豆腐の人気レシピ50選!ダイエット&節約を叶える変幻自在の食材を使った絶品料理♪

豆腐の人気レシピを大特集!

豆腐はヘルシーでどんなおかずにも合う食材です。また、豆腐自体は炒め物にしたり煮物にしたりと、どのような料理にも使えるんですよ。

豆腐一丁はそれほど高くはないので節約にもなり、カロリーは100gあたり約60kcalと低カロリーなので、ダイエット食品としても人気があります。

今回は、そんな万能な豆腐の人気レシピをご紹介します。

豆腐の人気レシピ《メイン》

豆腐を使った人気のメイン料理はたくさんあり、絹ごしや木綿などを使い分けることでアレンジが効いてきます。

豆腐は和食によく合うので、出汁を使って味を十分に染み込ませて味わいましょう。

また、中華レシピなどにも豆腐はよく使われ、やわらかい食感と熱々の料理がたまりませんよ。

美味しい!麻婆豆腐

麻婆豆腐は子供にも大人気のレシピですね。たっぷりの豆腐を入れて、お好みで辛さを調整して食べましょう。

材料(3〜4人前)

ひき肉:150g 豆腐:1と1/2丁 ごま油:大さじ1 豆板醤:小さじ1〜お好み ニラ適量 A 生姜:1かけ A にんにく:1かけ A 長ネギ:1/2本 B 酒:大さじ2 B 醤油:小さじ2 B 甜麺醤:30g B 鶏がらスープの素:小さじ1弱 B 砂糖:小さじ2/3 水溶き片栗粉:大さじ2

レシピ

①豆腐はサイコロ状に切り、生姜・長ネギ・ニンニクはみじん切り、ニラは小口切りにしておきます。

②鍋に豆腐を入れて、かぶるくらいの水を入れて火にかけます。沸騰したら中火にして、約20秒ほどでそっとざるにあけて水気を切りましょう。

③フライパンにごま油を引いて、Aを入れて香りが立つまで炒めます。ひき肉を加えて色が変わったら、水150mlとBを加え強火で煮立てます。

④豆腐をそっと入れ、弱めの中火で約5分煮つめ、ニラを加えて火を止め、水溶き片栗粉を回しかけてとろみをつけます。再び強火にかけ、20秒程グツグツさせれば完成です。

小さなお子さんがいる家庭では辛さを控えめにしてくださいね。山椒をかけても美味しいですよ。

ゆし豆腐丼

ゆし豆腐は沖縄料理としても有名ですよね。

ゆし豆腐は購入できますが、自分でも作れるので試してみてくださいね。

簡単!豆腐丼

崩したお豆腐にだし醤油を混ぜて、ねぎ・胡麻・茗荷・梅・刻み海苔をトッピングしたものです。

全部混ぜて一気にいただく人気レシピですよ。

厚揚げでカサ増し!豚こまとたけのこの生姜焼き

生姜焼きに厚揚げを加えることで、ボリューム満点のレシピになります。

筍の食感と厚揚げのふんわり感が良いアクセントですよ。

高野豆腐のフライ

高野豆腐にパン粉をつけてあげることで、まるでお肉のような感覚になります。

高野豆腐は栄養もぎゅっと詰まっているので、時々食べたい食材ですね。

水切り不要!ふんわり豆腐ハンバーグ

豆腐ハンバーグは、通常のハンバーグよりもヘルシーにいただけます。

豆腐を加えることでふんわりと仕上がるので、病みつきになりますよ。

材料

鶏胸ひき肉:200g 豆腐:200g A パン粉:20g A 片栗粉:5g A 砂糖:小さじ1 A 鶏ガラスープの素:小さじ1/2 A 塩:ひとつまみ A 胡椒:少々 A すりおろし生姜:好みで すき焼きたれ:適量 きのこ(しめじ、えのき等):適量 トッピング:(温泉卵、小葱、白胡麻、糸唐辛子等)

