1. トップ
  2. ファッション
  3. カラー診断で自分に似合う服を知る♡魅力的に見えるタイプ別お役立ちトップス10選

カラー診断で自分に似合う服を知る♡魅力的に見えるタイプ別お役立ちトップス10選

  • 2019.10.1
  • 70202 views

近頃、みんなの〝買い物の基準〟が変わってきています。ときめきよりも〝どれだけ使えるか〟がとにかく大事!〝無駄なく賢いお買い物〟を求める時代に突入したんです。とはいえ、オシャレには見た目の可愛さもやっぱり不可欠。そこで〝ちゃんと役に立って、なおかつアガる〟いいとこどりのお洋服を、目的別にたくさんご用意!ここでは、大人気のカラー診断で似合う秋服を見つけましょ!

「自分に似合う服」どうせ着るなら、いちばん素敵見えするやつ!

自前の魅力を最大限引き出してくれる服は持っておきたい。依然として大人気のカラー診断で、似合う秋服を見つけましょ!

コレで探す・・・ブルベorイエベ

ボトムに何色がきたってトップスさえ自分の色にしとけば大丈夫! カラー診断の要点は顔周り!まずは自分が黄み系か青み系かを把握して、トップスをパーソナルカラーにすれば、他は最悪何色でもOK!

ブルベ・イエベの見分け方

該当する項目が多かった方が、あなたのタイプ!

■イエローベース

■コーラルピンクのニットアップで色も質感もふわっと♡

andGIRLニット¥11,500、ニットスカート¥13,000/ともにシュープリーム ララ(シュープリーム ララ 表参道D-Square店) ピアス¥10,000、リング¥19,000/ともにステラハリウッド ウェーブリング¥8,000/Jouete バングル¥2,400/JUICY ROCK ファーバッグ¥21,000/イコット(ロードス) パンプス¥13,800/ワシントン(銀座ワシントン銀座本店)

温かみのあるコーラルピンクに、ニットやファーなどのふわっとした質感もあわせて、柔らかい可愛さを演出。

イエベさんが買うべきはこんなトップス

■旬な茶系だったらベージュを指名買い

andGIRLシャツジャケット¥10,400/JILL by JILLSTUART

前後両Vネック開きが女らしいし、リボンべルト使いが今年っぽい!

■首つまりのカーキはどこか上品!

andGIRLニット¥16,000/ジャスグリッティー

スタンドカラーで首はつまってるけど、リブで体のラインはしっかり。このギャップが◎。

■血色が良く見えるトマトレッドも大得意!

andGIRLニット¥11,800/キトル(ロードス)

暗い色が増える秋にこそ、こんなキレイ色で注目を集めたい。

■イイコ風なイエローはVネックで大人っぽく

andGIRLニット¥9,500/ザ ヴァージニア(ザ ヴァージニアルミネ有楽町店)

丸首よりVで鎖骨を見せて。

■ブルーベース

■鉄板の寒色まとめには秋らしいチェック柄で愛嬌のいい盛り感を

andGIRLベルト付きニット¥12,000/ジャスグリッティー スカート¥12,000/Mer d

ベルト使いのトップスを選んで鮮度UP!夏感の出る寒色コーデは、合わせの柄で季節感を強調して。

ブルベさんが買うべきはこんなトップス

■深めのグリーンは知的に見えて通勤にもグッド

andGIRLバックチェーンニット¥7,400/And Couture(And Couture ルミネ新宿店)

広めの両Vネックで女っぽく。

■赤みがかった色味なら旬なブラウンもイケる!

バックVネックニット[ベルト付き]¥12,000/マイストラーダ

ちょいゆるっとしたシルエットだからキマりやすい。

■ピンクも青み系で鮮やかなら媚びない甘さ

andGIRLリブニット¥7,500/レイ ビームス(レイ ビームス 新宿)

ピンクだからこそ、クルーネックで色気は封印するのが正解。

■アイシーなパステルで秋冬コーデに華やぎを

andGIRLモヘアニット¥15,000/ジャスグリッティー

ふんわりニュアンシーなラベンダーに綿菓子みたいなモヘアの質感がお似合い。

カラー診断で似合う色をトップスに持ってきて!

洋服選びで大切な条件のひとつに、自分に「似合う」ことがあります。カラー診断で自分の肌色タイプが判明すれば、おのずと似合うカラーがわかるのでぜひ試してみて。ブルベさんもイエベさんも、ボトムの色に関係なくトップスにパーソナルカラーを持ってくれば、簡単に「似合う」コーデが完成します!

撮影/野口マサヒロ(BIEI)[人物]、石澤義人[静物] スタイリング/井関かおり ヘアメイク/森川誠(PEACE MONKEY)[宮田分]、森ユキオ(ROI)[愛甲分] モデル/宮田聡子、愛甲千笑美 取材/住中理美 一部文/今川真耶 撮影協力/丸ビル 三菱地所

元記事で読む