1. トップ
  2. レシピ
  3. パンに合うおかず50選!いつもの食事をワンランクアップさせる絶品レシピ

パンに合うおかず50選!いつもの食事をワンランクアップさせる絶品レシピ

  • 2019.6.5
  • 42726 views

パンに合うおかずをまとめました!食パンやバケット、イングリッシュマフィンやフォカッチャなどシンプルなパンに合わせるおかずは、定番化してしまい悩まれる方も多いと思います。

たまにはパンも食べたいけど、合わせるものが思いつかないという方にも、パンに合うおかずを前菜のような和えるものから、焼き物、煮込み、スープ、揚げ物などいろいろな料理をご紹介いたしますので是非参考にしてみてください。

パンに合うおかず《和え物・ディップ》

アボカドディップ(ワカモレ)

パンにそのままのせても美味しいアボカドディップ。

レモンなどの酸味も爽やかでクリームチーズとアボカドのまろやかさもあり、色鮮やかでおしゃれに見せてくれます。

ナゲットやグリルしたじゃがいもなどの野菜につけて食べても美味しいです。

ヘルシー!鶏むね肉のテリーヌ

フランス料理の前菜で出てくるテリーヌも、塩っぱさがパンに良く合います。

鶏むね肉をひき肉の状態にして粘りがでるまで混ぜたものに野菜をみじん切りにしたものを加え味をつけ、型に入れオーブンで蒸し焼きにすると完成。

鉄分補給!レバーパテ

レバーパテは、ペースト状のディップするようなものもありますが、写真のものは型で固めています。

鶏レバーペーストを作り炒めた玉ねぎや合挽きひき肉、ブランデー、くるみ、卵、ハーブを入れ揉み込みます。

ベーコンを敷いたテリーヌ型に詰めローリエで蒸し焼きにした後、一晩寝かせます。

手の込んだおしゃれな料理なのでおもてなしにもおすすめです。

新鮮な魚のカルパッチョ

新鮮な魚介のお刺身が手に入ったら、パンに合わせてカルパッチョもおすすめです。

和えたソースやドレッシングがパンやバケットに合い、つけて食べても美味しいです。

魚介の種類によって、醤油や柚子胡椒などの調味料を選んで野菜と一緒に和えます。

トマトのバジルマスタード和え

湯剥きしたミニトマトをバジルやマスタードで和えた料理です。

メインのおかずの箸休めや副菜として添えると色鮮やかで映えます。

トマトとバジルのフレッシュさがパンにも良く合います。

材料

・ミニトマト 15個

・バジル 5〜10枚

・オリーブオイル 大さじ1

・粒マスタード 小さじ2

・塩 少々

レシピ

・湯を沸かし、切り目をいれたミニトマトを入れさっと湯に通し、皮をむく。バジルの葉は小さくちぎる。

・ボウルにオリーブオイル、粒マスタード、塩を入れ混ぜる。その中にトマト、バジルを加え和える。

バケットにのせても!カプレーゼ

トマトとモッツァレラチーズ、バジルをオリーブオイル、塩、黒こしょう、レモン汁などを混ぜたソースで和えたカプレーゼ。

和えたものをそのままお皿に盛っても前菜のようなおかずになりますが、写真のようにバケットにそのままのせてもおしゃれです。

ケールとビーツのアボたまサラダ

黄身がとろりとアボカドに絡んだサラダは、パンに挟みたくなるぐらいよく合います。

粉チーズや酢の効いたドレッシングを合わせると爽やかで朝ごはんにもおすすめです。

ケールやビーツ、カボッコリーが手に入りにくい野菜なので、それぞれレタス、にんじんや赤カブ、かぼちゃに代用しても美味しくいただけます。

材料

・アボカド 1/2個

・卵黄 1個

・ケール 3枚

・ビーツ 1/4個

・ラディッシュ 1〜2個

・カボッコリー 1/8個

・アーモンドスライス お好みで

・ドレッシング

レシピ

・ケールは食べやすくちぎり、ビーツ、カボッコリー、ラディッシュはスライスする。アボカドは半分に切り1/6カットにする。

・お皿にケールをのせて、その他の野菜を飾る。アボカドは中央に置き、卵黄をおとす。

・アーモンドスライス、粉チーズを振り、ドレッシングをかける。

柿とブルーチーズのサラダ

フルーツの柿とブルーチーズを使ったサラダ。

柿の甘みとブルーチーズの塩っぱさがとても合っていて、見た目も華やかでおしゃれです。くるみの風味もパンにあうサラダです。

材料

・柿 1個

・ブルーチーズ 30g

・グリーンリーフ100g

・ラディッシュ 1個

・くるみ 5個

・オリーブオイル 大さじ1

・ホワイトビネガー 小さじ1

・ブラックペッパー 適量

レシピ

・柿は皮をむき、12等分に切る。ラディッシュはスライスして、グリーンリーフは洗う。

・皿にグリーンリーフ、柿、ラディッシュを盛り付け、ブルーチーズ、くるみ、オリーブオイル、ホワイトビネガーをかけて、ブラックペッパーをかける。

ポテトサラダ

ポテトサラダもサンドイッチにしたり、パンに合う定番のおかずです。

粒マスタードを使ったり、マヨネーズ味だったり、カレー風味にしたりいろいろなレシピがありますが、レーズンを使ったものも独特の甘みと酸味がありおしゃれです。

材料

・じゃがいも 2個

・アーリーレッド(赤玉ねぎ) 1/2個

・ブラックレーズン お好みで

・酢 小さじ1

・オリーブオイル 小さじ1

・顆粒コンソメ 少々

・塩こしょう 適量

・マヨネーズ 大さじ2

レシピ

・じゃがいもの皮をむいて適当な大きさに切り、鍋でかぶるぐらいのみ水を入れ火にかける。煮立ったら弱火にして蓋をし10分ほど煮る。お湯を捨て中火にかけ、水気を飛ばすようにゆする。