レシピ

①Aを混ぜておき、鶏胸ひき肉・豆腐としっかり混ぜ合わせます。好きな大きさに成形します。

②フライパンを熱して油を引いて、タネを中火で片面こんがり焼きます。

③裏返しにし、蓋をして弱火で蒸し焼きにします。

④一旦ハンバーグを別皿に取り出し、余分な油をふき取ってきのこを炒めます。

⑤焼けたハンバーグを戻し入れ、すき焼きのタレを加えて、軽く煮詰めながら全体に絡めて完成です。

ソースは自分の好きなものを作ってみてくださいね。豆腐は木綿でも絹でもOKです。

豆腐のロールキャベツ

豆腐のロールキャベツは、ひき肉に豆腐を加えることでふんわりと仕上がります。

いつものロールキャベツと同じレシピなので、簡単にアレンジできますね。

ダイエットに!野菜と豆腐のトロトロ煮

たっぷりの野菜に、絹豆腐を加えて煮込んでいくだけの簡単レシピです。溶き卵を加えてトロトロに仕上げましょう。

豆腐クリームでヘルシーグラタン

豆腐グラタンは絹でも優しい味になり、木綿でもしっかりした味になりますよ。

豆腐はチーズに合うので是非お試しください。

おかずにぴったり!肉豆腐

甘辛いだしが豆腐に染み込んで、とても美味しい味わいになります。舞茸もたっぷり使って栄養バランスを整えましょう。

材料 (2人前)

豆腐:1丁 豚肉(うすぎり):200g 舞茸:1/2個 青ねぎ:適量 ごま油:小さじ1 だし汁:400ml A 醤油・みりん・酒:各大さじ2 生姜:小さじ1 塩こしょう

レシピ

①舞茸はほぐし、生姜はすりおろします。豆腐は適当な大きさに切り、水から入れて沸騰して2〜3分ほど茹でてください。

②豚肉は両面に塩こしょうをし、中火で熱したフライパンに油を引いて、色が変わるまで焼き、舞茸を合わせて炒めましょう。

③舞茸に火が通ってきたところでだし・A・豆腐を入れ、一煮立ちしたら蓋をして15分ほど煮込めば完成です。

豚肉の旨味が絶品の一皿です。

高野豆腐の豚肉巻き

高野豆腐に豚バラ肉を巻き、甘辛いタレで焼いていくだけの簡単人気レシピです。

豚肉の旨味が高野豆腐に染み渡りとても美味しくいただけますよ。

豆腐の人気レシピ《副菜》

豆腐の副菜レシピは、あともう一品足りないときに栄養バランスとして重宝します。

パパッと作れるものは主婦にとって大変ありがたいもの。豆腐のアレンジ料理を知っておけば、いざという時にどんなものでも美味しい豆腐料理ができるでしょう。

W豆腐のヘルシー炒り豆腐

豆腐と高野豆腐を一緒に炒めるW豆腐は、とても健康的なのでおすすめです。

しめじや人参などを一緒に加えていただきましょう。

一分で出せる冷奴

あともう一品欲しいときに便利なのが、豆腐の冷奴ですね。

あげ玉とネギをかけてめんつゆでいただきましょう。

厚揚げそぼろの温玉添え

厚揚げを大胆に調味料で焼いて、温玉を上に乗せると立派な副菜になりますよ。

冷めても美味しいので、たくさん作っておいてもいいですね。ラー油をかけても美味しいですよ。

厚揚げとれんこんのオイマヨ炒め

厚揚げとマヨネーズはとても相性が良く、濃厚な味わいに仕上がります。レンコンのシャキシャキ感もいいですね。

豆腐ステーキひき肉きのこ

豆腐ステーキは、ダイエット中の人でも安心していただけるレシピです。

きのこをたっぷりとかけてヘルシーにいただきましょう。

材料

豆腐:1丁 ひき肉:80g エリンギ:1本 しめじ:1パック 片栗粉:小さじ1 だし醤油:大さじ2 水:80ml

レシピ

①豆腐を半分に切り、フライパンに油を引いてそのまま入れて焼きます。中火で両面こんがりじっくり焼き、お皿に分けて盛ります。

②ひき肉・食べやすく切ったエリンギ・ほぐしたしめじを炒め、片栗粉を絡めます。だし醤油、水を加えてとろみがついたら豆腐にかけて完成です。

めんつゆを代用してもOKですよ!

