1. トップ
  2. 恋愛
  3. 真剣に答えてもムダ。女子が恋愛相談で求めているもの

真剣に答えてもムダ。女子が恋愛相談で求めているもの

  • 2015.3.28
  • 4167 views

先日、友だちとランチをしていたときに出てきた話。「そろそろいい年齢の私たちだけど、今の彼氏とこのまま付き合っていて結婚に結びつくのだろうか?」と。

そんな彼女の家族はその彼氏と交際・結婚をすることに大反対しており、現在、交際をしていることさえ秘密にしているという状況。このまま秘密の交際を続けて結婚まで進める気がしない、と私に相談を持ちかけてきたわけです。

「どうしたらいいかな?」と、それだけを繰り返し問いかけてきました。もちろん私は親身に話を聞き、何かアドバイスがないかと言葉を選んでいたのですが、「言葉を選んでいる」という時点で、私は彼女に最適なアドバイスはできないと判断。そして私は一番無難な意見を彼女に言いました。

「時間が解決するよ」それしか言えなかったのです。

「友だちなら、困ったときはお互い助け合いでしょう?」なんてよく言いますけど、「助けるにも限度があるでしょ」というのが私のスタンス。無責任すぎて彼女の立場でもない第三者の私の意見なんて無意味すぎて、こればかりは何の力にもなれません。

正直、この事例に対して客観的な立場で言えば、結婚に反対されている理由が自分でも明解で、解決できないと思うなら他を探した方がいいに決まっているし、それでも諦めたくないならこのままずっと続けていくしかない。友だちに意見を求めても、どっちかしかないんです。

そんななか、彼女は「このまま付き合って結婚をしたい」と思うから私に話をしてきたわけで、それならもうこの状態を自分が納得するまで続けていくしかないのです。つまり、彼女のなかで答えは出ちゃってるんです。

結局「なんとかなるよ!いい方向にいくよ!」“私の意見”ではなくこれを言ってほしいだけなのです。別にそれは私じゃなくても、背中を押してくれればそれでいいんです。

私は恋愛に関してだけは人それぞれの形が存在すると思っているし、それに対して人の意見を問う、というスタンスはもともと好きではありません。もしそれでも意見を求められたら、私はその「現状」に対してではなく、その不安な気持ちを紛らわせるとか、そういうことしかできません。

それはときに「冷たい」と思われてしまうかもしれませんが、もし私が逆の立場だったら、意見を言われた時点で「大きなお世話」と思ってしまうかもしれません。

恋愛に関しては「相談」というのははないのです。「あなたならどうする?」は愚問。それは「背中を押してほしい」だけ。

もしヘビーな恋愛相談を打ち明けられ、困っている方がいたらこれを読んで安心してください。それはあなたの意見を伝えても、解決しない問題ですから。

(内藤 里奈)