・熱いうちに酢、オリーブオイル、顆粒コンソメを絡め、じゃがいもを潰したら粗熱を取る。

・アーリーレッドは細かめのさいの目切りにし、ブラックレーズンはタネを取り除く。

・2に塩こしょう、マヨネーズを入れてよく混ぜ、アーリーレッド、ブラックレーズンを入れざっくり混ぜる。

ローストビーフ

低温調理された柔らかいローストビーフは、パンによく合います。

パンに野菜と一緒に挟んでも見栄えがよくボリュームもでます。好みのソースやペーストと合わせて食べるのがおすすめです。

パンに挟みたくなる!コーンビーフユッケ

マヨネーズで和えて晩酌のおつまみのイメージが強いコーンビーフですが、ユッケにすると卵が絡んでパンに挟みたくなる、パンによく合うおかずになります。

もちろんおつまみにもおすすめです。

材料

・コンビーフ 1缶

・卵黄 1個

・白ごま 適量

・ごま油 適量

・こしょう 適量

・ベビーリーフなど添える野菜 お好みで

レシピ

・油をひかずにコンビーフを炒める。

・火が入ったら、皿に盛り、くぼみを作って卵黄をいれる。ごま油を回しかけ、白ごまを飾る。

パンに合うおかず《炒め物》

ちょっと特別なスクランブルエッグ

パンに合う朝の定番おかずのスクランブルエッグもベーコンやハムを一緒に炒めると特別なおかずになります。

卵を溶き炒めるだけなので簡単で、子供のお手伝いや、一緒に調理することもできます。

ごま油香る!きんぴらごぼう

和風のおかずのきんぴらごぼうも醤油の風味や甘辛い味がパンにも合うおかずです。

惣菜パンでもきんぴらごぼうを合わせたものを見たことがある方も多いと思います。

材料

・ごぼう 1本

・にんじん 1/4本

・千切りこんにゃく 1袋

・合挽き肉 200g

・白ごま 適量

・ごま油 適量

・赤唐辛子 適量

・(肉の下味)醤油、みりん、酒 各大さじ2

・醤油 大さじ2

・みりん 大さじ1

・酒 大さじ1

・砂糖 大さじ1

レシピ

・ごぼうとにんじんは千切りにし、水に浸けておく。合挽き肉はポリ袋に入れ、下味用の醤油、みりん、酒と合わせもみ込んでおく。

・フライパンに油をひかずにお肉を入れ、色が変わるまで炒め、一度取り出す。

・同じフライパンにごま油、輪切りにした赤唐辛子を入れ香りが立ったら、ごぼう、にんじん、こんにゃくを入れ中火で炒める。

・全体に火が通ったら、お肉を戻し入れて炒め合わせる。白ごまを加え、最後にごま油をひと回しする。

アスパラとベーコンの炒め物

ベーコンとアスパラガスもパンに合う食材ですが、シンプルに塩胡椒で炒め合わせたものもパンに合うおかずになります。

アスパラガスにベーコンを巻いて焼くものもありますが、そのまま炒めても簡単で美味しいです。

新じゃがいもとペコロスのジェノベーゼ和え

鶏肉、新じゃがいも、ペコロスを炒め合わせ、ジェノベーゼソースで和えた料理です。

新じゃがいもは炒めてもホクホクで皮はパリッとした食感で、バジルが香るジェノベーゼソースとも相性抜群でパンに合わせても美味しいです。

エリンギのバター醤油

エリンギを貝柱のようにカットし、炒めてバター醤油で味つけされた料理です。

写真のようにごはんにも合いますが、エリンギのシャキシャキしたような歯ごたえのある食感やバター醤油の香ばしさがパンにも合うおかずになります。

あさりのワイン蒸し

香りや味も強いあさりを野菜と一緒にワインで炒め蒸した料理です。

