1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お料理上手になりたいなら要チェック♡切れ味抜群でおしゃれな「藍包丁」

お料理上手になりたいなら要チェック♡切れ味抜群でおしゃれな「藍包丁」

  • 2019.8.7
  • 3577 views

「藍包丁」とは、大阪・堺の老舗「山脇刃物製作所」で作られた刃に、徳島で藍染めした柄と鞘を組み合わせたプロダクト。柄と鞘には水場で使用しても傷みにくいヒバ材が採用され、そこに抗菌・消臭・防虫効果があるとされる藍染めを施すことで、衛生面・デザイン面の両方に優れたアイテムが誕生しました。

日本の職人技を掛け合わせた包丁

日本刀鍛冶をルーツにもつ大阪・堺の老舗「山脇刃物製作所」の刃に、徳島で藍染めした柄と鞘を組み合わせた「藍包丁」。日本の職人技を組み合わせることで生まれる新しい価値を提供しているプロダクトです。小ぶりで使いやすいペティナイフから、お刺身がきれいに切れる柳刃包丁まで、豊富な種類が揃っています。

水場で使用しても傷みにくいヒバ材を使用

藍染めを施している柄と鞘は、ヒバ材でできています。ヒバとは、よくお風呂などにも使われるヒノキよりも不朽性に優れ、水場で使用しても傷みにくい木材。そこに抗菌・消臭・防虫効果があるとされる藍染めをプラスすることで、雑菌が繁殖しやすい環境で使う包丁の衛生状態を保ってくれます。鞘をはめて置いた時に、両端に向かって淡くなっていくグラデーションが美しく、機能性とデザイン性の両方を兼ね備えた包丁です。

錆びにくさと切れ味が両立するコバルトステンレスシリーズ

数あるラインナップの中でも特におすすめしたいのが、切れ味と錆びにくい刃、程よい装飾性の3点を実現した、コバルトステンレスの包丁。包丁は硬ければ硬いほど切れ味が増しますが、錆びにくいステンレスはやわらかいため、これまでは切れ味と錆びにくさを両立させることが難しいとされていました。そこで採用されたのが、最新の鋼材であるコバルトステンレス。硬度が高く耐摩耗性に優れ、切れ味抜群です。

こちらは、家庭で最も活躍する「三徳包丁」。その名は、肉・魚・野菜に対応できる三つの徳があることに由来しています。刃の幅が広いので、キャベツなどの大きめの野菜を切るのも楽ちん。藍包丁を暮らしに取り入れる際の、最初の1本におすすすめです。

コバルトステンレス
三徳 25,000円(税込)
専用ケース付き 35,000円(税込)

ミニマルで使いやすいぺティナイフはギフトにも最適

こちらは、三徳包丁よりも3cmほど刃渡りが短く、野菜の皮むきやフルーツカットに適したペティナイフ。ミニマルで使いやすいので、ギフトとしても最適です。コバルトステンレスのシリーズは、刃の表面に「ダマスカス紋様」と呼ばれる独特な模様が浮かびあがっていて、高級鋼材の美しさを感じることができます。また、お尻部分がななめにカットされたシャープなデザインもポイント。

コバルトステンレス
ペティ 23,000円(税込)
専用ケース付き 33,000円(税込)

毎日のお料理の時間に活躍します

藍包丁は藍染めの上から防水コーティングが施されているので、藍染めが染み出たり、抜け落ちることがありません。いつまでも衛生面とデザイン性を保ち、毎日のお料理の時間に大活躍してくれることでしょう。

今回はコバルトステンレスの包丁をご紹介しましたが、他にも、更に切れ味が鋭いハガネ系の包丁なども揃っています。鞘付き・鞘なしも選べるので、暮らしに合わせてチョイスしてくださいね。

writer / ひの photo / 藍包丁

取材協力

藍包丁
https://editjapan.theshop.jp

元記事を読む