男性が「一緒にいて癒やされる」と思う女性の特徴

一緒にいて気をつかわずに、素の自分になれる相手は貴重な存在ですね。

好きなった相手や、付き合う相手がそういった人なら、これ以上に幸せなことはないと思います。

もともとの相性の問題もありますが、居心地のいい関係づくりは、意識の差でも作られるはず。

今回は、相手に「一緒にいたい」と思わせられるよう、男性が癒やされる女性の特徴について考えてみました。

相手を否定・批難しない

誰しもが自分なりの考え、感じ方を持っているものです。それは自分らしさ、個性ともいえるでしょうか。

それを否定せず、どのように受け止められるかは、相手にとっての居心地の良さを作り出すと思います。

たとえば食事先ひとつ取っても、彼がいま何を食べたがっているのか。お腹は空いているのか――。そうしたことに配慮しながら、彼の意見をいかに尊重してあげられるかは、彼の癒やしにつながるでしょう。

たとえば、彼がお腹がすいてラーメンが食べたいというのに、「私はすいてない」「ラーメンは食べたくない」と全面否定したり、歩み寄る気がゼロだったりする相手とは、一緒にいてもうんざりしてしまうでしょう。

自分を受け入れてくれる相手に、人は心を許すものです。彼が「こうしたい」といった意見は、自分が無理だというもの以外は、思いやりを持って受け入れてあげて。

たとえお腹がすいてなくてもラーメン気分じゃなくても、「じゃあちょっと歩いてお店探そうか」「ラーメンなら塩がいい!」などと、歩み寄れるポイントはあるはず。

それが意識できるだけでも、彼のなかであなたの存在感は際立ってくるはずですよ。

ありのままの姿をさらせる

相手が自分から、自分を見せるとは限りません。引っ込み思案で、受け身なタイプなら、相手を警戒しながら距離を図っていくでしょう。

そうした相手に効果的なのが、ありのままの自分をさらけ出すことです。

たとえば、自分の休日の過ごし方。相手とこの話題になったとき、相手との共通点が少しでもあれば、自分のことを話してみては。

「私もピアノ習いに行ってるんだ」「私も寝るの大好き」「そのお店なら、この前行ったよ」など。

できるだけ相手と気が合う、仲良くなりたい意志を持って、話をしてみて。

ムリに距離を詰める必要はありません。少しずつ、少しずつ、相手に合わせて、自分の話を織り交ぜながら話をしてみてください。

そうした気持ちは、きっと相手に伝わるはず。それが相手の心を許し、相手との居心地の良さを作り出すと思います。

些細なことにも感謝できる

人付き合いは、日々の積み重ねです。恋愛関係でもそれは同じ。

好きな人と一緒にいられるかどうかは、好きという気持ちだけでは、限界があるかもしれません。

相手が日々してくれていること、どんな小さなことでもしてくれたこと。

それに対して、その都度感謝の言葉を言えるかどうか、気持ちを込めて口にできるかどうかは、すごく大事です。

イヤなことがあっても、「ありがとう」というひと言で、気持ちが帳消しになることは多いもの。

嬉しいことも「どういたしまして」「こちらこそ」と、相手に対するお礼のひと言がいえるかで、感情は昂るでしょう。
そうした空間づくり、関係作りがうまい女性は、男性は一緒にいて癒やしを感じるのではないでしょうか。

おわりに

長い付き合い、結婚を考えるなら、一緒にいて癒やされる相手のほうがいいですね。

ぜひ、相手に「もっと一緒にいたい」と思わせられるよう、一緒にいるときはちょっと意識して、気をつけてみてください。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。