しらす&ねぎまみれ

絹どうふにたっぷりのしらす、ネギをかけ醤油でいただきます。

しらすの塩気があるので、そのままでも十分美味しくなりますよ。

豆腐ステーキ温玉乗せ

豆腐ステーキを甘辛く焼いて、温玉をのせる人気のレシピです。

木綿でもOKなので、副菜に是非試してみてください。

めんつゆで簡単!厚揚げと鶏ひき肉のそぼろあん

厚揚げと鶏ひき肉を炒めて、とろみをつける絶品レシピです。

簡単にできるので、栄養バランスを取るときに是非お試しください。

材料(2人前)

厚揚げ:1枚 鶏ひき肉:130g 生姜:ひとかけ 絹さや:4つ ごま油:小さじ1 しょうゆ:小さじ1 水溶き片栗粉:大さじ2(水小さじ2で溶く) A 水:150ml A めんつゆ:大さじ1 A 酒:大さじ1 A 塩:少々

レシピ

①生姜はみじんぎりに、絹さやは斜め切りにします。厚揚げは熱湯で1分ほど茹でて油抜きをし、ざるに上げて食べやすい大きさに切りましょう。

②深めのフライパンにごま油を引いて中火で熱し、鶏ひき肉を炒めます。

③ひき肉の色が変わりそぼろ状になってきたら、厚揚げを炒め合わせて、A・絹さやを入れ蓋をし3分ほど煮ます。

④煮汁が半分になったら火を止め、水溶き片栗粉を入れ混ぜ合わせ、再び火をつけとろみをつけたら完成です。

そぼろにするときは、菜箸を何本か使って炒めるとポロポロになりますよ。

木綿で!牛豆腐皿

たまねぎのとろけた甘さも美味しくいただけます。豆腐を入れるだけで、グッとヘルシーさが増しますよね!

材料(2人前)

牛肉のこま切れ:200g 木綿豆腐:1/2丁 玉ねぎ:1個小さめ しめじ:1/3パック 生姜:ひとかけ 青ネギ:2本 水:1カップ(200ml) A しょうゆ:大さじ4 A 酒・みりん:各50ml A 砂糖:大さじ2 七味お好みで

レシピ

①玉ねぎ・生姜は千切り、青ネギは小口切り、しめじはほぐしておきます。木綿豆腐は水気を取り、食べやすい大きさに切ります。

②鍋にAを入れ、玉ねぎと生姜を入れて中火にかけます。

③煮立ってきたら、牛肉をほぐしながら入れましょう。アクを取り弱めの中火にして、しめじ・豆腐を入れて落とし蓋をし、20分ほどじっくり火を通せば完成です。

お好みで七味と青ネギをかけていただきましょう。

節約にも!揚げだし豆腐

定番の揚げ出し豆腐は材料がそれほどかからなので、節約にもつながりますよ。

薄く小麦粉をまぶしてじっくり揚げていきましょう。

豆腐の人気レシピ《汁物》

豆腐は汁物に使うと中まで味が染み込んで、とても柔らかくなって美味しくなりますよ。

温かい汁物は食卓にあるだけでホッと和みますよね。たくさんの具材を入れて具だくさんのスープにもできますし、レシピのレパートリーも増えるでしょう。

具だくさん中華スープ

きくらげ・豆腐・ニラ・大根・にんじん・ニラ・ネギ・玉子・すりおろし生姜が入った体に良いスープです。

お好みでラー油をかけて、ピリッとアクセントにしてもいいですね。

豚肉と豆腐のピリ辛スープ

あっさり仕上げたスープなので、優しい風味でほっこりいただきます。

あっさりなのにコクがあるので病みつきになるでしょう。

材料

豚薄切り肉:120g 豆腐:1/2丁 長ネギ:1/3本 ニラ:1/2束 椎茸:2個 塩:少々 A 鶏がらスープの素:小さじ1 A オイスターソース:小さじ2 A コチュジャン:小さじ2

