1. トップ
  2. ダイエット
  3. 上向きで丸みを帯びた小さいお尻に。オンナらしい【理想のヒップライン】の作り方

上向きで丸みを帯びた小さいお尻に。オンナらしい【理想のヒップライン】の作り方

  • 2019.8.24
  • 14032 views

シェイプアップしたいパーツとしてお腹や脚を挙げる方は少なくないと思いますが、オンナ度高めのボディラインを作る上で重要なのが“お尻”になります。そこで今回はアドリアナ・リマ、カーリー・クロス、ライス・リベイロなど美スタイルで人気の海外モデルたちの担当トレーナー、マイケル・ブラウナー氏が明かす【理想のヒップライン】の作り方をチェックしてみましょう。

理想のヒップラインに近づくには“筋トレ”が最重要

マイケル氏によれば、理想のヒップラインに近づくには「筋トレがベスト」とのこと。特にマイケル氏が“鉄板”として挙げるのが下記3つです。

スクワット

(1)背筋を真っ直ぐにして立ち、脚を肩幅程度に開いて腕を床と平行に真っ直ぐ前に突き出す
(2)背筋を真っ直ぐキープしたまま腰を下ろし、太ももと床が平行になったら腰を上げる

ポイントは「常に背筋を真っ直ぐキープして実践すること」、実践中に「膝がつま先より前に出さないこと」の2つ。さらに腰の上げ下げはゆっくりと行うと効果的です。

ランジ

(1)背筋を真っ直ぐにして立ち、脚を肩幅程度に開いて腕を真っ直ぐ下に下ろす
(2)片脚を大きく前に踏み込み、膝が90度になったら元の姿勢に戻り、今度は反対の足を前に踏み込み膝が膝が90度になったら元の姿勢に戻る

スクワットと同じく、しゃがんだ時に「膝がつま先より前に出さないこと」がポイントです。

ヒップリフト

(1)仰向けに寝て、脚の膝を曲げて肩幅程度に開き、両手の平は床につけておく
(2)息を吐きながらお尻を上げていき、肩から膝までが一直線になったら(1)の姿勢に戻す

効果をしっかり得るためには「上下運動をゆっくりと行う」のがポイントです。

いずれも“1日15回〜を目標”に行うのがオススメ。3つとも“超基本”と言えるシンプルなものですが、マイケル氏によれば「基本的な筋トレを地道に行い続けることが理想的なヒップラインを叶える近道」とのことです。ただし、いずれの筋トレも体にしっかり負担がかかるので、自分の体力に合わせて無理のない範囲から取り組んでいきましょうね。

元記事で読む