1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「恋も仕事も順調」な関係で愛し合うために必要なポイント・2つ

「恋も仕事も順調」な関係で愛し合うために必要なポイント・2つ

  • 2019.9.28
  • 3125 views

どうもあかりです。


「大人の恋」と聞いて、どんな交際を思い浮かべますか?


「深く愛し合ってること」「お互いを尊重し合っていること」など、いろいろな要素が考えられるかと思います。


でも、大人の恋の一番本質的でリアル(現実的)なポイントは「仕事で忙しい毎日と、恋愛を上手に両立できていること」だと私は思います。


だって、「恋も仕事も順調!」っていう状態こそがまさに社会人にとっての最高の幸せでしょう?




そして、「恋も仕事も順調!」な状態になるためには、お互いにとって恋がいいリズムで、メリハリのある形で進んでいなくちゃいけません。今日は、恋も仕事も順調になるために大事にしてほしい具体的なことを、ひとつひとつ見ていこうと思います。

1、会えない期間は潔く「仕事に集中する」

恋と仕事の両立をする一番シンプルでわかりやすい方法が、「平日を仕事、休日を恋愛」に振り分けてしまうことです。


男性がよく言う「彼女がウザい」「恋愛(彼女)がネックで仕事に集中できない」などの不満や愚痴の多くは、「平日」に恋愛が侵食してきてしまっていることが原因のひとつ。




裏を返せば、「平日は仕事に専念できる恋」をしていれば、「この恋きついな・・・・・・」「彼女の長電話に付き合ったせいで寝不足。仕事に集中できない」みたいな状態にはなりません。




むしろ、平日の会えない期間は潔く、仕事に専念した方が、「会いたい」「さみしい」気持ちが良い意味で募っていく。


その「会いたさ」や「さみしさ」を、電話やLINEで解消した気でいるのは中途半端です。根本的な解決にはなっていないので、むしろ仕事・恋愛の両立リズムを崩す可能性があります。




もちろん、一切平日は連絡するな、とは言いませんし、カップルごとのやり方があっていいと思う。


けれど、もしもあなたと彼のどちらかが、「平日は忙しいから連絡しなくていいかも・・・・・・」と感じたり、言ったりしたことがあるのなら、この「仕事に集中する」期間を取り入れるべきだと思います。

2、会う日はとびきり楽しむ

会わない期間を仕事に専念するためにも、デートの時間を二人が全力で楽しんで、「次会える日までの充電は完了!」と思えるようになることは重要です。




そのために、デートの時は二人とも全力で「デートに集中」しないといけません。




だから、せっかく仕事に集中して平日を乗り切った後のデート中、のんきにスマホを触っている暇なんてないわけです。




全力で集中すれば、話したかったことをデート中に相手に伝えられるし、議論もしっかりできる。わざわざ会えない期間に「長時間話したい」と思うことも減るでしょう。


愛情表現も、デートのときに「好き」と十分に伝え合うことができていれば、会えないときに不安になって電話をしたくなることもない。




要するに、「デートのとき、とびきり楽しむ」というのは、先ほど話した「仕事に集中する」というのと連動しているんです。


「デートでめちゃ楽しむ」ようにすれば「仕事に集中する」こともできるようになるし、「仕事に集中する」ようになれば「デートでめちゃ楽しめる」ことができるようになるのです。




だから、この2つのうち、まずはどちらからでもいいから始めてみるのが、「大人の恋」への第一歩です。

おわりに:結局一番大切なのは、話し合い

上で紹介した2つの要素は、良くも悪くも一般論です。


じゃあ具体的に「仕事に集中する」と「デートでめちゃ楽しむ」というのを、どういうバランスで、どういう方法で二人の関係の中に落とし込むか。
ここは結局、あなたと彼が実際に試して話し合っていきながら決めるしかありません。




例えばあるカップルが、「デートを一番素敵な時間にしよう!」と、会わない期間に基本連絡をしないルールを作ったとしても、寂しくなってしまうことはありますよね。そして、「じゃあ水曜日だけは、ちょっと電話して『息継ぎ』しよう」となるかもしれないし、電話を毎日5分だけするようになるかもしれない。






なのでこの記事の内容をぜひ彼と共有して「どう思う?」と聞いてみて、一緒に考えてみる。




当たり前ですが、「大人の恋」というのは、あなた一人で実現するものじゃなくて、彼と一緒に二人で実現するものだからね。


そんな「大人の恋」に向けた二人の意味ある話し合いのきっかけになれば幸いです。(遣水あかり/ライター)


関連記事:仕事で疲れた彼氏を癒すとき、めちゃくちゃ喜ばれる言葉&行動は?


(ハウコレ編集部)



オリジナルサイトで読む