レシピ

①豚肉は食べやすい大きさに切り、豆腐は6等分、長ネギは斜めに薄切り、ニラは3cm幅に、椎茸はスライスします。

②鍋に700mlの湯を沸かし、A・豆腐・豚肉・椎茸を入れて3分ほど中火で煮ます。

③春雨を入れて1分ほど煮たら、ニラとネギも加えてさっと煮て、塩で味を調えたら完成です。

豚肉の旨味が豆腐に染み込んで、とても美味しい人気のレシピです。

酸辣湯

豆腐・豚肉・ねぎ・椎茸などの野菜を中華風のスープして、黒酢あんを上からかけた韓国風スープです。

濃厚な味わいが疲れた体に染み渡りますね。

豆腐とモロヘイヤのとろみスープ

モロヘイヤの自然なとろみがあるので、片栗粉はあえて使わないレシピです。

豆腐と豚肉の旨味がぎゅっと詰まっていますよ。

スンドゥブラーメン

スンドゥブは韓国の料理で、見た目もとても辛そうですよね。

自分で辛さを調整し、締めにラーメンを入れていただきましょう。

麻婆風ピリ辛スープ

麻婆豆腐風のスープは少しピリ辛ですが、かき玉と豆腐がとてもいい役割をしてくれます。

朝からいただくと元気になりますよ!

とろとろ湯豆腐

豆腐を豆乳で茹でることで、ダブルで濃厚な味わいになります。

とてもヘルシーなので、あっさりとしたポン酢などでいただくのもいいですね。

豚バラとネギの塩麻婆豆腐

10分で簡単にできるので、忙しい人にもおすすめです。少し多めのスープにしていただきましょう。

材料(2人前)

豚バラ肉:100g チューブにんにく・生姜:適量 長ネギ:1本 A 顆粒鶏ガラスープの素:大さじ1弱 水:150ml 水溶き片栗粉:適量

レシピ

①豚バラ肉と豆腐は食べやすい大きさに切り、長ネギは斜めに薄切ります。

②フライパンにごま油を引き、豚ばら肉・にんにく・しょうが・長ネギを炒めます。

③Aを入れ、沸いたら絹ごし豆腐を加えて1〜2分煮ましょう。

④水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油をたらし、塩胡椒で味を調えれば完成です。

材料を切って炒めてとろみをつけるだけなので、レシピも覚えやすいですね。

豆腐のシンプル中華スープ

中華スープに豆腐・ネギ・わかめを入れてじっくり煮込み、仕上げにごま油をかけていただきます。

ゴマを上からかけてもいいですね。

肉豆腐スープ

肉豆腐のスープはそれぞれの食材にだしが染み渡り、とても美味しく仕上がります。

人参など飾り切りにしてもおしゃれですね。

おぼろ豆腐のなめこあん

めんつゆを煮詰めて、片栗粉でとろりととろみをつけるだけの簡単レシピです。

生姜のアクセントも効いて美味しいですよ。

材料(2人前)

A めんつゆ:大さじ2 A 醤油(だし醤油ならなおよい):大さじ1 A 水:100cc A しょうが:適量 なめこ:1袋 片栗粉:少量 青ネギ:お好みで ごま油:少量

