1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 作り置きしたいと思ったら…買うべき「良コスパ食材」3選と活用のしかた

作り置きしたいと思ったら…買うべき「良コスパ食材」3選と活用のしかた

  • 2019.8.5
  • 21081 views

忙しい女性にとって作り置きできるおかずはとても重宝しますよね。そんな作り置きにぴったりで、しかもコスパがいい食材を紹介します。

大根は葉つきがおすすめ!

大根は水分が多いわりに日持ちがする食材です。とくに冬の大根は甘みもたっぷりあって、1~2週間冷蔵庫で保存できるほどコスパのいい食材ですよ。

そして大根を買うときにはぜひ葉つきの大根を買うのがおすすめです。大根の葉っぱはビタミンや食物繊維が豊富で、栄養たっぷりの食材なんです。鮮やかな緑色の葉っぱは、おひたしにしたりごま油と炒めたりしても美味しくて、彩野菜として重宝します。

スーパーなどでは、根っこの白い部分が日持ちするように、葉っぱは切り取られて売られていることが多いのですが、直売所などでは葉つき大根を多く見かけますよ。

保存するときは、葉っぱの部分は切り取ります。調理してから作り置き保存することもおすすめですし、生のまま細かく刻んで保冷パックにいれて冷凍保存することもできるのでコスパは最強ですよ。

切り干し大根の乾物

乾物は保存食として重宝しますが、なかでも切り干し大根はコスパのいい乾物です。定番の煮物としてたくさん作っておき、熱をとって冷蔵庫で1週間ほど作り置きできますし、汁けを軽く絞れば小分けにして冷凍保存もできますよ。

お弁当のおかずとしても重宝するコスパのいい食材です。また煮物だけでなく、乾物の切り干し大根を水で戻し、マヨネーズとポン酢で味付けすれば、さっぱりした切り干し大根サラダの出来上がりです。短時間でとても簡単に出来るので、一度試してみることをおすすめします。

卵は日持ちがして栄養価が高い!

スーパーで安く手に入る食材の王様と言っても過言ではない「卵」も、作り置きに適した食材のひとつですよ。

生卵の状態でも、2週間ほど冷蔵保存できますし、煮卵にしても4~5日ほどは冷蔵保存可能です。お弁当の作り置きおかずのひとつとして重宝するのが、卵焼きの冷凍保存です。水分が多い卵焼きは、解凍したときに食感が悪くなってしまうので、しっかりと中まで火を通した卵焼きにするのがポイントとなります。

どうしてもだし巻き卵を作りたい時は、顆粒タイプの出汁を使って作るといいですよ。また保水力の高い片栗粉と砂糖を加えて、甘い卵焼きにするのも冷凍向きです。甘い卵焼きが苦手な人は、マヨネーズやお酢を代わりに使ってもやわらかい冷凍向きの卵焼きを作れます。

安いときにまとめ買いすればコスパ最高!

作り置きに適している食材は、安売りの時にたくさん買っておくのがいいですよね。たくさん買うと使い切れずに困ってしまうと言った場合は、冷凍保存をうまく活用してコスパ最強にしましょうね。

元記事を読む