1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【芸能人恋占い】絶好調の俳優・長谷川博己、熱愛中の彼女との“長すぎる春”の決着は?

【芸能人恋占い】絶好調の俳優・長谷川博己、熱愛中の彼女との“長すぎる春”の決着は?

  • 2015.3.28
  • 1612 views

みなさん初めまして。「新宿の母」こと栗原すみ子です。50年以上、新宿の街角で占いをしてきました。今日は最近話題の俳優・長谷川博己さんを鑑定してみたのよ。鑑定の最後から私の無料占いへの案内があるから、最後まで読んでもらえると嬉しいわ。

個性派俳優として注目を集めている、長谷川博己さん。フジテレビ系の月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」も記憶に新しいですが、やはり2010年のNHKドラマ「セカンドバージン」が印象に残っている方が多いのではないかしら? そのドラマでは、主演の鈴木京香さん演じる敏腕出版プロデューサーと不倫の恋に陥ってしまうキャリア官僚の役を演じていらっしゃいました。17歳年下の既婚男性と激しい熱愛を繰り広げるストーリーは、手に汗握る展開で、多くの人を魅了しましたね。また、長谷川さんはこのドラマがきっかけで、鈴木京香さんとプライベートでも交際をしているとのこと。いろいろな意味で、長谷川さんにとって転機となった作品といえるでしょう。

九星気学でみると、長谷川さんの生まれ年は「リーダーシップがあり、しっかりとした芯を持つ」星で、生まれ月は「社交的で、周囲に対する気配りを忘れない」という星を持っていらっしゃいます。生まれ年の星と生まれ月の星は、相性があまりよくないため、長谷川さんは頑固な面と、周囲に流されやすい面どちらも持っていて、ちぐはぐな振る舞いをしてしまうときがあるかもしれません。また、どちらの星も好き嫌いが激しい面がありますから、その点にだけ注意が必要でしょう。潔癖になりすぎず、自分が受け入れられないことでも「それはそれ」として割り切って捉えることができれば、毎日を気楽に過ごせるはずです。一方で、他人へのやさしさや真面目さも強調されますから、俳優さんとしてこつこつ努力しながら、共演者をはじめ、周囲の人ともうまくおつきあいされてきたでしょう。その積み重ねが、人気アップにつながったのね。

長谷川さんは、中央大学文学部に在学中、劇団員の欠員補充のため急遽代役で出てほしいと頼まれたことをきっかけとして、演技のおもしろさに目覚めたそうです。そのあとは、文学座附属演劇研究所に入所し、舞台を中心に俳優としてのキャリアを積み上げていきます。そして、先ほどもお話しました、2010年のドラマ「セカンドバージン」での演技が注目され、一躍人気者となったのです。2010年は、長谷川さんにとって「地固め」にあたる年。派手な運気ではないのですが、こつこつとした努力が認められやすい時期だといえます。どんなお仕事でも手を抜かず、自分の肥やしとしてていねいにこなしてきた長谷川さんだからこそ、この年に大きな成果を受け取れたのでしょうね。

そして、今年の長谷川さんは、人づきあいが増え、華やかな日々を過ごせる時期にあたります。去年もかなりいい運気だったので、今年も引き続き幸運に恵まれるはずです。今年は、先ほどあげた「デート~恋とはどんなものかしら~」をはじめ、映画「進撃の巨人」など話題作への出演も決定しています。今年も精力的にさまざまな役柄に挑戦していき、ますます長谷川さんの人気が高まっていくんじゃないかしら。そして、今年は恋愛運や結婚運もいい時期。鈴木京香さんとは熱愛報道が出てからすでに数年経っているけれど、そろそろ結婚に向けての動きが出てくるかもしれませんね。長谷川さんと鈴木さんは同じ星を持つ、「似た者同士」のカップル。同じ感性や価値観を持っているので、基本的には円満な関係を続けていけるはずですが、どちらも我が強く、頑固な面にだけ注意が必要ね。

運気の流れに乗りながら、俳優としてのキャリアを積み重ねてきた、長谷川さん。これからも、二枚目から三枚目まで完璧に演じられる俳優さんとして、活躍していくはずよ。長谷川さんがどんなすばらしい演技をみせてくれるのか、今から楽しみですね。

さて、最近は長谷川さんのように芯の強い男性はとても素敵に見えるわね。でもそんな男性に限ってとてもこだわりが強かったりするものですよ。みなさんも気になるお相手とどうやったら距離が縮められるか悩んだりしたことがあるんじゃないかしら?

新宿の母が教える気になるあの人との距離を縮める5つの法則(スマートフォン限定)>>

■無料占い

新宿の母が占う毎日の運勢>>

(新宿の母)