レシピ

①生姜はすりおろし、鍋にAを入れて弱火で加熱します。

②温まってきたらなめこを入れて、弱火で10分ほど煮込んだら、水溶き片栗粉を流し入れとろみをつけます。

③豆腐を電子レンジで加熱し、お皿に盛り付け、熱々の餡をかけて完成です。

お好みで青ネギ・ごま油をかけていただきましょう。

豆腐となめこの味噌汁

朝ごはんには味噌汁が一番落ち着きますね。

なめこを入れることで、少しネバネバ感が出て豆腐と美味しくいただけますよ。

豆腐の人気レシピ《作り置き・お弁当》

豆腐はたくさん作って人気のレシピを作っていきましょう。お弁当などに入れたり、冷蔵庫に常備菜としておいておくのも良いですね。

豆腐を大量消費する時には作り置きが一番です。お弁当に入れるときは、高野豆腐など形が崩れないものも人気がありますよ。

豆腐つくねのぽん酢照り焼き

豆腐とひき肉を混ぜ合わせ、つくねを作りましょう。ポン酢と甘辛いタレでいただくレシピです。

サクふわ手作りがんもどき

木綿豆腐を使って手作りがんもどきはいかがですか?

手作りだとふんわり柔らかくなるのでおすすめです。大量に作って冷凍してもいいですね。

ピリ辛トマトダレで夏に嬉しい冷奴

まだまだ暑い夏には、少しピリ辛のソースを作って豆腐といただきましょう。

肉味噌に唐辛子は豆腐だけではなく、どのような料理でも合わせやすいですよ。

大根と厚揚げの煮物

たっぷりのだしを大根と厚揚げを煮込むことで、味がしみしみで美味しくなります。

冷蔵庫に入れておくと、さらに味がしみて美味しくなりますよ。

ふわふわ豆腐鶏つくね

豆腐をよく混ぜ合わせることで、ふわふわのつくねになります。大葉を巻いて香りよくいただきましょう。

材料

鶏ひき肉:200g 豆腐:150g 塩:少々 チューブしょうが:1cm 片栗粉:大さじ1 大葉:数枚 お好みで白ごま:適量 サラダ油:適量 A 顆粒鶏がらスープの素:小さじ1 A 水:小さじ1 A 塩コショウ:少々 A ゴマ油:大さじ1

レシピ

①ボウルにひき肉・豆腐・塩・しょうが・片栗粉を入れ、粘りが出るまでよく混ぜます。お好みの形に整えて大葉を巻きます。

②Aを混ぜておき、 フライパンにサラダ油を引いてタネを並べます。両面を中火でほんのり焼き色がつくまで焼き、フタをして弱火で5分くらい蒸し焼きします。

③Aをつくねに絡めるように煮詰めたら完成です。

簡単なので、大量に作りお弁当のおかずにしてもいいですね。

塩豆腐の唐揚げ

塩豆腐は、最近スーパーでもよく販売されているようですね。

チーズのような味わいなので、唐揚げにしていただくのも良いでしょう。

春菊の白和え

春菊で少し大人な白和えを作ってみましょう。ほうれん草とはまた違う味わいになりますよ。

材料

木綿豆腐:1/2丁(200g位) 春菊:80g 人参:1/3本 こんにゃく:1/2枚 A 味噌:10g A 顆粒だし:小さじ1/2 A 砂糖:小さじ1 A 塩:ひとつまみ すりごま:大さじ1