プチトマト、芽キャベツ、スナップエンドウなどの洋風の野菜を合わせ、ワインで蒸しオリーズオイルを垂らすと出てきた出汁をパンに浸したくなるほどパンに合うおかずになります。

パンに合うおかず《グリル・焼き物》

いかじゃがバター

バターと醤油の味が和風にも思えますが、塩っぱさとバターのコクがパンにも合うおかずになります。

じゃがいもがホクホクなので、バケットなどの固いパンに合わせると美味しいです。

材料

・いか 1杯

・じゃがいも 1個

・バター 10g

・しょうゆ 小さじ1

・青のり、かつお節 適量

レシピ

・じゃがいもは皮をむき、1cmの厚さの輪切りにする。いかは内臓と骨を取り出して胴を1cmほどの輪切りに、足は数本に分けて一口大に切る。

・フライパンを中火で熱し、バターの半量を入れイカを焼く。いかの色が変わってきたらじゃがいもを入れ醤油をまわし入れ炒める。

・皿に盛り、バターの残り半量をのせ、青のり、かつお節をかける。

塩麹チキンのマスタードソースがけ

塩麹で漬け込んだ柔らかいチキンに酸味のあるマスタードソースをかけたもので、ソースをパンにつけたくなるぐらい合うおかずです。

材料

・鶏ムネ肉 1枚

・塩麹 30g

・酒 大さじ2

・粒マスタード 小さじ2

・牛乳 小さじ2

・ケチャップ 小さじ1

・砂糖 小さじ1

・しょうゆ 小さじ1/4

・こしょう 適量

・パセリ お好みで

・添える野菜など

レシピ

・ポリ袋に鶏ムネ肉、塩麹を入れてよく揉み込み、冷蔵庫で半日寝かせる。

・粒マスタード、牛乳、ケチャップ、砂糖、しょうゆ、こしょう、パセリを混ぜマスタードソースを作っておく。

・鶏肉の水分をペーパータオルなどで拭き取り、フライパンにオリーブオイルを熱し、中火で皮目から焼く。焼き色がついたら返して弱火にし、酒をいれ蓋をして8〜10分蒸し焼きにする。

・一口大にスライスして、皿に盛り、ソースをかける。

鶏ムネ肉のカレーグリル

カレー味の鶏ムネ肉のグリルは、ヘルシーですがしっかりとついたカレーの味がパンによく合うおかずです。

クミンの香りがおしゃれで大人も喜ぶカレー味になっています。

材料(2人分)

・鶏ムネ肉 1/2枚

・カレー粉 大さじ1

・クミンシード ひとつまみ

・こしょう 少々

・塩 ひとつまみ

・ラディッシュ 1個

・パクチー 適量

・アーモンド 砕き少々

レシピ

・鶏ムネ肉は皮、不要な油を取り除き、均一な厚さになるように食べやすい大きさにそぎ切りにし酒をよく揉みこんでおく。

・塩こしょうで下味をつけ、カレー粉、クミンシードをまぶす。

・フライパンで2を両面低温でじっくりと焼く。

・皿に野菜と一緒に盛り付け、ムネ肉の上にアーモンドを振りかける。

ポークステーキ

ポークステーキにトマトと玉ねぎのソースをかけています。

トマトのソースがパンにもよく合い、食べ応えのあるポークステーキは男性にも子供にも喜ばれるメニューです。

材料

・豚ブロック 250g

・玉ねぎ 1/2個

・プチトマト 6個

・にんにく ひとかけ

・オリーブオイル 小さじ1

・赤ワイン 80cc

・しょうゆ 小さじ2

・みりん 小さじ1

・バター 小さじ1

・塩コショウ 少々

レシピ

・豚肉のブロックに塩コショウをふりしっかりと下味をつけ置いておく。みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルで低温で炒める。

