ファッション1位 Hanaさん ~ Vol.61】

「ユニクロ」で大人のワンカラーコーデ きれいめもカジュアルも!【ユニクロ大人コーデ~アメブロ30代ファッション1位 Hanaさん ~ Vol.61】

  • 2019.10.6
  • 44085 views



子育て中もオシャレを楽しみたい! 高い洋服は買えないけれど、できれば質のいいものを選びたい。そんなおとめ心を満たしてくれるブランドといえば「ユニクロ」ではないでしょうか。

ユニクロアイテムを大人かわいくアレンジしているのが、人気ブロガーの Hana さん。今回はそんなHanaさんのブログから同じ色でまとめたワンカラーコーデをご紹介! 統一感が出るからあれこれ悩まなくてもおしゃれな着こなしが完成します。

■ワンカラーコーデその1 秋らしい装いが叶う「ベージュ~ブラウン」




秋らしい色味で全身をまとめた、この日のHanaさん。のっぺり見えないのは異なる素材を合わせているのと、デザイン性のあるジャケットのおかげです。

伝統的なワークジャケットをベースにした「ウォッシュジャージーワークジャケット」はどんなカジュアルアイテムにも合わせやすいメンズアウター。



「前回欲しいと思ったときにはすでに売り切れて買えず…。でも今年は購入できた!」という念願の一着なんだそう。「下にパーカーなどを合わせても可愛いな~と思います」とのことで、肌なじみの良い、こなれた感じがステキです。

ボトムスは長め丈のプリーツパンツ。ふわりとした素材で動きのあるシルエットがコーデに奥行きを出してくれています。スカートに見えますが、実はパンツなので自転車移動のときも安心です。

そして足元は「ドリップコーヒー色」というコンバース。今年は例年以上にブラウンカラーが流行っていますね!

■ワンカラーコーデその2 「グリーン」は深みのあるスタイリングに




落ち着いたグリーンカラーが知的な印象を醸し出していてる、この日のコーデ。ダークグリーンカラーの5分袖リブボートネックTは「夏の終わりから今にかけていちばん出番の多いトップス」とのことで昼夜の気温差が激しい今、羽織りものと合わせてヘビロテの一枚です。

「ほどよい厚みと光沢のある生地が高見えする」ことに加え、タイト過ぎないストレートシルエットは着痩せ効果もありそう。



グリーンカラーでまとめるときのポイントは「異なる素材感の生地を選ぶこと」。そうすることでアーミー感が出ない、といいます。ボトムスのプリーツスカートに見えるパンツもサラサラとした着心地で汗をかいても足さばきが良く、動きやすい!

年齢問わずマネできるシンプルコーデといえそうですね。

■ワンカラーコーデその3 やさしさ感じる「ホワイト」




タンクトップ、ジーンズ、ロングカーディガンなど全身を明るいカラーでまとめた、この日のHanaさん。同じ色でまとめるときは完全に同じ色でそろえると「ちょっとフォーマルに」、同系色で少しずつ違う色を合わせると「カジュアルに」といった違いがあるよう。

ワンカラーコーデもシチュエーションに応じて使い分けることができるんですね。



涼しい1日の羽織りものとしてとりいれたロングカーディガンは19.5マイクロンの極細繊維を使ったメリノウールをブレンド。

ほかの人のレビューを見ると「ふくらはぎまで隠れて広がりすぎない」「生地の落ち感が絶妙」と評価が高く、Hanaさん本人も「ふくらはぎの太いところより下にくるロング丈。トレンド感たっぷりです!」と気に入った様子。ボタンをすべて閉じるとワンピースになり、着こなしに幅も出ます。

ボトムスは世界屈指のデニムメーカー、カイハラ社が開発したホワイトのハイライズスキニーアンクルジーンズ。

高密度な生地と伸縮性によりコンプレックスをカバーしながら脚をまっすぐきれいに見せてくれます。ロングカーディガンと合わせることで、スラリとしたIラインもしっかり強調されますね!

今回のテーマ「ワンカラーコーデ」のメリットは頭で考えなくても簡単に「まとまり感が出ること」です。素材を変えたり、グラデーションをつけたりしながら微妙に変わる雰囲気を楽しみましょう!

■Hanaさんプロフィール
上下ユニクロのコーディネートを日々発信し、Ameba公式トップブロガーランキングでは常に上位の人気ブロガー。ブログでは、プチプラに見えないのに日常にとりいれやすく、参考になるコーディネートを提案。2人の男児を持つ。
UNIQLOコーディネート日記
https://ameblo.jp/hana-nya-7/

(すだ あゆみ)

元記事を読む