1. トップ
  2. 奇跡の50代による夢の美容トーク! 君島十和子さん×水谷雅子さん「私たちが30代から積み重ねてきたこと」

奇跡の50代による夢の美容トーク! 君島十和子さん×水谷雅子さん「私たちが30代から積み重ねてきたこと」

  • 2019.9.26
  • 134209 views

50代とは思えぬ美貌を持つ“美魔女”ブームの火付け役・水谷雅子さん。そんな水谷さんにとって憧れの存在である君島十和子さんとの対談が実現! 前編・後編と2週にわたりお届けします。まずは、おふたりが30代に感じた変化と、大切にしている美容習慣について伺いました。

 PROFILE 
(右)君島十和子さん
1966年生まれ、現在53歳。モデル・女優として活躍後、結婚を機に芸能界を引退。二女の母。コスメブランド「FTC」のクリエイティブディレクター。透き通るような美肌は全女性の憧れ。

(左)水谷雅子さん
1968年生まれ、現在51歳。愛知県在住。美魔女ブームの先駆け的存在で、27歳と24歳の子を持つ母でもある。プロ並みのセルフネイルにも注目!

突然訪れた“シミ”との出合い。
30代から続けてきた美の習慣

水谷さん いま思うと考えられませんが、若い頃は日焼けサロンに通っていたんです。なぜか「自分はシミができない」という思い込みがあって。

君島さん 積極的に灼いていたのね(笑)。

水谷さん そうなんです(笑)。灼けた肌にソバージュヘアという世界観に憧れていたんですが、32歳の頃に突然、フワッと黒っぽいものが。もちろん手でこすっても取れなくて、「これがシミなんだ!」と衝撃を受けましたね。そこからは、心を入れ替えてケアするようになりました。

君島さん 私も日焼けしていたけれど、シミ体験は水谷さんよりも10年早い20代の初め。一度は消えたと思ったら……31歳で妊娠してホルモンバランスが変化すると、同じ場所に、同じ形で現れて。

水谷さん 同じ形で……。

君島さん それ以来、UVケアだけは徹底するようになりました。子どもが小さいと日傘なんて使っていられないので、玄関に常備した日焼け止めを塗って帽子をかぶったり。

水谷さん そうですよね。私も気づいたらすぐ塗れるように、日焼け止めは玄関や家のあちこちに常備しています。

君島さん 寝かしつけの途中で疲れて一緒に眠ってしまうこともあるので、あらかじめ主人に「寝ていたら起こして」とお願いして、メイクしたまま眠らないようにしたり。

水谷さん 私もメイクはかならず落とすようにしていました。子育ての最中は夜更かしもせず早寝早起き。寝不足だとクマができるし、肌にもよくない気がしていたので。

君島さん 睡眠は大事ですよね。出産直後はどうしても睡眠や自分にかける時間がないし。ただ、私の場合はその後に神様からのギフトがあったんです。

水谷さん ギフト、ですか?

君島さん ええ。第一子を出産して7〜8カ月が経った頃に自分史上、最高の肌になりました。いつもその頃の写真を見て、あの肌を忘れないようにしたいなと思っています。

水谷さん それはまさにギフトですね! 十和子さんは私にとって憧れの方なのでぜひ伺いたいんですが、若い頃から続けていらっしゃることってありますか?

君島さん 当たり前のことですが、丁寧に洗顔すること。そして化粧水をたっぷり使うことですね。たとえば、喉が渇いている時に、いきなり栄養ドリンクは飲みませんよね。それは肌も同じこと。美容液やクリームも大切ですが、まずは水分をたっぷり与えます。

水谷さん 乾燥はトラブルにもつながりますからね。私もシートマスクを朝晩の習慣にしています。歯磨きと同じで、やらないと不安になるほど。

君島さん 保湿はすべての基本ですよね。コットンでパッティングしていたこともありますが、無意識に利き手の方ばかり回数を重ねていることに気づいてからは、両手で肌に入れ込むようにしています。

水谷さん 私もマスクを外した後は、ハンドプレスで仕上げます。保湿は続けることで差が出るので、若い方にもぜひ習慣にしてほしい。女性にとって、肌の美しさは心の支えになると思うんです。

君島さん そうですね。この肌や体は、人生の“容れもの”。飾り立てる必要はないけれど、人生を楽しみながら過ごすためにも、自分を大事にしようという想いは強くなりましたね。

対談の後編は次週
9月29日(日)10時公開
お楽しみに


撮影/城 健太〈vale.〉 ヘア&メイク/黒田啓蔵〈ThreePEACE〉(君島さん分) 室岡洋希〈ThreePEACE〉(水谷さん分) スタイリング/江島モモ(君島さん分) 柿原陽子(水谷さん分) 取材・文/国分美由紀 構成/織田真由〈MAQUIA ONLINE〉



君島さん着用分:トップス¥55000、カーディガン¥65000、スカート¥79000/すべてANTEPRIMA(アンテプリマジャパン 0120-03-6962) ピアス¥12500/APM Monaco(H3O Fashion Bureau 03-6712-6180)

水谷さん着用分:ブラウス¥15000、バングル¥7000、ピアス¥7500/すべてデミルクス ビームス(デミルクス ビームス 新宿) パンツ¥36000/リト(デミルクス ビームス 新宿)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。



元記事を読む