にんにくの色が変わったらみじん切りにした玉ねぎと細かく刻んだプチトマトを炒め、とろみがつくまで弱火で煮込む。

・豚肉ブロックを熱したフライパンで焼く。焼き目がつくまでしっかりと焼いていく。

・豚肉をスライスし、その上に1のソースをかける。

ほうれん草とベーコンのグラタン

チーズやソースがとろとろのグラタンはパンにつけて食べても美味しい、パンに合うメニューです。

写真のグラタンはほうれん草やベーコンが入っていますが、玉ねぎ、鶏肉、じゃがいもなど好きな具材や家にある具材で作ることができるのも手軽でおすすめです。

材料

・マカロニ 30g

・ほうれん草 1/3束

・ベーコンスライス 50g

・バター 5g

・コンソメ 小さじ1/2

・バター 10g

・小麦粉 大さじ1

・牛乳 160ml

・ピザ用チーズ 20g

・ピザ用チーズ 適量

レシピ

・ほうれん草は水にさらし、3cm幅に切り、ベーコンは食べやすい幅に切る。マカロニは茹でて水気を切っておく。

・ほうれん草とベーコンをバターでさっと炒める。バター(10g)、小麦粉、牛乳でホワイトソースを作る。

・ホワイトソースができたら2のほうれん草とベーコン、ピザ用チーズ(20g)、コンソメを合わせて混ぜる。

・耐熱皿に3を入れ、上からピザ用チーズをのせ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。

とろとろチーズとごろごろ野菜で!チーズフォンデュ

チーズフォンデュはごろごろとした野菜とバケットを温めたとろとろのチーズにつけて食べる料理です。

小鍋にチーズとワインなどを混ぜたソースを入れ温めたものを囲むのもいいですね。

写真のようにカマンベールチーズをまるまる置いて温めると、とろとろになり簡単に楽しむことができます。

サーモンのステーキ

塩焼きにするとご飯のおかずになりますが、サーモンはハーブを効かせてステーキやソテー、ムニエルなどにするとパンに合うおかずになります。

レモンやマッシュポテトを添えるとおしゃれになりおすすめです。

タラのムニエル

写真のタラのムニエルはバター醤油味で作られていて、バターの風味がパンに合うおかずとなっています。

タラ自体は淡白な味の魚なので、シンプルにソテーするより、濃いめの味付けがおすすめです。

スペアリブと野菜のオーブン焼き

タレに漬け込まれたスペアリブと、プチトマトや芽キャベツ、じゃがいもなどのお好みの野菜をオーブンで焼いた料理はパンによく合います。

スペアリブのこってりとした濃い味もパンが進みます。

パンに合うおかず《煮物・煮込み》

チーズがとろり!デミハンバーグ

ごはんにもパンにも両方合うハンバーグですが、チーズがとろとろでソースにつけてもパンによく合います。蒸し焼きにしてふわふわに仕上げます。

材料(2人分)

・合挽き肉 250g

・玉ねぎ 小さめ1個

・とろけるチーズ 3枚

・卵 1個

・牛乳 大さじ1

・パン粉 1/3カップほど

・塩 2つまみ

・ブラックペッパー 少々

・油、小麦粉 適量

・赤ワイン 大さじ1

・中濃ソース 大さじ2

・ケチャップ 大さじ3

・バター 10g

レシピ

・パン粉に牛乳を入れて湿らせる。玉ねぎはみじん切りにし、油を敷いたフライパンでしんなりと甘い香りがするまで炒め粗熱をとる。

・ボウルに合挽き肉、卵、1のパン粉と玉ねぎ、塩こしょうを入れる。粘りがでるまで混ぜ、3等分にする。両手でキャッチボールをするように空気を抜き楕円形に成型する。表面に軽く小麦粉をまぶしておく。

