1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. ドイツ・ケルンに恋をする。人気の観光地「ケルン」のおすすめスポット

ドイツ・ケルンに恋をする。人気の観光地「ケルン」のおすすめスポット

  • 2019.8.21
  • 445 views

ドイツで人気の観光地「ケルン」。ベルリン、ハンブルグ、ミュンヘンに次いで、国内で4番目に大きなドイツを代表する大都市のひとつです。「ケルン大聖堂」がよく知られていますが、30以上の博物館や100以上の美術館が点在するアーティスティックでアカデミックな街でもあります。

目次

  1. ケルン観光で絶対に外せない「ケルン大聖堂」
  2. ケルンはオーデコロン発祥の地「ファリナハウス香水博物館」
  3. お土産にもいいかも!! 「チョコレート博物館」
  4. ケルン観光は、「ケルンカード」を上手に活用しよう!

ケルン観光で絶対に外せない「ケルン大聖堂」

ケルン・夜景
ケルンの夜景

世界遺産に登録されている「ケルン大聖堂」は幅86m、高さ157m、そして奥行きは144mあるゴシック様式の世界最大の大聖堂です。2007年には美しい市松模様のステンドグラスが造られ、とてもフォトジェニックなスポットです。

ケルン ホーエンツォーレルン橋
ケルン ホーエンツォーレルン橋

「ケルン大聖堂」は大きく、近くに寄ると写真に収まりきらないので全体像を撮影したい人は「ホーエンツォレルン橋」や、橋を渡った先にある「ケルントライアングル・パノラマ」から撮影するのがおすすめです。特に撮影にベストな時間帯はケルン大聖堂がライトアップされる日没後。ロマンチックで美しいケルンの街並みをいつまでも眺めていたくなりますよ。

■ケルン大聖堂

住所:
Domkloster 4, 50667 Kol

ケルンはオーデコロン発祥の地「ファリナハウス香水博物館」

ケルンは香水の種類のひとつである「オーデコロン」の発祥地です。「オーデコロン」という言葉はフランス語で「ケルンの水」を意味しています。

この投稿をInstagramで見る

Farina Cologneさん(@farina_cologne)がシェアした投稿 –

「ファリナハウス香水博物館」は、オーデコロンの歴史や製造過程を学べる博物館です。見学には事前の予約が必要でドイツ語、英語など複数言語が選択可能です(日本語はなし)

ケルン ファリナハウス香水博物館
ケルン ファリナハウス香水博物館 photo by Franklin Heijnen

ミニ香水のお土産付き見学ツアーが5ユーロと格安なのでぜひ参加してみましょう!! 人気香水ブランド「4711」の商品を取り扱っているので、お土産にもいいですね。

■ファリナハウス香水博物館

住所:
Obenmarspforten 21 50667 Koln

お土産にもいいかも!! 「チョコレート博物館」

この投稿をInstagramで見る

Schokoladenmuseum Kölnさん(@schokoladenmuseumofficial)がシェアした投稿 –

ライン川のほとりに浮かぶ小島に建つ「チョコレート博物館」は、その名の通りチョコレートの製造過程や歴史などを学べる場所で、出来たてのチョコレートが試食できます!

ケルン チョコレート博物館
ケルン チョコレート博物館 photo by Daniel Farrell

館内のショップには入場券がなくても入れるため、お土産探しにも最適です。博物館内にはカフェもあるので、美しいライン川を眺めながら美味しいホットチョコレートでひと休みするのもいいかもしれませんね。

■チョコレート博物館

住所:
Am Schokoladenmuseum 1a 50678 Koln

ケルン観光は、「ケルンカード」を上手に活用しよう!

ケルンドムの街並み
ケルンの街並み

ケルンは世界で3番目に多くピカソ作品を所蔵している「ルートヴィヒ美術館」、絵本に登場しそうな可愛いらしい街並みの「ケルン旧市街」など見どころが満載です。
短い滞在期間でもできる限りたくさんの場所を訪れたいという方には、便利なアイテム「ケルンカード」の購入がおすすめです。購入してから24時間または48時間有効で、市内の交通機関に乗り放題、さらに観光施設への入場割引特典が付いているというとってもお得なパスです。市内のホテルや観光案内所、公共交通機関の券売機で購入でき、価格は24時間有効カードが9ユーロ、48時間有効カードが18ユーロです。グールプで使えるカードもあるのでウェブサイトで確認してみてくださいね。上手に使ってケルン観光を楽しみましょう!!

魅力的な街ケルン。ドイツを周遊する際はぜひ、ゆっくりと散策してみてくださいね!

この記事は2017年7月28日に公開されたものを編集したものです。

オリジナルサイトで読む