1. トップ
  2. ヘア
  3. 短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】

短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】

  • 2019.9.6
  • 1743 views
短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

 

シンプルな服に洒落感を出したいときや、おめかししたい日にオススメのアレンジを《CANAAN 銀座(カナン ギンザ)》の山本麻美さんが教えてくれました。フロントから両サイドにかけて、髪をねじながらタイトにまとめ、耳後ろでヘアアクセをいくつかつけてアクセントに。「短めの人がヘアアレンジをすると子供っぽく見えがちですが、サイドをタイトにまとめたすっきりアレンジなので大人っぽく仕上がります。ヘアアクセの重ねづけで、“盛っているわけではない”さりげないおしゃれ感を演出しました」(山本さん)。

 

▼動画をチェック

 

 

ヘアアクセを重ねづけした 今年らしいアレンジをマーク!

短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

 

飾りピンを使った、タイトだけどデザイン性のあるアレンジ。全体にストレートアイロンを通してボリュームをおさえ、フロントからサイドにかけてねじって耳後ろでピン留め。ねじり部分は凝って見えるけれど、分け目から少し毛束をすくって外側にねじり、ねじった毛束の下からまた新しく束をとり、最初の毛束に巻きつけて同じように外側にねじるを繰り返すだけ。編み込みよりも手軽にできる。前髪もコームでとかしつけてタイトに。まっすぐ下ろすのではなく、分け目からサイドに流れるようにとかすとバランスもよし!

 

短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

 

 

♦ARRANGE PROCESS♦

短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp
STEP1.ストレートアイロンで全体をタイトに

中間~毛先にストレートアイロンを通してボリュームダウンさせる。前髪にも忘れずにストレートアイロンを通す。その後、「中野製薬」のモデニカ ナチュラル J を全体になじませて、うるおいのあるウェットな質感に。

 

短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp
STEP2.サイドパートにしてピン留め

フロントを七三に分け、サイドの髪を上下に分けてそれぞれ耳後ろまでねじってピンで留める。サイドパートにすることで、左右アンバランス感を出すのがポイント。飾りピンで留めたり、ゴールドピンでクロスになるように留めたり、好みのものでバランス良く留める。

 

短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp
STEP3.前髪をコームでタイトにする

分け目に合わせて、前髪をコームでとかして軽く流しながらタイトに。

 

 

Styling item

短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

モデニカ ナチュラル J 90g ¥1,800(中野製薬)

みずみずしいジェルで、うるおいのある質感、ナチュラルなツヤ感を表現。パリっと固まるようなタイプではないので女性でも使いやすく、手にも馴染ませやすい。

 

 

Stylist

短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

CANAAN 銀座(カナン ギンザ)

山本麻美さん

 

 

【SALON DATA】

《CANAAN 銀座(カナン ギンザ)》

短くても出来る!ピンを使った大人可愛いタイトアレンジ from カナン ギンザ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

address:東京都中央区銀座3-2-11

GINZA SALONE 10F

tel:03-6263-2040

open: 水・金 11:30~21:00、

木 12:00~21:30、金 11:30~21:00 、

土 10:00~20:00、日・祝 10:00~19:00

close:毎週⽉曜・火曜

http://www.canaan-salon.jp

 

 

text:Eriko Suzuki

movie:Yuta Sekiyama

 

 

元記事で読む