1. トップ
  2. おでかけ
  3. 大迫力!ホテル庭園内の能舞台で伝統芸能「夜神楽」開催

大迫力!ホテル庭園内の能舞台で伝統芸能「夜神楽」開催

  • 2019.6.10
  • 2509 views

広島県竹原にある「賀茂川荘」は、1500坪もの日本庭園が広がる日本の美しい和文化を愉しむ宿。今年4月にリニューアルしたばかりの、安芸の小京都・竹原の風情を残すホテルだ。

日本庭園には、ホテルには珍しく「月花殿」という能舞台があり、その舞台において、7月20日(土)、8月10日(土)・17日(土)の3日間限定で、広島の人気神楽団「津浪神楽団」による夏の恒例イベント「夜神楽」が開催される。

昨年は西日本豪雨の影響でやむなく中止となり、2年ぶりの復活公演となる。

農村の伝統芸能、神楽。「津浪神楽団」が伝承している神楽は「矢上系山県神楽」と言われるもので、大正時代に中国山地を超えて島根県から伝わったものなのだそう。神楽囃子の音色は、農村の持つ旧き良き原風景を鮮やかに蘇らせてくれることだろう。

宿泊者は無料で鑑賞可能となっており、「日帰り夕食付(飲み放題付)鑑賞券」大人4500円/小人2250円(ともに税込、食事は18:00から公演前まで)や、「鑑賞券」大人1500円/小人1000円(ともに税込)も用意されている。

開演は各日19:30から。予約は「賀茂川荘」のHPまたは電話にて受け付けている。

リニューアルオープン記念として、ご当地名物「瓦焼き会席」にワンドリンク特典が付いたオトクな宿泊プランなども用意されているので、大迫力の「夜神楽」を観に、広島へ夏の旅行に出かけてみては。

■「賀茂川荘」 住所:広島県竹原市西野町西湯坂445

元記事で読む