1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【連載】《ダイソー》の有孔ボードを簡単リメイク♪家中使えるスタンド型収納ボード

【連載】《ダイソー》の有孔ボードを簡単リメイク♪家中使えるスタンド型収納ボード

  • 2019.10.1
  • 8170 views

はじめに

みなさん、有孔ボードをご存知でしょうか?ご存知の方も多いと思いますが、有孔ボードとは、等間隔で丸い穴が開いており、そこに専用フックを差し込めば収納やディスプレイとして使えるボードのこと。

DIYをする人たちの間で、とても人気のアイテムでここ数年は100円ショップでも手に入るようになり、ますます気軽に取り入れられるようになりました。そこで今回はそんな有孔ボードを使った超簡単DIYをご紹介します!

材料・道具

材料・道具は以下の物をご用意ください。

・《ダイソー》アイアンウォールラック

・《ダイソー》デザインボード ※ダイソーでは有孔ボードではなく「デザインボード」という名前で販売されています。

20×30センチ・30×40センチ(200円商品)とサイズが2種類あるので、お好きな方をご用意ください。

また表がナチュラル、裏がホワイトとカラーが異なるのでお好みのカラーを表面にしてお使いくださいね。

・《ダイソー》デザインボード専用棚・フックセット

・《ダイソー》デザインボード専用U字フック8P

こちらはボードの穴に差し込んで使うフックと棚板になります。必要な分をご用意ください。

そして必要となる道具が「タッカー」です。

100円商品ではありませんが、ダイソーで購入できます。ひとつあるとDIYでとても重宝します。

基本ベースに必要な材料と道具はこれだけでオッケー。では早速作ってみましょう!

作り方

作り方はとても簡単♪

デザインボード裏面の穴と穴の間にアイアンバーを置き、タッカーのレバーを押して針を等間隔で打っていきます。

このときレバーだけでなくタッカー本体ごと板に強く押し付けるイメージで打っていくとアイアンバーがしっかり固定されます。

本来の用途とは異なりますが、アイアンウォールラックがボードの脚となり、スタンド型の収納ボードができました。

実は有孔ボードはとても便利なアイテムですが、ボードの裏側にフックが出てしまうので、隙間を作らないと壁掛けでは使えないというネックがあります。

でもこのようなスタンドタイプにすれば、隙間問題が解決するだけでなく、落下の心配がないから重たい物も安心して掛けられるし、壁に穴を開けずに済むしで実はいいこと尽くし♪

薄いので意外と場所も取らずに気軽に収納力をアップすることができますよ!

応用編

さてここからは、このボードをよりおしゃれに見せたい方にぜひ試して欲しい方法をご紹介します。

フックをペイントする

お好みで、フックを脚のアイアンと同じカラーにペイントすると統一感が出て、よりおしゃれな雰囲気に♪

使ったのはターナーのアイアンペイント アンティークブラウン。塗るだけで簡単にアイアンの質感を出すことができるとても便利な塗料です。

なおペンキはそのまま塗るだけではどうしても剥げやすいので、もし気になる方は、ペイントの前にやすりがけ&金属用プライマーの塗装がオススメです。

周りに木枠を付けてみる

さらにお好みでボードに木枠をつければ、よりインテリア性がアップ!

使ったのはダイソーで購入した角棒(工作材料S-5)

これをボードの長さに合わせてカット。お好きなカラーに塗装(写真はBRIWAXジャコビアン使用)後、ボンドで貼り付けました。

角棒をカットすると聞くと少しめんどくさそうなイメージですが、この工作材はとても柔らかいので、カッターで簡単にカットできます。ぜひ気軽にやってみてくださいね。

使ってみよう

出来上がったボードを早速使ってみました!

まずはキッチンのツールスタンドに。

キッチンの壁は、なかなか穴を開けられないので、こんなスタンドタイプの収納ボードがひとつあると便利ですね。

こちらには夫のお出かけグッズをまとめてみました。

これなら一目でどこに何があるのかわかるので、急いでいるときでも忘れ物が減りそうです。

こちらはアクセサリー収納に。

よく使うピアスやヘアゴムなどは、このように掛けておけば場所を取らず、また取り出しやすくしまいやすいので便利です。

雑貨のディスプレイにはオプションの棚板が大活躍♪

シンプルな有孔ボードは雑貨の引き立て役としてもとても優秀なので、ディスプレイ用にもぜひ試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?DIY初心者さんでも簡単に作れるスタンド型有孔ボードをご紹介しました。

有孔ボード用のフックは今、様々なバリエーションのものが販売されています。そういったものを使えば、さらに収納やディスプレイの幅が広がります。

皆さんも便利な有孔ボードを、ぜひお部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか?最後までお付き合い頂きありがとうございました!

元記事を読む