1. トップ
  2. 恋愛
  3. 片思いの彼に♡重さを感じさせずに料理上手をアピールする方法

片思いの彼に♡重さを感じさせずに料理上手をアピールする方法

  • 2019.8.28
  • 1660 views

料理が上手なところを片思いの相手に伝えたくても、アピールがしつこいと引かれてしまわないか心配ですよね。片思いの彼にも重さを感じさせず好感度アップに繋がる、料理の上手さを自然に伝えるコツをご紹介します。

相手が好きな料理だけを作らない

彼にせっかく美味しい料理を作るなら、相手が好きなものを食べさせてあげたいと考えてしまうものですよね。でも、もうすでに何度か料理を振舞っているなら他の料理も作ってみるべきタイミングかも。

同じものばかりだと相手も飽きてしまったり「もしかしてこれしかできないのかな」と思われてしまう可能性もあるので、料理のバリエーションをいくつか用意する事を心がけてみましょう。

しつこく自宅に誘わない

自宅で彼に料理を食べてもらおうと何度も彼を招待していると、相手がストレスを感じてしまう可能性もあるので注意しましょう。誘いを一度断られてしまったのであれば、ある程度は期間をあけたほうが得策です。

待ち時間が長くならないよう注意

作り立ての料理を食べてもらいたくても、料理が完成するまでの待ち時間が長くなりすぎないよう注意が必要です。部屋の中で長時間待たされた彼が退屈して、早く自宅に帰りたいと感じてしまう可能性もあります。

量が多すぎないように気を付ける

手作りの料理を沢山食べてほしい気持ちが前に出すぎてしまって相手が食べきれないほどの料理を出してしまうのはNG!優しい彼なら「残すのは申し訳ないな」と無理をさせてしまうかもしれません。

相手の食欲に合わせて料理の量を調整しましょう。お腹の空き具合に合わせて料理の量を調整すると、気配りのできる女性だとアピールできますよ。

肉料理ばかりを作らない

片思いの相手が肉料理が大好きだったとしても、肉ばかりを使っていてはせっかく得意な料理の味を落としてしまうかも!また、料理は見た目が美味しそうかどうかもとても大切ですよね。肉と野菜のバランスを考えながらつくることをおすすめします。

ハート型の料理は仲が深まってから!

ドラマや家族へのお弁当ではよく見る「ハート型のハンバーグ」。自分の気持ちを相手にアピールしたくなっても、彼とそこまで仲良くなっていない段階では我慢してください。いきなりハート型の料理なんて出されたら、愛が重たいと感じてしまいますよね。

豆知識を長く語らない

自分が料理に詳しい事をアピールしたくても料理に関する豆知識を長時間語ってしまうのはNG。料理に関心のある男性なら盛り上がるかもしれませんが、興味のない話をえんえんと聞かされるとげんなりしてしまいますよね。

「おいしいね」と言われた時に「実はこんな隠し味を使うとおいしいんだよ」「この食材はこんな使い方もできるんだ」と話してみるなど、あくまでさりげなく会話の中で自分の知識の深さをアピールできると相手からの好感度アップにつながります。

元記事を読む