1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 掃除嫌い必見!「ながら掃除」で週末の掃除時間を大幅短縮!

掃除嫌い必見!「ながら掃除」で週末の掃除時間を大幅短縮!

  • 2019.8.4
  • 16577 views

掃除が嫌いでも放っておくと部屋が汚れて、誰も呼べない状態になってしまう、ということはあります。そんなときには、少しずつながら掃除をするだけでも掃除時間を短縮できます。

床掃除はちょっとした時間に

部屋が汚れると気になるのが、床の状態です。放っておくとホコリが溜まってしまうということはよくあります。毎日掃除機をかけるのは大変ですので、ちょっとした時間にながら掃除をするだけでも、掃除時間を減らせます。

用意するのは、ハンディモップとフローリングモップです。ハンディモップはパソコンをつけた時の起動時間を使ってさっと棚の上を掃除したり、お茶やコーヒーを飲む前にお湯を沸かすときの時間にフローリングモップをかける、というちょっとした時間に掃除をするだけでも目立つ埃は無くなります。
ただし、モップを片付けてしまうと出すのが面倒くさくなってしまうため、手の取りやすい場所においておくことがポイントです。

キッチン周りのながら掃除

キッチンのシンクも汚れが溜まりやすい部分です。そんな汚れを改善する場合には、食器洗いのついでに洗ってしまいます。
活用できるのが、肉や魚などを包んでいるラップです。食器を洗い終わった後に、取っておいたラップでシンクをこするだけで汚れが綺麗に落ちます。

使用済みのラップはちょうどいい掃除道具になるため、手軽ながらも綺麗にシンクの汚れを取ることが可能です。夕食後、ちょっとやるだけでも汚れが溜まりにくくなり、掃除の手間が減ります。

洗面所のながら掃除

洗面所も汚れやすい場所ですが、これもながら掃除してしまえば、汚れを溜めにくくなります。
ながら掃除としてオススメなのが、歯磨きをしながら掃除を行うということです。歯磨きをしながらスポンジで軽く洗面台をこするだけでも汚れは溜まりにくくなります。

朝か夜に洗面台を軽くこすり、蛇口まわりもさっと掃除するだけで水垢や石鹸の飛び散りなどの汚れが減ります。毎日掃除すればその分汚れがつきにくくなり、大掃除の時間が短縮することが可能です。

簡単な風呂掃除方法

風呂掃除は、シャワー後に行います。風呂の汚れの原因は、シャンプーや石鹸の残りカスとそれを食べて繁殖するカビです。
それを防ぐためには、シャワー後に冷水を使って浴室全体を洗い流します。冷水で洗い流すことによってシャンプーや石鹸カスを洗い流すことができ、カビの餌を除去することができます。また、浴室全体の温度を下げることによってカビが繁殖しにくい温度にできるというメリットがあります。
冷水で汚れを流した後は、換気をしっかり行うというのもポイントです。

元記事を読む