・フライパンに油を熱し、2を入れ、こんがりと焼き色がついたら蓋をして弱火にして5分ほど焼く。

・裏返して蓋をして更に5分焼く。最後の1分のときにチーズをのせ、再度蓋をして余熱でとろりとさせ皿に出す。

・4のフライパンにそのまま、赤ワイン、中濃ソース、ケチャップ。バターを入れ、とろみがつくまで煮詰める。皿にだしたハンバーグにかける。

ポトフ

野菜やベーコンを煮込み、コンソメや塩こしょうで優しい味をつけたポトフは、野菜本来の甘みがパンにぴったりのおかずになります。

ベーコンのコクや塩っぱさやほくほくの野菜が大人から子供まで喜ばれるメニューです。

ポークビーンズ

大豆と野菜、豚肉をトマト缶で煮込んだ料理のポークビーンズは、給食でもおなじみの料理で大人から子供まで人気のメニューです。

スープのようなソースのような濃厚な味がパンによく合います。

スパイスの効いたカレー

カレーはカレーライスと言うぐらいですが、パンにも合うメニューです。

スパイスの効いたカレーは、本場インドやネパールではナンやチャパティに合わせることも多いのでパンにもよく合います。

豆や野菜をたっぷりと煮込むのがおすすめです。

鶏ときのこのクリーム煮

きのこと鶏肉を煮込んだクリーム煮も濃厚なクリームの味がパンにぴったりな料理です。

クリームはパンにつけても美味しいですし、具はパンにのせたり挟んでも美味しくいただけます。

材料

・鶏もも肉 1枚(300g)

