「やせる入浴」と「ぐっすり眠れる入浴」あなたはどっち? 美容と健康に効果的なお風呂の入り方2つ

泡風呂に浸かっている女性の画像

入浴するだけでダイエット!?

両手に泡を乗せている女性の画像

美容に効果的な入浴法や入浴前の習慣についてくわしく説明してくれるのは健康ソムリエとしても活躍するイシハラクリニックの石原新菜(にいな)先生。先生が最もおすすめしているのは、「3・3・3入浴」と呼ばれる方法。これは湯船に3分浸かって3分休む、というサイクルを3セットくり返すだけのカンタンな入浴法です。休んでいる間の3分間は、体や髪を洗いながら過ごしてOK。この方法で約300kcalを消費できると言われています。入浴前にしょうが紅茶を飲むと、さらに効果がアップ。しょうがに含まれるジンゲロールやショウガオールなどの成分が、毛細血管を広げて体を温めてくれるからだそう。

お風呂の温度は、だいたい42度がベスト。湯船にバスソルトを入れると、皮膚のたんぱく質から皮膜が作られ保湿効果が高まるそうです。さらに3回目の入浴中に泡パックをすれば、開いている毛穴に泡が浸透。うるおいがアップしより美肌に近づけるでしょう。

睡眠に効く入浴法

顔まで布団をかぶっている女性の画像

睡眠改善インストラクターの小林麻利子さんは、夜ぐっすり眠れる入浴の作法をレクチャー。体をリラックスさせるためには、入浴中と上がったあとに気をつけるべきポイントがいくつかあると言います。

まずよく眠るために最適な水温は約40度。いきなり浴槽に入ると血圧の急激な変動を招くので、かけ湯をしてから15分間ゆっくり浸かってください。入浴中は声を出しながら浸かることで、血圧の上がりすぎを予防。心筋梗塞や脳卒中のリスクも下がります。お風呂のライトは消して、キャンドル風LEDライトなどをセット。体と心をゆっくりと休めましょう。そしてお風呂から上がったら、素足のままでいるのはNG。足もとが冷えないように必ず靴下をはいて過ごし、寝る直前に脱ぎます。

8月1日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系)で紹介された2パターンの入浴法には視聴者から、「目的によって入浴の仕方ってこんなに変わるんだね」「美容も健康もゲットできるなんてすごい」「ふだんは3・3・3入浴、疲れたら歌でも歌いながら15分入浴してみようかな」と好評の声が。いつもの入浴方法を見直して、自分に合った習慣を探してみては?

文/プリマ・ドンナ

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。