1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. カフェ風のお部屋をお金をかけないで作ろう!コスパよく作るカフェ風アイディア

カフェ風のお部屋をお金をかけないで作ろう!コスパよく作るカフェ風アイディア

  • 2019.9.29
  • 12718 views

人気のカフェ風インテリアですが、どれもお金がかかりそうなイメージですよね。

しかし実際にカフェ風インテリアをよくよく見てみると、お金をかけなくても作れそうなものもたくさんあります。

今回は、お金をかけないで作るカフェ風インテリアをご紹介。一人暮らしやインテリア初心者の方も、必見です。

カフェ風はお金がなくても作れる!

ドライフラワーで外国風に

カフェ風に多く見られるドライフラワー。

市販のものでもそう高くはありませんが、自作することも可能です。

季節のお花や雑草として生えているお花を逆さにして、吊るしておきましょう。

お部屋をドライフラワーでいっぱいにするのも素敵ですね。

タペストリーは手編み可能

タペストリーが壁に飾ってあると、おしゃれで華やかな印象を与えます。

ナチュラルな雰囲気もカフェテイストにぴったり。

手編みできますので、ウォールインテリアをカフェ風にしたい方におすすめです。

画像のように、似たテイストでサイズ違い、模様違いを並べて飾るのもかわいいですね。

編み込む素材をを変えることで、大きく変化が出るのもタペストリーのおもしろいところです。

キャニスターはカフェ風の定番

カフェ風といえばキャニスターといっても良いほど、カフェ風インテリアの定番アイテムです。

空のビンにはお茶や調味料を入れて、キッチンorキッチンカウンターに飾っておきましょう。

画像のように、セリアのシンプルなキャニスターにオリジナルのデザインを施すのも楽しいですね。

キャニスター×ドライフラワーもおしゃれなインテリアになります。

壁にかけるドライフラワーと合わせて、たくさん並べてみるのも良さそうです。

麻袋の意外な使い方

100均でも販売されている麻袋は、カフェ風インテリア作りにおすすめ。

何かと使い勝手も豊富ですが、画像のように椅子にかけてカフェ風を演出するのもおすすめですよ。

コーヒーによく合いそうなインテリアです。

画像は麻袋をカーテンに使用した、ちょっとユニークなアイディア。

カーテンはどうしても生活感が出てしまうアイテムですが、画像のように一工夫すれば「お部屋感」も減り、お店っぽい雰囲気を演出できます。

ペーパーバッグは汎用性が高いアイテム

ペーパーバッグは大小様々、多種多様な使い道があります。

画像ではグリーンを包む役割を果たしていますが、中にはゴミ箱として活用する人もいます。

おもちゃ収納にも活用できるペーパーバッグ。

米袋をリメイクすれば作れるので、こちらもお金をかけずに手軽に作成可能です。

紙袋の模様で個性を演出し、お部屋にぴったりのデザインを作り出してみましょう。

安価の木材でDIY

カフェ風インテリアといえば、やはり木材です。

木を使ったインテリアが、カフェ感をより一層プラスさせます。

もし木でDIYをする場合、杉材を使うのがおすすめ。

木材の中でも一番安く、アレンジもききやすい材料ですね。

木材を使ったDIYはやったことがない…という方は、画像のような簡単なDIYから始めてみてはいかがでしょうか。

ファイルボックスの側面に木板とかすがいをとりつければ、立派なウッドボックスに仕上がります。

カフェ風のお部屋に生える、収納スペースとなりそうです。

すのこを多用しよう

木材DIYよりもっと簡単なのが、すのこを使ったDIYです。

すのこアイテムは実際のカフェでもよく使われており、取り入れやすいアイテム。

すのこそのままにカラーを施し、ステンシルでメッセージをつければ立派なカフェインテリアになります。

壁やドアに取り付けてみましょう。

こちらはすのこで作ったレターラックです。

紙類の収納に頭を抱えている方も、これでおしゃれに賢く収納ができます。

壁やキッチンカウンター下に取りつけて。

テーブルクロスでダイニングテーブルをイメージチェンジ

カフェ風の要ともいえるのがダイニングテーブルです。

ダイニングテーブルを買い換えるのは大掛かりですし、お金もかかりますよね。

そこでテーブルクロスの出番です。

テーブルクロスをかけることでダイニングテーブルのデザインが一新し、カフェ感をプラスすることができます。

手軽&安価にできるカフェ風アイディアです。

まとめ

カフェ風インテリアはお金をかけなければできない、というものではありません。

安価でいくらでも素敵なカフェ風を作ることができます。

いっぺんに全部揃えるのではなく少しづつ、ゆっくりとカフェ風を完成させてくださいね。

元記事を読む