1. トップ
  2. ダイエット
  3. コーヒーを飲むことで肥満防げる!? 秘密は「褐色脂肪細胞」にあり!

コーヒーを飲むことで肥満防げる!? 秘密は「褐色脂肪細胞」にあり!

  • 2019.8.9
  • 2547 views
テイクアウトのコーヒー

「褐色脂肪細胞」の働きでダイエット?

カップに注がれるコーヒー

脂肪というと、あまり体に蓄えたくないというイメージがありますが、むしろ健康によい効果がありそうだと注目されているのが、「褐色脂肪細胞」です。単に「褐色脂肪」、または「褐色脂肪組織」と呼ばれることもあります。
もうひとつの脂肪細胞である「白色脂肪」が脂肪を蓄えるのとは反対に、糖と脂肪を燃やして熱を作り、多くの場合、寒さに対抗するために、体を温めているのです。

褐色脂肪細胞は、その働きを高めることで余分なカロリーを燃やしてくれるので、ダイエットにつながるのではないかと考えられています。しかも、血糖値や血中脂肪を減らしてくれる可能性もあるとされ、肥満や糖尿病が社会問題となる中で関心を集めています。

しかし、この褐色脂肪細胞、食べ物で刺激できるとわかっていますが、どのような栄養素(成分)が有効なのかはまだはっきりしていません。
そこで、英国ノッティンガム大学などの研究グループが着目したのはコーヒーに含まれているカフェイン。今回、ダイエットやカロリーの燃焼にカフェインがどのような効果を発揮するのかを分析しました。

首の辺りを温める効果

カフェでコーヒーを飲む女性たち

研究グループは実際に脂肪の細胞を作って、カフェインへの反応を調べました。すると、細胞が熱を作り出していることが確認できたそう。
その上で、研究グループは、人の体の中でも首周りに褐色脂肪細胞が集まっていることから、コーヒーを飲んだときの首周りの熱の変化を調べました。参加してもらったのは、健康なボランティア9人。平均的な体格で、肥満ではありません。
200mlの水またはコーヒーを飲んでもらい、首の周りの温度を赤外線サーモグラフィーで測定。そうして確認できたのは、コーヒーを飲んだ人だけが首の周りの褐色脂肪細胞の温度が上がったそうです。

研究グループによると、こうして1杯のコーヒーで、褐色脂肪細胞の熱の変化を観察したのは初めてとのこと。カフェインの働きか、そのほかの成分かははっきりとしないのですが、コーヒーを飲むことで、こうした熱を燃やす効果があるのは確かそうです。
こうしたことから、コーヒーを飲むことがダイエットなどにつながるのかもしれません。

<参考文献>

Sci Rep. 2019 Jun 24;9(1):9104. doi: 10.1038/s41598-019-45540-1.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31235722

A new study finds that drinking a cup of coffee could have a direct effect on the body’s brown fat functions
https://www.nottingham.ac.uk/news/brown-fat-and-coffee

文/星良孝

元記事を読む