1. トップ
  2. グルメ
  3. 軽井沢の朝食専門カフェ「キャボットコーヴ」/鳥の声を聞きながら、テラス席でモーニングを♪

軽井沢の朝食専門カフェ「キャボットコーヴ」/鳥の声を聞きながら、テラス席でモーニングを♪

  • 2019.8.9
  • 3167 views

しなの鉄道の信濃追分駅から車で約10分。追分の静かな別荘地の一角に「キャボットコーヴ」があります。森の中に建つコテージを思わせるこちらのカフェは、朝6時半からアメリカンスタイルのおいしい朝食とコーヒーが楽しめると評判です。「ホップオーバー」というプクッと膨らんだかわいいパンもありますよ。

軽井沢の朝食専門カフェ「キャボットコーヴ」/鳥の声を聞きながら、テラス席でモーニングを♪
軽井沢の朝食専門カフェ「キャボットコーヴ」/鳥の声を聞きながら、テラス席でモーニングを♪
森の中でいただく、とっておきの朝ごはん
軽井沢の朝食専門カフェ「キャボットコーヴ」/鳥の声を聞きながら、テラス席でモーニングを♪
オープンは6:30~12:30。朝食専門のカフェ

「キャボットコーヴ」は、いまではすっかり定着した軽井沢の朝食スタイルの先駆者的存在。“わざわざホテルや別荘から朝食を食べるために出かけ、ゆったりとした気分で朝食を楽しむ” 今から10年以上前にこんな贅沢な時間の過ごし方を提案したのは、店主の出口清人さんです。

軽井沢の朝食専門カフェ「キャボットコーヴ」/鳥の声を聞きながら、テラス席でモーニングを♪
店主の出口清人さんと惠子さん。息の合ったお二人

出口さんは40年ほど前に住んでいたアメリカ北東部メイン州のニューイングランドで食べた朝食が忘れられず、いつか同じスタイルのカフェを開きたいと思い続けてきたそう。
それから長い年月をかけ、ようやくカフェをオープンしてから今年で11年が経ちました。

軽井沢の朝食専門カフェ「キャボットコーヴ」/鳥の声を聞きながら、テラス席でモーニングを♪
アメリカンスタイルの店内

店内で使われているイスは現地のカフェで使われているポピュラーなもので、いつかカフェがオープンした時に使おうと30年前に購入して出番を待っていたもの。大テーブルや照明器具も、出口さんが家で使っていたものです。
自宅にいるように寛げるのは、こんな家具に囲まれているからかもしれません。

鳥のさえずりがBGMのテラス席
軽井沢の朝食専門カフェ「キャボットコーヴ」/鳥の声を聞きながら、テラス席でモーニングを♪
爽やかな空気と光を感じるテラス席

店内の落ち着いた雰囲気も魅力ですが、やはり人気はテラス席。木立ちの緑を眺めながらの朝食は、心と体をリフレッシュさせ、その日一日を気持ちよく過ごせそうな気分にさせてくれます。
初夏には、木に取り付けた巣箱からシジュウガラが巣立つ瞬間を見られることもあるそうですよ。

ニューイングランドスタイルの朝食をいただきましょう
軽井沢の朝食専門カフェ「キャボットコーヴ」/鳥の声を聞きながら、テラス席でモーニングを♪
「ホップオーバーとボウルスープ」。コーヒーや紅茶は食事と一緒にオーダーすると100円引きになる

お店の人気メニューは、ニューイングランドらしいメニュー「ホップオーバーとボウルスープ」(1200円)です。「ホップオーバー」とは、ベーキングパウダーを使わずに卵のみで膨らませたパンで、メイン州ではポピュラーなもの。プクッとした形が何ともユニークで、記念撮影をする人も多いのだとか。
スープは日替わりで、なかでもクラムチャウダーがおいしいと評判です。

軽井沢の朝食専門カフェ「キャボットコーヴ」/鳥の声を聞きながら、テラス席でモーニングを♪
見た目もかわいい「パンケーキセット」

このほか、ブルーベリー、バナナ&ピーカンナッツ、プレーンから2種類選べる「パンケーキセット」(1200円)や「エッグベネディクト、ホームフライ付」(1100円)など、魅力的なメニューがずらり。

また、メイン州にある人気のコーヒー会社「Coffee By Design」によるカスタムブレンド(600円)や、店のオープン10周年を記念して作られた、深煎りの「アニバーサリーブレンド」(700円)など、ポットにたっぷり入れてサーブされるコーヒーもおすすめです。

森の中のカフェに、贅沢な時間を過ごしに行きませんか。

元記事で読む