1. トップ
  2. ファッション
  3. チェックの正解|ハズしではなく「きちんと感覚」で着こなす

チェックの正解|ハズしではなく「きちんと感覚」で着こなす

  • 2019.10.6
  • 4752 views
undefined

カジュアルでもキレイに服を着たい今季は、チェックも軽快ではなく、重厚感と渋めな色みをまとったアイテムを。トラッドに、あるいはLADYに。ほどよく厚みのある生地感とクラシカルな趣で、ハズすことから「きちんと感覚」でまとう。9つのチェックでつづるストーリー。

CHECK DAY 1
「惑うことなく紳士的」
>> 暖色チェックのビッグテーラードJK
チェックを着るとき、まずイメージするのは70年代の女性がしていた知的なマニッシュ。メンズから借りたみたいなビッグジャケットは、あたたかみのあるトーンがやさしさすら漂わせる。


CHECK ; BIG TAILORED JACKET
たおやかなフォルムを描くビッグショルダージャケット
チェックジャケット 50,000円+税/InstantFunk(UTS PR) ロンT 4,900円+税/Champion(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ウールヘリンボーンパンツ 32,000円+税/MY___(1LDK apartments.) ブーツ 107,000円+税/ジル サンダー(ロンハーマン) ボトムにはウールヘリンボーンのハンパ丈パンツをチョイスして、ジャケットとの「重さバランス」を調整。女性らしさを出すのは足元。きゃしゃな黒ブーツで、キレイにまとめ上げる。

CHECK DAY 2
「リラックス感もタフさも欲しい」
>> ウール素材の流れるようなワンピース
今の気分で選ぶチェックのワンピースに軽やかさは不必要。厚手の冬素材でゆったり、重めに。最適なのはウール。そのうえで「流れるような」やわらかさもあるとさらにいい。


CHECK ; WOOL CAMISOLE ONE-PIECE
端正かつビッグなジャケットで「ゆるやかな重さ」にこだわる
ギンガムチェックワンピース 50,000円+税/WOOLRICH(ウールリッチ 青山店) ダブルジャケット 65,000円+税/THE Dallas(ザ ダラス ラボ.) ノーカラーシャツ 23,000円+税/JANE SMITH(UTS PR) サングラス 52,000円+税/AHLEM(グローブスペックス エージェント) バッグ 28,000円+税/デルコンテ(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店) フラットシューズ 6,400円+税/RANDA

CHECK DAY 3
「存在感まで包み込む」
>> クラシカルなAラインのスタンドカラーコート
その面積の大きさゆえ、着る人の”人となり”をも左右するコート。トレンチフィーリングなチェックのスタンドカラーコートは、ゆったりとしたサイズ感も有効。図らずも「落ち着きのある女性像」が手に入る。


CHECK ; A-LINE OVER COAT
なつかしい空気感をあと押しするブーツカットのパンツとともに
チェックコート 78,000円+税/ラムシェ(ブランドニュース) コーデュロイパンツ 12,800円+税/ROLLAS(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ブーツ 8,900円+税/RANDA チェックのコートとコーデュロイパンツで”Aライン”のシルエットをリフレインして、どこまでもノスタルジックなたたずまいに。コートはボタンのいちばん上(首元)だけをとめる着方で、重厚感と軽快さ、欲しい2つを両得。

CHECK DAY 4
「スタイルアップにつながる強さ」
>> 大柄の細身マキシ丈ラップスカート
柄自体にも色みにも主張のあるチェックには、そのインパクトの強さでボディラインをカムフラージュする効果が。空気感のある細身シャツで、メリハリの効いたIラインを形成。


CHECK ; MAXI WRAP SKIRT
ブラウン、オリーブ、ボルドーのブラウン系グラデで浮き立つ”品”
チェックスカート 40,000円+税/ONEIL OF DUBLIN(TOMORROWLAND) ラミーレーヨンシャツ 20,000円+税/アルアバイル レザーバッグ 35,000円+税/Wayward Leathers ブーツ 33,000円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 3種のタータンチェックを組み合わせた変型プリーツのスカート以外は、落ち着いた色みでなじませる。強めのスカートもくずさず、あくまでエレガントの範囲内での成立を。

CHECK DAY 5
「70s薫るマスキュリン」
>> ブラウン系のセンタープレスパンツ
貫禄すら感じるグレンチェックのパンツは、わかりやすくマニッシュに活躍させる。パンツの印象を前面に押し出すトップスインの着こなしで、再び70年代へとタイムスリップ。


