1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 夏バテの原因って? 放置すると秋にどうなる? 夏の終わりの不調に専門家がアンサー!

夏バテの原因って? 放置すると秋にどうなる? 夏の終わりの不調に専門家がアンサー!

  • 2019.8.26
  • 5243 views

夏の後半戦に突入するこの時期。体がだるかったり、肌トラブルが気になってきたりと、夏バテ・夏老けを感じ始めている人、多いのでは? 「MAQUIA」10月号では、夏の終わりの不調に、専門家がズバリ回答!


原因編
夏はどうしてほかの季節よりバテやすかったり、老けやすかったりするの? まずは夏に起きがちな体や肌・髪のトラブルの原因を知っておこう!


教えてくれたのは…

池谷医院院長 池谷敏郎先生
医学博士。血管力を高める生活習慣の指導が人気。著書『内臓脂肪を落とす最強メソッド』(東洋経済新報社)も話題。

東京有明医療大学教授 川嶋 朗先生
東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門担当。近代西洋医学と代替・伝統医療を融合させ、診療にあたる。

ウォブクリニック中目黒 総院長 髙瀬聡子先生
美容皮膚科では、レーザー治療からインナーケアまで幅広く対応。特にシミ・くすみに強く、5000症例以上の実績が。


Q 夏バテの原因って?

A.温度差、睡眠不足、血糖値スパイク、ミネラル不足など
「夏は体温調節でエネルギーを消耗し、糖質に偏った食事で血糖値の乱高下がおきがち。冷たいもののとり過ぎによる内臓冷え、発汗によるミネラル不足、熱帯夜で睡眠不足が続くと、体力が落ちてしまいます」(池谷先生)。「紫外線を浴びることで活性酸素が増加、免疫力が下がり疲労物質も蓄積。体が重だるく感じ、夏バテの原因になります」(髙瀬先生)


Q 夏老けの原因って?

A.紫外線、冷房冷え、睡眠不足など
「冷房冷えや睡眠不足で血流が悪くなり、酸素や栄養不足になって、体がダメージを受け、その修復に多くのエネルギーを費やします」(川嶋先生)。「紫外線を浴びて発生する活性酸素は、肌のみならず血管や内臓など全身の老化を進めてしまいます」(髙瀬先生)


Q 暑さはどんなトラブルを招くの?

A.疲労感が生じたり、熱中症になりやすい
「暑さと冷房で体温調節にエネルギーを消耗し、体が疲れやすく。また現代人は運動不足や自律神経の乱れなどにより体温調節機能が低下しているため、暑くても体温を下げられない人も多い」(川嶋先生)。「近年多発している熱中症は、体温や発汗の調整が追いつかず、体内に熱がこもってしまうことで起こります」(髙瀬先生)


Q 暑さって肌にも実害はあるの?

A.インナードライ肌になりやすい
「暑くなると汗が増え、肌内部の水分量が低下。それを補うために皮脂の分泌量が増え、結果的にインナードライ肌に。汗自体が刺激になり、赤みや痒さを訴える人も。特に普段、汗をかく習慣がない人ほど、トラブルになりがち」(髙瀬先生)


Q 紫外線によるダメージとは?

A.肌や髪にトラブルが起き、疲労物質も発生
「紫外線は人間が生きる上で必要不可欠ではありますが、過剰な紫外線は肌、髪、体のすべてにダメージを与えます。肌は炎症を起こし、老化の元凶である活性酸素やシミの元になるメラニンが発生。一部の紫外線は真皮層まで侵入し、シワやたるみを引き起こします。免疫力が下がり、疲労物質も蓄積するので、体が重だるさを感じることも。髪は直接的ではないものの乾燥を招き、パサつきや褪色などのトラブルを誘発します」(髙瀬先生)


Q 冷房冷えは、どんな不調を引き起こす?

A.夏バテ、むくみ、肩こり、頭痛など
「冷房で体が冷えると、体は体温調節のためにエネルギーを消耗。疲れやだるさで夏バテを感じやすく。また体温が奪われ血流が悪くなるので、冷えやむくみ、肩こり、頭痛などといったトラブルが」(川嶋先生)。「女性は末梢血管が細く、筋肉量も少ない人が多いので、冷えるとさらに循環が停滞しがち」(髙瀬先生)


Q 室内外の温度差は体にどう悪いの?

A.自律神経のバランスを乱し、さまざまな不調の原因に
「夏場は、外は猛暑で暑く、室内は冷房で冷えがち。体温調節のために自律神経がフル稼働し、疲れやだるさが発生。これを繰り返すと自律神経のバランスが乱れ、さまざまな体の不調を招きます」(川嶋先生)。「室内外の温度差により血管が急激に収縮するのを繰り返すのも、自律神経の乱れにつながります」(髙瀬先生)


Q 夏に起きやすい、「内臓冷え」とは

A.冷たいもののとり過ぎで、便秘、下痢、消化不良、免疫力低下などが起こる
「体、特に内臓は体温が一定に保たれることで本来の機能を発揮するもの。なので内臓が冷えると、全身のあらゆる不調につながります。食事の消化・吸収力も低下するので、きちんと食べているつもりでも栄養素不足に陥ることが」(髙瀬先生)


Q 夏冷えを放置すると秋にどうなる?

A.秋バテになりやすい
「夏に冷房冷えや内臓冷えを起こし、体温調整に大量のエネルギーを消費してしまいます。すると夏を乗りきっても、秋になって"秋バテ"になる可能性があります。夏冷え放置は絶対にNG!」(川嶋先生)



MAQUIA10月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) ヘア&メイク/yumi〈Three PEACE〉 古本和重〈&'s management〉 スタイリスト/金山礼子 加藤万紀子 モデル/辻元 舞 取材・文/摩文仁こずえ 和田美穂 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

オリジナルサイトで読む