1. トップ
  2. グルメ
  3. 「オリガミ」の新名物は、ラグジュアリーな“牛丼”!

「オリガミ」の新名物は、ラグジュアリーな“牛丼”!

  • 2019.6.16
  • 348 views


「オリガミ」の新名物は、ラグジュアリーな“牛丼”!
2019.06.16 17:00
ザ・キャピトルホテル 東急に、とびきりラグジュアリーな「キャピトル牛丼」が登場。6月16日(日)から、オールデイダイニング「オリガミ(ORIGAMI)」で販売をスタートする。

キャピトル牛丼 ¥4,600(税・サービス料別)

【さらに写真を見る】「オリガミ」の新名物は、ラグジュアリーな“牛丼”!



「キャピトル牛丼」は、「オリガミ(ORIGAMI)」のシェフたちが試行錯誤を繰り返し、時間をかけて作りあげた自慢の逸品だ。


主役となる肉は、厳選された黒毛和牛を使用。キメが細かくツヤのある霜降りリブロースは、肉の旨味と脂身の濃厚な味が魅力で、肉自体の風味をもっとも堪能できる。大判2枚、約150gの迫力の見た目とは裏腹に、箸で切れるほど柔らかい繊細な味わいだ。牛丼のイメージが覆されること間違いないだろう。


肉の旨味を一層引き立てるこだわりの割り下には、隠し味として赤酒を使用。紹興酒を思わせる芳醇な香りとすっきりとしたキレのよい甘味が特長で、ふっくらとした仕上がりと美しい艶を実現した。


肉の味を最大限に楽しんでほしいという思いから、具材は極力シンプルに肉と玉葱のみ。淡路島産の新玉葱など、時期に合わせて仕入れる玉葱はやさしい甘さと食感がアクセントとなっている。


付けあわせには、自家製ピクルス、柚子果汁と刻んだ皮を加えることで爽やかに仕上げたコンソメスープも用意している。また、コンディメントの温泉玉子・山葵・七味唐辛子・柚子胡椒で、味わいの変化を楽しむことも。


ほどよい酸味のある赤ワインとも好相性なので、ランチタイムはもちろん、ディナータイムに堪能するのもおすすめだ。ロイヤルコペンハーゲンの器で提供する珠玉の一杯は、「オリガミ(ORIGAMI)」の新たな名物になりそうだ。

 

キャピトル牛丼 
提供開始日/2019年6月16日(日)
提供場所/オールデイダイニング「オリガミ(ORIGAMI)」 ザ・キャピトルホテル 東急 3F
提供時間/ランチ11: 00~14:30 LO、ディナー18:00~21:30 LO 
料金/4,600円
・税・サービス料別
・自家製ピクルス、コンソメスープ、コンディメント(温泉玉子、山葵、七味唐辛子、柚子胡椒)付き 
 ・仕入れの状況により内容が変更になる場合あり
予約・問い合わせ先/03-3503-0872 (オリガミ直通)
https://www.tokyuhotels.co.jp/capitol-h/restaurant/origami/plan/38269/index.html 

オリジナルサイトで読む