CHECK ; CENTER PRESS PANTS
ジェントルマンなたたずまいは『アニー・ホール』を意識してのこと
チェックパンツ 72,000円+税(参考商品)/クリスチャン ワイナンツ(ショールーム リンクス) スエードベスト 16,000円+税/Paolo Gelli(イエナ ラ ブークル) ボウタイブラウス 19,000円+税/アルアバイル バッグ 13,800円+税/ル・ベルニ(キャセリーニ) シューズ 14,900円+税/A de Vivre 70年代のウディ・アレンの映画がイメージソース。端正なりりしさとまろやかな女っぽさ、その両方をはらむように。

CHECK DAY 6
「穏やかさは”重心”に宿る」
>> 厚地ツイードのワイドフレアパンツ
下半身に重さを持たせたシルエットには落ち着きがある。成熟した安定感をかもせる。素材は重さも品も持つツイード限定で、ラフなムードはみじんも漂わせないのがポイント。


CHECK ; WIDE FLARE PANTS
「ハズさず」美しいシルエットに大人の余裕が見え隠れ
チェックパンツ 14,723円+税/ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン(ベネトン ジャパン カスタマーサービス) タートルニット 26,000円+税/HAKUJI(ブランドニュース) ハンチング 5,900円+税/KANGOL(カンゴール ヘッドウェア) パンプス 48,000円+税/KATIM 上コンパクト+下ボリューミィの王道シルエットにガンクラブチェックのツイードパンツをあてはめる。すると、クラシカルな女らしさが自然と漂う。

CHECK DAY 7
「チェックだから成立する」
>> シックなグレンチェックのセットアップ
セットアップのエッジを落とすのがチェックの役割。チェックじゃなければしなやかさも上品さも出にくく、イマドキ感を放つにとどまる可能性も。チェックだからこそ、穏やかさが出せる。


CHECK ; JACKET & SUSPENDERS PANTS
グレンチェックならではの格式の高さをいいことに
ジャケット 29,000円+税、サスペンダーつきパンツ 24,000円+税/ともにmici(ROSE BUD) 中に着たタンクトップ 6,000円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) スネークチョーカー 22,200円+税、ウェーブチョーカー 24,000円+税/ともにプリュイ(プリュイ トウキョウ) グリーンベースのグレンチェックからにじみ出る気品が、サスペンダーパンツのセットアップをカジュアルに転ばせない。

CHECK DAY 8
「しっとりとスクールバイブス」
>> タータンチェックの長めタイトスカート
タータンチェックを不自然に若々しい方向に転ばせない条件は1.ボトムでとり入れる、2.ほっそりとしたシルエットで、3.トップスは重めの無地、の3つ。そんな選択こそがプレッピーの新境地。


CHECK ; LONG TIGHT SKIRT
明朗なタータンチェックをまじめな黒で挟み込む
チェックスカート 39,000円+税/ラムシェ(ブランドニュース) クルーネックニット 27,000円+税/WRAPINKNOT(UTS PR) 眼鏡 36,000円+税/EZUMI(リ デザイン) バッグ 27,000円+税/Ampersand ブーツ 65,000円+税/KATIM ざっくりやわらかなクルーネックのニットと、黒のショートブーツ。品行方正な黒を上下に配して、マルチカラーのタータンチェックの華やかさを上手に引き算。

CHECK DAY 9
「正統的な甘さで着映える」
>> ひかえめチェックのドレスコート
半そでのドレスコートを、巧みなレイヤードでワンピとして活用。パフスリーブにリボン、ギャザーといった「かわいいディテール」もチェックとタッグを組むことで「正統的な甘さ」に変わる。


CHECK ; HALF SLEEVE DRESS COAT
センシュアル薫る1枚は重ねることでリアルに転換
チェックドレスコート 39,000円+税/ステア タートルニット 8,241円+税/COS(COS 銀座店) ハット 12,000円+税/LA MAISON DE LYLLIS(ROSE BUD) ウエスタンロングブーツ 125,000円+税/SARTORE(GALERIE VIE 丸の内店) ひかえめなグレンチェックがドレスコートに加味するのは「育ちのよさ」や「落ち着き」といった要素。黒タートルニットのレイヤードでいつものムードを加えつつ、素肌の露出もおさえる。

元記事を読む