1. トップ
  2. おでかけ
  3. 海と森に抱かれた美しい木組みの絶景カフェ!熱海「コエダハウス」

海と森に抱かれた美しい木組みの絶景カフェ!熱海「コエダハウス」

  • 2019.6.14
  • 5819 views

JR熱海駅から車を走らせること約15分。バラやハーブ、四季の花々に囲まれた20万坪の広大な敷地に建つ「アカオハーブ&ローズガーデン」内にあるのは、オーシャンビューの絶景カフェ「COEDA HOUSE(コエダハウス)」です。 設計を担当したのは、オリンピックのメイン会場となる新国立競技場を手がける建築家、隈研吾さん。周囲の景色と溶け込ませたような建物で、ロケーションが良いのはもちろん、バラのアイスやローズティーなどフォトジェニックなメニューも話題です。海や森を眺めながら、贅沢なカフェタイムが過ごせますよ。

海と森に抱かれた美しい木組みの絶景カフェ!熱海「コエダハウス」
海と森に抱かれた美しい木組みの絶景カフェ!熱海「コエダハウス」
木の温もりが心地よい店内
海と森に抱かれた美しい木組みの絶景カフェ!熱海「コエダハウス」
木材と自然美が融合したアーティスティックな景観

「COEDA HOUSE(コエダハウス)」のコンセプトは、「人々が木の下に集う」。ラテン語の「集める」という意味を持つ「CO」と、小さな枝「EDA」が集まって大きな木になるイメージから名付けられました。

見た目は斬新なデザインですが、天然木の良さが伝わる心地よい空間。360度全面ガラス張りの室内には、明るい日差しがたっぷり降り注ぎます。

海と森に抱かれた美しい木組みの絶景カフェ!熱海「コエダハウス」
現在の耐震基準をすべてクリアした安心の設計

建物の中心部に設計された柱は、樹齢800年のアラスカヒノキを49層も積み上げたもの。また、床材には天然のアフリカケヤキがふんだんに使われています。

エアコンや電気の配線類などの人工物が隠されているのも、隈研吾さんによるこだわり。自然との一体感を実現するため、細かい工夫が散りばめられています。

木材の造形美を体感できる椅子
海と森に抱かれた美しい木組みの絶景カフェ!熱海「コエダハウス」
ことりっぷ

さり気なく置かれた家具も、より自然との一体感を追求したものばかり。椅子はすべて隈研吾さんのデザインで、視界を遮らないよう、背もたれは枠部分のみになっています。ぜひ腰掛けてみて、普通の椅子とはひと味違う造形美を体感してくださいね。

開放的な空間で味わう、オリジナルのメニュー
海と森に抱かれた美しい木組みの絶景カフェ!熱海「コエダハウス」
「バラのアイスクリーム」(600円)、「ローズジュース」(500円)、「熱海タルトフロマージュ」(300円)

お店のメニューは、アイスクリームやタルト、ドリンクがメイン。園内で食べられるように、軽めのメニューを提供するスタイルです。

ガーデン内に工房があり、タルトはその日の朝焼かれます。シーズンによって季節限定の味も楽しめるので、チェックしてくださいね。

みかんハチミツが爽やかに香るバウムクーヘン
海と森に抱かれた美しい木組みの絶景カフェ!熱海「コエダハウス」
「コエダクーヘン」(320円)

伊豆産のみかんハチミツを使用した「コエダクーヘン」も、ここでしか食べられない限定スイーツです。しっとり&ふわふわ。ハチミツとバターの香りがして、幸せな気持ちになります。

このスイーツをプロデュースしているのは、パティシエ世界大会 第3位の経歴を持つ藤井幸治さん。有名パティシエのスイーツを気軽に楽しめるなんて、嬉しいですよね。

箱に入った「コエダクーヘン」(1900円)もあるので、お土産におすすめです。

時間を忘れて楽しみたい、絶景フォトスポットの数々
海と森に抱かれた美しい木組みの絶景カフェ!熱海「コエダハウス」
様々な角度で絶景を楽しめる、階段状のテラスデッキ

テラスデッキも隈研吾さんによるデザイン。周りに遮るものが何一つなく、開放感抜群です!青く輝く海の絶景を存分に楽しんでくださいね。

元記事で読む