レシピ

①豆腐はしっかり水切りし、春菊は茹でて水気をしぼり3cmの長さに切ります。人参・こんにゃくは細切りにし、茹でて冷ましておきましょう。

②ボウルに豆腐を入れ泡立て器で混ぜて、少しなめらかになったらAを入れて、味噌のかたまりが無くなるまで混ぜてください。

③水気をしぼった春菊・人参・こんにゃくを入れ、すりごまを入れてざっくり和えたら完成です。

少し苦味が感じられて、ついつい食べ過ぎてしまうレシピです。

豆腐の牛肉巻き

木綿でも絹ごしでも良いですが、お弁当に入れるときは崩れにくい木綿がおすすめですよ。

材料

豆腐:1丁 牛肉薄切り:8枚ほど 小麦粉:適量 A 酒:大さじ2 A みりん:大さじ1 A 醤油:大さじ1と1/2 A 砂糖:小さじ1

レシピ

①豆腐は縦半分に切り、それを4等分してキッチンペーパーで水切りします。

②牛薄切り肉で巻いていき、小麦粉ふっておきます。

③フライパンに油を引いて、先に巻き終わりを下にして焼いてください。

④両面焼いたら、Aを一気にいれ煮詰めたら完成です。

半分に切って白ごまをかけていただきましょう。

高野豆腐入りオープンオムレツ

オムレツに高野豆腐を入れるアイデアレシピです。

見た目も食べやすく、お弁当のおかずにぴったりの人気レシピですね。

ピーマンのくずし豆腐胡麻和え

豆腐を崩してピーマンに和えるだけの簡単レシピです。

たくさん作り置きして、一品足りない時に使ってみましょう。

厚揚げのマヨ焼き

厚揚げにマヨネーズをかけて焼くだけで、立派なおかずになりますよ。

子供にも大人気なので、おやつとしてもいいですよね。

豆腐の人気レシピ《サラダ》

豆腐と野菜でダブルヘルシーな人気のレシピを作りましょう。

いつものサラダに豆腐を加えることで、栄養バランスも整いますよ。好きな野菜をふんだんに使えば、ボリューム満点でダイエットにも効果的です♪

豚しゃぶの豆腐ポン酢がけ

冷しゃぶを豆腐に乗せてポン酢サラダにしましょう。大根おろしをたっぷり乗せてもいいですよね。

味付けもずくとおから

もずくは毎日でも食べたい食品です。

おからと合わせることで食感が楽しくなり、モリモリ食べられますね。

わかめと焼き豆腐のチョレギ和え

手でほぐした焼き豆腐とごま油の効いた味付けで食欲をそそりますね。

栄養満点なので是非おためしください。

材料(2人前)

わかめ:50g 焼き豆腐:200g(木綿豆腐でも) 長ネギ:1/4本 ミニトマト:4つ(彩りに) A ごま油:大さじ1 A 醤油:小さじ2 A 砂糖、塩:各小さじ1/3 A にんにくのすりおろし(チューブでも):少々 A こしょう:少々 A 白ごま:適量

レシピ

①焼き豆腐はペーパーなどで押さえてよく水を切り、わかめは一口大、長ネギはななめ千切りに、ミニトマトは1/4のくし切りにしましょう。

②ボウルにAを入れて混ぜ合わせておきます。

③Aの中に豆腐を手でちぎり、わかめ・長ネギを合わせて入れ混ぜたら完成です。

ミニトマトや白ごまを散らしていただきます。豆腐が崩れないようにしてくださいね。

たっぷり野菜の豆腐サラダ

好きな野菜をたっぷり使い、豆腐をのせて自家製ドレッシングでいただきましょう。

レンコンチップを使うとボリュームアップになりますよ。

豆腐とチキンのサラダ

ダイエット中の人におすすめしたいのが、豆腐と蒸し鶏のサラダです。

全体的にカロリーも低く、栄養も高いので是非。

おからと漬物を使ったサラダ

おからが大量に余ったときは、漬物と一緒に混ぜてサラダ仕立てにしてみましょう。

漬物のパリパリ感がとても病みつきになりますよ。

豆腐の人気レシピを作ろう!

豆腐はどんな料理にも自在に変化して、馴染んでくれる人気の食材です。タンパク質も豊富に含まれているので、毎日でも使いたいですよね。

意外とどのようなレシピにも合うので、自分なりにアレンジして人気のレシピを作ってみるのも良いでしょう。

早速これから毎日一品は作れるように頑張りましょう♪

元記事を読む
提供元: folkの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。