1. トップ
  2. 恋愛
  3. 婚活には戦略が必要!婚活で自分の趣味を話すときの注意点

婚活には戦略が必要!婚活で自分の趣味を話すときの注意点

  • 2019.10.5
  • 5409 views

婚活をしていると初対面の男性に会う機会が多くなります。そんな時に定番となる質問は「趣味はなんですか?」ですよね。この「趣味」、安易に自分の趣味をそのまま伝えれば良いと言うものではありません。

これに気付かずに、自分の趣味を熱弁してしまうと「結婚したら○○っぽいなぁ…」と男性側に思われて、フェードアウトされてしまうかもしれません!

婚活で趣味を答えるときは、戦略的に伝えるようにしましょう。

『デートに誘いやすい趣味』を伝えるようにしよう

婚活において重要なことは、婚活パーティーで異性に出会うことや婚活アプリでやりとりをすることではありません。これをしていると婚活をしている気分になるかもしれません。しかし、本当の婚活とは『異性の男性とデートをする』と言うことです。これに辿り着けなければ、お付き合いに繋がりませんし結婚することは勿論出来ません。

マニアックな趣味は手短に

趣味を理解して欲しい、付き合うなら趣味を分かってくれる人がいい、という気持ちは分かります。しかし、男性と同じ趣味でない限り、初対面で趣味の話を熱く語ってしまうのは危険です。

初対面の相手が『よく知らない、興味がない』話を延々としてきたらどう感じますか?きっと困惑し、面倒くさいなぁ…と思うのではないでしょうか。これは男性側も同じです。

仲良くなる前にマニアックな話をするのは、気遣いが出来ない人という印象を与えてしまいます。初対面のときには、趣味は簡単に伝えるくらいで良いでしょう。

趣味にプラスαして伝える

趣味を紹介しても「ふーん」や「へー」で終わってしまい話題が続かないという場合は、趣味の話にプラスしてメジャーな話題を付けましょう。

ニュースサイトなどに掲載されているネタを付け加えて話すようにすると良いでしょう。例えば、『映画鑑賞』が趣味だと伝えるなら「映画鑑賞が趣味です」だけでなく、「映画鑑賞が趣味です。最近見たのは『実写版 アラジン』。次に見ようと思っているのは『天気の子』かな」みたいな形で伝えましょう。そうすれば、相手も興味を持ちやすく、話を展開しやすくなりますし、デートに誘う切っ掛けになるかもしれません。

段階的に伝える

婚活中は「自分のパートナーに相応しいか?」と考えて、相手を試験するような気持ちになってしまうかもしれません。

特に初対面の場面ではその気持ちが強くなり、相手の一言一言を深読みしたり、考え過ぎてしまうことがあります。

趣味はその人の個性が出やすい部分です。初対面での趣味の伝え方には注意して、相手との付き合いが進むようであれば、その段階で徐々に話していくようにするのがよいでしょう。

オリジナルサイトで読む