1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【女子のばんそうこう】そこは誰のステージ?〜脈なしの彼を見てるのがつらい

【女子のばんそうこう】そこは誰のステージ?〜脈なしの彼を見てるのがつらい

  • 2019.8.23
  • 8555 views

毎日暑すぎる!!!(ハ○キルーペのテンションで)
みなさん夏を楽しんでますか?私は夏バテどころか食欲増しで「夏最高!!!」ってなってます。冒頭の叫びはイラつきではなく歓喜の声です。
さて今回はこんなおたよりに回答してみようと思います。

★あゆみさん。いつも楽しみで、ほんとうにほんとに勉強させて頂いております。
私には職場に好きな人がいます。もう結構何年も想っており、ちょいちょいアプローチはしていたのですが、スルーされたり、はぐらかされたりで、脈なしなのは頭ではわかっていました。(わかってたつもりでした。)そんな彼に実は昨年から付き合っている年上彼女がいることがわかりました。私も知ってる人で明るく、経済的にも精神的にも自立しているステキ女子です。
もともと2人が仲良しなのは知っていたのですが、実際付き合っていることを知ってから苦しくて苦しくて仕方ありません。自分でも、これは「好き」でなく「執着」しているだけだから手放そうと、色々他に意識を向けるのですが上手くいきません。2人が休みを合わせて旅行に行ったりするのを知ると苦しさが増すばかりです。(ピノコ 37歳)

ピノコさんこんにちは!いつも読んで頂き本当にありがとうございます!
切ない片思い。頭では分かっていても視界には入りますからね、胸が苦しくなりますよね。その人に思いをかけた時間が長ければ長いほど、人の執着は強くなります。「ここまで時間をかけたんだ、今さら降りられるか」みたいな気持ち。
例えばこれがお互いめちゃ若いとか彼女がろくでもない女性だったりしたら、2人が別れる日を待ちたくもなるかもですが、2人が仲良さそうでピノコさんも彼女を素敵だと思っているなら、そんなネガティブな待機は意味がないですもんね。

「こうすれば明日から切り替え完璧!」という対処方法はないのですが、こう考えてみるのはどうでしょう。

あの人とどうにかなりたい。脈がないのは分かってる。恋人や伴侶になれないのは分かってる。だけど諦めきれない。その人の近くにいる女性が気になってしまう。自分もつながれないかと思ってしまう。無理と分かっていてもついついそのことを考えてしまう。
これっていわば、彼がセンターに立つ「彼の人生」というステージを観客席から観てる、それもステージの端っこにしがみついて見上げてる状態だと思うんですよ。そこに入りたいのに!って常にそのステージを気にしてる状態。
これ、もったいなさすぎじゃないですか?だってピノコさんは自分のステージを、完全に放り出してるんだもん。

ピノコさんには、自分がセンターに立ち、スポットライトがピノコさんだけを照らす、「私の人生」というキラキラしたステージがちゃんとあるんですよ。最初から最後まで、まごうかたなき自分が主人公の。

彼のステージを横目で見てそこの登場人物になる未練を持ち続けるより、自分がドセンにいる自分自身のステージから、主演女優の目であたりを見渡してください。どうですか?
彼は、魅力あるキャラクターではあります。しかし色々やれども主人公には振り向いてこない。他に恋人がいて、その人との物語をどんどん進めてる登場人物。これ、全っ然重要じゃないですよ。通行人くらいにしておけばいい気がします(笑)そして主人公が完全に立ち止まってその通行人を眺めてたら、本筋の物語が進まないのですよ!

私の人生は私を中心にして進める。登場人物を選び取るのも私。ただ、選んでも寄り添ってくれない人はいる。そういう時は「私のステージの重要人物じゃなかったんだな」と思って、早めにスポットをあてるのをやめた方がいいです。そこに気を取られてる間に、せっかく自分のステージを観て拍手してくれるひとや、素敵な主人公だから寄り添いたいなと思って近くに来てくれる重要人物を、見逃す可能性がありますから。

比べず、恨まず、気を取られず。素敵な展開はこの先いくらでもあなたを待ち構えてるはずです。誰かの物語に入ろうとするより、主役はとっとと自分のステージの物語を先に進めていきましょう!

今日のおたより

★こんばんは。いつも楽しみに読んでいます。
7月25日のコラム、しみじみ頷きながら読みました。「しんどい時に側にいて安心」できる相手か。私が去年の夏の終わりに、6年同棲して婚約に至った彼との別れを決め、今年2月に引っ越して同居を解消した理由の数々の中にも、その問いがありました。
付け加えたいのは、結婚=一生を共にすることを考えた時、逆もまた必須だろうということです。つまり、「相手がしんどい時に側にいて安心させられる」か。それをこの先の将来に渡って続けていけるか。当然ながら恋愛も結婚も、一方だけの都合や望みを主張し叶えていくことはできません。自分が要求する安心を相手にも同様に与えていけるか。それを、どれほど愛してくれて結婚に向いている相手だろうと、恋愛感情の冷めてしまった相手に続けていけるのか。そうして幸せになれる(と思える)か。
「最も自分のことを愛し、最も結婚に向いて」いると思う相手を、自分の気持ちが相手にきちんと向いている時にそうだと気付けるか/見つけられるか。それも含めて、結婚にはタイミングが必要なんだろうな、とそんなことを思いました。(Kujira 45歳)

◎Kujiraさんおたよりありがとうございます!ううう、長きに渡る関係を解消するのは、たとえ自分が決めたこととはいえ、本当に胸が痛みますよね。
そして、おっしゃる通りだと思います。パートナーシップは双方向。「私はこの人がものすごく辛い時、うまくいっていない時に一緒にそれを乗り越え、支え、安心させられる(そうしたい)だろうか」という気持ち。それがどこを探してもなくなってしまったら、相手が愛してくれても続けていくのは無理だと思います。悲しいことですけど仕方ない。
ほんと、タイミングってありますね。ささいなことで合致するし、ささいなことですれ違ったりもする。いずれにしても、それを選択した自分は、その時点においていちばん正しいと思うのです。だから「これでよかった」と思って進んでいきたいものですね。(あゆみ)

元記事を読む