1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性の執着心を倍増できる「ザイアンス効果」の賢い使い方

男性の執着心を倍増できる「ザイアンス効果」の賢い使い方

  • 2019.7.23
  • 57982 views

「男性に執着されたい」と思ったことがありますか?

「執着=愛情」とは限りませんが、少なくとも「全く興味がない」より「執着されている状態」の方が、彼の関心は惹けています。

では、男性の執着心を煽るほど男性の関心を惹くにはどうすればいいのでしょう?

ここでは、彼の執着心を煽れる「ザイアンス効果」の賢い使い方を紹介していきます。

ザイアンス効果とは?

「ザイアンス効果」とは、繰り返し接点を持つことで、自然と好意や親近感が増していく心理のことで、「単純接触効果」とも言います。

たとえば、こんな例があります。

3カ月に1回、たった3~4時間だけ会う美容師さん。

1年に4回、合計16時間しか会いません。

でも、自分を担当していた美容師さん(女性)と結婚する男性がいます。

美容師さん(男性)を好きになる女性もいます。

なぜ、1年に4回(16時間)しか会わない美容師を好きになるのでしょう?

それは、ザイアンス効果が働いたからです。

定期的に会う間柄になることで、自然と親しみや好意が湧いてくるのです。

・明日から1日4時間×4回、デートすることになった男性

・明日1日16時間だけ、デートすることになった男性

同じ16時間のデートなら、1日で済ませるより、4回に分けた方が仲良くなれる確率は高いのです。

ザイアンス効果を賢く使うならこの2つのポイントを覚えておきましょう。

・1回の時間は短くても良い

・回数の多さが重要

恋愛に「ザイアンス効果」を取り入れるには?

こんな方法が効果的です。

・LINEの文章を細切れにする

たとえば、デートの後、

「今日はごちそうさま。楽しかった。またご飯行きたいね。今度は私にもご馳走させてね!もう家着いた?」

とたくさんの用件を一度に送るのではなく、

女性「今日はごちそうさま。楽しかった。またご飯行きたいね」

男性「どういたしまして。そうだね。またご飯行こうね」

女性「今度は私にもご馳走させてね」

男性「じゃあ、焼肉でw」

女性「www。了解!。美味しい焼き肉屋さん探しておいてね~。そろそろ家着いた?」

男性「まだ電車だよ~」

このように細切れにして送ることで、彼との接点を3倍に増やすことができます。

1回のやり取りで終わるより、より親密度が増すものです。

キャバ嬢が太客にやっている「ザイアンス効果」とは?

営業が上手いキャバ嬢は、お客さんに「10分でもいいから来て」と言います。

たとえあと30分で閉店だったとしても、男性が「すぐ帰らなきゃいけないから」と言ったとしても、「顔がみたい」「ちょっとでも会いに来て欲しい」と甘えるのです。

これをすることで、ザイアンス効果が働き、男性はどんどんそのキャバ嬢にハマっていくのです。

彼女に会うことが「日常化」していき、強烈な親近感や好意を持つようになるのでしょう。

まとめ

「ザイアンス効果」の賢い使い方とは、この3つです。

・回数を細かく重ねると好感が増す

・LINEをマメにすることでザイアンス効果を得やすい

・たとえ「10分でも会いたい」と言うことで、より親密な関係になりやすい

心理学は、賢く使ったもの勝ちです。

あなたも心理学を上手く使って、気になる彼との関係を発展させてくださいね。

元記事を読む