1. トップ
  2. グルメ
  3. ヴーヴ・クリコと楽しむ、コンラッド東京の大人ハロウィン。

ヴーヴ・クリコと楽しむ、コンラッド東京の大人ハロウィン。

  • 2019.9.9
  • 1391 views
undefined
PRconradtokyo_1.jpg

コンラッド東京の「オトナハロウィン・アフタヌーンティー」の、今年のテーマは「ホーンテッド・マナー ~ゴーストの館~」だ。

今年は、シャンパーニュ・メゾンのヴーヴ・クリコが例年開催している大人のためのラグジュアリーハロウィンイベント「イエローウィン」とコラボし、怪しく華やかな空間を演出。昼間は暗闇で息をひそめるゴースト、夜になると動き出すオバケやガイコツ、 怪しく揺らめくろうそくに照らされた蜘蛛の巣、真夜中のパーティーで使われる妖しく華やかな仮面などをモチーフにしたミステリアスな雰囲気が漂うスイーツやセイボリーを用意した。

ヴーヴ・クリコを使ったスイーツやイエローウィンからインスパイアされたメニューも登場。ヴーヴ・クリコのシンボルカラーであるイエローを取り入れつつ、スモーキーな色合いを用いた「ホーンテッド・マナー ~ゴースト~」がダークな雰囲気を創りだす。ドリンクにも、香り高い紅茶とともに、ヴーヴ・クリコのシャンパーニュもいただける。

「イエローウィン」のキービジュアルでもある、燭台のキャンドルに見立てたチョコレートムースはひときわフォトジェニックだ。炎はバニラムースで表現した。紫芋のムースにはダークな色のバブルタマゴとチョコレートの十字架をあしらい怪しげな雰囲気を演出。さわやかな酸味が特徴的なパッションフルーツを使ったチョコレートカップには、パッションフルーツを用いたチョコレートスカルを乗せた。

セイボリーにも大人がうれしいアイテムがずらり。竹炭ブレットのタマゴサンドにはチョップドトリュフが入っている。スイーツのモンブランかと見紛うのは牛ホホ肉とカボチャのモンブランだ。ヴーヴ・クリコカラーをまとった、ウニをトッピングしたコンソメ仕立てのウニとにんじんのムースはにんじんの優しい甘さとコンソメのバランスが絶妙だ。

「ホーンテッド・マナー ~ゴーストの館~」で繰り広げられるゴーストたちのハロウィンの宴に、飛び入り参加してみては?

undefined

オトナハロウィン・アフタヌーンティー「ホーンテッド・マナー ~ゴー

ストの館~」


提供期間/~2019年10月31日(木)

提供場所/バー&ラウンジ「トゥエンティエイト」 東京都港区東新橋1-9-1 コンラッド東京 28F

提供時間/平日13:30~16:30、土11:00~16:30、18:30~20:30 日祝11:00~16:30、18:30~21:00

・すべて2時間制

料金/スタンダードアフタヌーンティー 4,900円、デラックスアフタヌーンティー 6,850円、モンスター・ベア付き・スタンダードアフタヌーンティー 5,900円、シャンパーニュフリーフロー付き・スタンダードアフタヌーンティー 7,500円、モンスター・ベア付き・デラックスアフタヌーンティー8,350円・税・サービス料別

予約・問い合わせ先/03-6388-8745 (レストラン予約直通)https://www.conradtokyo.co.jp/plans/restaurants/afternoon/twentyeight_1909

Text: Aya Hasegawa

元記事を読む