1. トップ
  2. ダイエット
  3. で、結局痩せるの?ファスティングダイエットの本当のトコロを調査!

で、結局痩せるの?ファスティングダイエットの本当のトコロを調査!

  • 2019.9.22
  • 7458 views

英語で断食を意味する「ファスティング」。興味はあるものの実際にはどうやればいいのかわからないという方も多いのでは?今回はファスティングの基本的なルールをご紹介。ダイエットに本当に効果的なのかも探っていきます。

そもそもファスティングとは?

普段の食事では食品添加物や脂肪の多い食品など、胃腸に負担のかかる食べ物ものを摂取してしまいがち。ファスティングは、しばらくの間、固形の食べ物を摂らないことで疲れている胃腸を休ませる方法。また、断食とはいうものの、本当に何も口にしないのではなく、期間中は専用の酵素ドリンクやスープなどを飲んで過ごすのが一般的です。

ファスティングの基本的なルール

ファスティングはすぐに始めるのではなく、準備期間を経て、数日~1週間程度を専用のドリンクやスープを飲んで過ごします。

専用ドリンクの販売元によってルールは多少異なりますが、準備期間と終了後に食べる食事(回復食)の期間も数日~1週間ほど設けられているのはほぼ共通。

この期間は、身体に必要とされる栄養素をしっかり含んだ健康的な食材を摂ることが推奨されています。おすすめは、ビタミンやミネラル、食物繊維をたっぷり含むもの。豆類、ごま、わかめをはじめとする海藻類、野菜、魚、しいたけなどのきのこ類、芋類がそれにあたります。食材の頭文字を取って「まごわやさしい」という言葉にすると覚えやすいですよ。

ファスティング終了後の回復食は特に大事。間違った方法で通常の食事に戻してしまうと、体に大きな負担がかかってしまいます。必ず専用ドリンクにあるルールや専門家の指導を守るようにしてください。

ファスティングはダイエットに効果がある?

ファスティング経験者の大半が「一時的に体重は減ったけれど、結局すぐに元通り」と語っているそう。
ファスティングによって摂取カロリーが大幅に減ると、体内の予備エネルギー源であるグリコーゲン(糖質)が使われ、続いて体脂肪がエネルギーとして使われるようになるため体重は減ります。ただし食事量が戻れば、もとの状態に戻るよう。重要なのは、スリムな身体を維持するために、ファスティング後は食生活を変えて、それを習慣化することです。

そのほか、ファスティングは胃腸を休ませることができるため、食べ過ぎてしまった後のカロリー調整や、腸内環境を整えることで老廃物の排泄がしやすくなるといった点も優れています。実際に、「むくみが解消された」「肌がきれいになった」といった感想もあるほど。暴飲暴食が続いた後など、胃腸や肝臓などに負担がかかっていると感じたときの体内のリセットを目的に行うとよいでしょう。

「マイクロダイエット」のHPには、こうした健康やダイエットに役立つ知識がたくさん掲載されているので、そちらも参考にしてみてください。

writer / ミハル photo / Shutterstock

取材協力

サニーヘルス株式会社
https://microdiet.net/diet/001196

元記事を読む