1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 文房具からコスメまで!マスターしたい「引き出し収納」のコツとは?

文房具からコスメまで!マスターしたい「引き出し収納」のコツとは?

  • 2019.7.27
  • 23238 views

文房具やコスメ用品などの収納に引き出しを利用する人は多いと思います。「もっと便利な引き出し収納にしてみたい!」とお悩みの人のために、今回はリビングやデスク収納、キッチン、洗面所など場所を選ばず使える引き出し収納のコツをご紹介していきます。

ものを失くしにくく、管理しやすい収納作りを目指している人は、ぜひご覧になってみてください。

小さな雑貨類を収納するのに便利な、引き出し収納

引き出しに「仕切り」を作るといっそう便利に

見やすく、物を失くしにくい引き出し収納にしたい場合は、引き出し内に仕切りを作るのがオススメです。

例えば、こちらの引き出し収納では「無印良品」のPPデスク内整理トレーを利用することで、電卓やカッターなどの文具類を見分けやすくしています。

こちらの収納例では、リモコンやコード類を引き出しにしまうのにトレーなどを利用することで、引き出しの中で埋もれて分かりにくくなってしまうのを防いでいます。

また、どこかに置いて忘れてしまいやすいティッシュボックスも引き出しに入れておくことで、紛失するのを防いでいます。

コスメ用品の収納場所を引き出しに決めている人は多いと思いますが、こちらの収納例のように種類ごとに区分けすることでより管理しやすくなります。

仕切りとして使われているのは、「無印良品」のPPメイクボックスのほか、アクリル製のケースなどシンプルでかさばりにくいものを利用しています。

アクセサリー収納で「ネックレス類が絡まってしまって困る」「ピアスやリングなどの小さいものを失くしやすい」という人にも、仕切りを使った引き出し収納はオススメです。

こちらの収納例では、「無印良品」のアクセサリー収納用のベロア内箱仕切りを使うことで、ネックレス類が絡まらず、また、小さなアクセサリーを紛失しにくくすることができます。

使い勝手の良さを追求した、キッチンの引き出し収納

「区分けする」ことと「かさばらない」に注目

物が増えやすいキッチン収納のコツは、「区分けする」ことと「かさばらない」ことに注目するのがポイントです。

例えば、こちらの収納例ではウェットティッシュ、ハサミなどの文具類、電卓や懐中電灯、説明書と種類ごとに置き場所を分けています。

また、文具類はトレーを使うことでさらに細かく分け、使いたい時にすぐに見つけて取り出せるようにしています。

お箸やスプーンなどのカトラリー類も、引き出しにトレーを使うことで見分けやすく探しやすい収納にすることができます。

このとき、使うトレーは実例のようにスッキリとした、シンプルなものにすることで、より細かく区分けしやすくなります。

雑貨類やカトラリーと同じように、計量スプーンなどのキッチンツールも引き出しにしまっておきたい場合は、ケースを使った区分け収納にすると便利です。

こちらの収納例では、持ち手が少しはみ出るくらいの白いケースを仕切りに使うことで、見分けやすく取り出しやすいようにしています。

こちらの収納例では、ポリ袋や輪ゴムの収納に中身を取り出しやすいプルアウトボックスを使用しています。

また、空いたスペースには、トレーを設置してピーラーなどのキッチンツールを収納できるようにするなど、デッドスペースを生まない工夫もしています。

調味料や小麦粉などを見分けやすい収納したいときは、ボトルのデザインを統一するのがオススメです。

例えば、こちらの実例ではコンソメやだしの素、鶏ガラは丸いボトルに、小麦粉やマカロニなどのストックには丸い蓋の瓶にすることで見分けやすくしています。

また、空いたスペースはファイルボックスなどを設置することで、無駄のない引き出し収納にしています。

シンク下やレンジ台などの引き出しには、インナーボックスを利用した区分け収納が有効です。

こちらの収納例では、「無印良品」のハーフボックスなどをインナーボックスとして利用し、種類ごとに区分けして管理しやすくしています。

どうしてもかさばりがちなフライパン収納も、こちらの収納例のようにスタンドなどを利用して蓋とフライパンに分けてしまうことで、管理しやすくすることができます。

さらに、フライパンや蓋を縦置きにすることで、スッキリとした見た目になり、調理時にすぐに取り出しやすくなります。

野菜室や冷凍庫の中身がどうしても散らかりがちな人は、こちらの収納例を参考にしてみてください。

冷凍庫内にインナーボックスを設置して食品の種類ごとに区分けたり、下ごしらえした食材をネームラベル付きタッパーに入れたりしています。

かさばりにくくなるので、どこになにがあるのか一目で分かるようにしています。

小物引き出し収納ボックスを利用して、収納場所を増やす

狭い場所でも設置でき、スペースを無駄なく利用できる

リビングの収納にちょっとした小物をしまえるスペースを確保したい時に便利なのが、「無印良品」のPP小物収納ボックスです。

コンパクトで場所を取らず、カッター類などの文房具もすっぽり収まりやすいので、小さな雑貨類の収納に活躍してくれます。

また、小物収納用の引き出し収納はコンパクトサイズのものが多く、キャビネットなどにできた空きスペースにも設置しやすいのも魅力です。

こちらの収納例では、「無印良品」のPP小物収納ボックスを複数使うことで、無駄のない収納スペースにしています。

こちらのシンクした収納では、引き出し収納ケースのほか、ファイルボックスなどを利用して空きスペースを生まないよう工夫しています。

このように別の収納グッズと合わせて使いやすいのも、小型の引き出し収納ケースの魅力と言えます。

また、洗面所など収納スペースが限られやすい空間にも、小型の引き出し収納は非常に有効です。

こちらの収納例では、オープンラックに様々なサイズの引き出し収納を設置することで、無駄なく、かつグッズごとに管理しやすくしています。

そのほか、憶えておくと役立つ引き出し収納のコツ

「管理しやすく、取り出しやすい」ことに注目

引き出し収納をより使いやすくしたい場合は、ラベルを上手く使いましょう。

こちらの実例では、引き出し部分に洋服や帽子などのラベルを貼り付けることで、子どもでもどこに何がしまってあるのか分かりやすくしています。

タオル類の収納も、引き出しにする場合は横置きでなく縦置きにする方がより多くのタオルをしまえます。

こちらの収納例でも、タオルを縦置きにすることで取り出しやすく、かつフェイスタオルと手拭きタオル2種類を一か所の引き出しに収納できるようにしています。

アクリル製の収納ケースは、中身が見えやすいのですぐに何が収納されているか分かりやすいのが魅力です。

さらに、こちらの収納例のように仕切りケースを併用することで、中身が乱雑にならずスッキリと整頓しやすくなります。

普段身に着けない時計やアクセサリーを引き出しなどに保管しておきたいときは、こちらの収納例が役立ちます。

一つひとつジッパー付きの袋に入れておくことで管理しやすく、経年変化による金属部分の酸化や変色を防ぐことができます。

まとめ

今回は、文房具からコスメ用品まで、細かい雑貨を管理しやすくする引き出し収納のコツをご紹介していきました。

種類ごとに「区分け」をして、「かさばりにくく」「探しやすい」収納にすることが、使い勝手の良い引き出し収納にするためのコツです。

引き出し収納でお困りの人は、今すぐ今回のまとめを参考にして改善してみてくださいね。

オリジナルサイトで読む