・塩胡椒 少々

・しめじや舞茸などのきのこ 100g

・小麦粉 大さじ2

・バター 大さじ1

・牛乳 200ml

・顆粒コンソメ 大さじ1/2

レシピ

・鶏もも肉を一口大に切り、塩胡椒をふる。しめじ、舞茸とともに耐熱ボウルにいれる。

・1に小麦粉を絡め、バター、牛乳、顆粒コンソメを加え混ぜる。

・ふわっと両端を開けるようにラップをかけ、600wのレンジで10分加熱する。底からゴムベラでよく混ぜる。

レンジでもできる!クリームシチュー

とろとろのクリームシチューも定番のパンに合う料理のひとつです。

野菜をごろごろと大きめに切ったもので作ると食べ応えもあり、メインのおかずになります。

材料

・鶏もも肉 100g

・玉ねぎ 1/2個

・じゃがいも 1個

・にんじん 少々

・水 300ml

・クリームシチュールウ 2片

・牛乳 大さじ4

レシピ

・鶏もも肉は一口大に切り、玉ねぎは薄切り、じゃがいもとにんじんは小さめに切る。

・耐熱ボウルにと1と水を入れ、ふわっとラップをかけ、600wのレンジで11分加熱する。

・2にルウをよく溶かし、牛乳をいれラップをかけず600wのレンジで3分加熱し、混ぜる。

ホタルイカのアヒージョ

具材の味やにんにくの風味がオイルに染み込んだアヒージョも、オイルを残すのが勿体無くて、浸して食べたいほどパンに合う料理です。

写真の料理はホタルイカで作っていますが、砂ずりやエビなどお好みの具材でアレンジもできます。

材料

・ホタルイカ

・オリーブオイル

・にんにく

・じゃがいも

・マッシュルーム

・塩胡椒

レシピ

・ボイルされたホタルイカの目と口と骨を取り除く。

・オリーブオイルでにんにく、じゃがいも、マッシュルームを煮て最後に塩胡椒とホタルイカを入れ2〜3分煮る。

とろとろに煮込まれたビーフシチュー

お肉をとろとろに煮込み、野菜と一緒に合わせたビーフシチューもパンに合う定番のおかずです。

バケットや柔らかいものなどパンの種類も選ばず、朝、昼、夜とどの時間帯にも合わせられるメニューです。

野菜たっぷりのラタトゥイユ

玉ねぎやトマト、なすなどの野菜がたっぷり入ってとろとろの食感になるまで煮込まれたラタトゥイユは、野菜の酸味や甘みがパンによく合う料理です。

パンに合うおかず《揚げ物》

サクサク!フライドチキン

衣はサクサクで、中のお肉はジューシーなフライドチキンも、食感やふわふわなお肉がパンによく合うおかずです。

塩胡椒味が基本ですが、カレー粉を混ぜたりしてアレンジしても美味しくいただけます。

エビフライ

エビフライもタルタルソースをつけて食べると、クリーミーな味がパンに合うおかずになります。

衣はサクサクして、エビはぷりぷりな食感が柔らかいパンにも合い、サンドウィッチにしても美味しくいただけます。

豆腐入りチキンナゲット

豆腐と鶏ひき肉を混ぜて小判形に成形して揚げるナゲットは、揚げ物ですが豆腐を混ぜることでヘルシーになります。

ふわふわな食感のナゲットにケチャップやソースをつけて食べると、パンに合うおかずになります。

コロッケ

サクサクの衣とじゃがいものホクホク食感が美味しいコロッケもパンに合うおかずの一つです。

ソースでも合いますが、トマトソースや、クリームソースなどかけたものなどアレンジされてもパンに合うメニューです。

カニクリームコロッケ

カニとクリームを合わせたコロッケも、濃厚な具とサクサクの衣がパンに合うおかずになります。

カニの風味や塩っぱさもアクセントになります。

カマンベールチーズフライ

カマンベールチーズにパン粉の衣をつけて揚げたチーズフライもとろとろのチーズと塩気がパンによく合います。

カマンベールでなくても、プロセスチーズや、ささみと合わせたものなどチーズのフライがパンに合うメニューです。

ビーフカツレツ

写真ではたっぷりの野菜と合わせてパンにサンドされていますが、カツレツはパンに合う定番のおかずです。

挟み込んでも、そのままお皿に盛ってソースをかけたものでも、どちらでも合うおかずになります。

チキンカツ

衣がサクサクで、お肉がジューシーなチキンカツもパンに合う定番のおかずの一つです。

フレッシュトマトで作ったトマトソースや、粒マスタードのソースを合わせるとおしゃれでよりパンに合うメニューになります。

パンに合うおかず《スープ》

かぼちゃのポタージュスープ

かぼちゃの甘みがおいしい濃厚なポタージュスープはパンにつけても、一緒に食べても美味しいスープです。

クリーミーでまろやかな味がパンに良く合います。

具たっぷり!おかずになるコーンスープ

とうもろこし、にんじん、ブロッコリー、ベーコンなどの具がごろごろと入ったコーンスープ。

シチューのような食べ応えのあるスープで、1品のおかずにもなります。

鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎと好きな具を入れ炒めて、クリームコーン缶を加え、水と固形ブイヨン、牛乳を加え煮て作ります。

オニオンスープ

玉ねぎを飴色になるまで炒めて作るオニオンスープは、とろとろで香ばしさもありパンによく合います。

チーズやバターをのせても更にコクがでて美味しいです。

しょうがでポカポカ!ミネストローネ

野菜たっぷりのミネストローネは、トマトの酸味が甘さのあるパンに合うスープです。

具材の野菜やベーコンを蒸し焼きにしてコンソメスープ、しょうが、トマト缶を加え、煮て作ることができます。

キャベツとツナのスープ

優しい味のキャベツとツナのスープで体が温まります。

朝ごはんのパンのお供にもなり、昼や夜のメインの料理の付け合わせにもおすすめです。

材料

・ツナ缶 1缶

・キャベツ 1/4個

・玉ねぎ 1/2個

・黄パプリカ 1/4個

・コンソメスープの素 1個

・水 500ml

・味噌 小さじ1

・パセリ お好みで

レシピ

・ツナは油を切り、キャベツは一口大、玉ねぎはスライス、パプリカは小さめの角切りにする。

・鍋に水とコンソメスープの素を入れ中火にかける。溶けてきたら、ツナ、キャベツ、玉ねぎ、パプリカを入れ、蓋をずらして置き、5分ほど弱火にかける。

・野菜が柔らかくなったら、火を消し、味噌を溶かし入れる。

・食べる直前に弱火で温め、お好みでパセリをかける。

ひよこ豆のクラムチャウダー

とろとろの野菜にひよこ豆の食感が楽しいクラムチャウダーは、クリーミーなミルクとあさりの出汁や塩っぱさがパンによく合うスープです。

材料

・ひよこ豆 200g

・あさりの身 200g

・玉ねぎ 1/2個

・にんじん 1/2本

・エリンギ 2本

・にんにく ひとかけ

・ベーコン 2枚

・牛乳 500ml

・小麦粉 大さじ2

・バター 20g

・水 500ml

・白ワイン 大さじ1

・塩こしょう 少々

・パセリ 少々

レシピ

・玉ねぎは粗みじん切り、にんじん、エリンギはさいの目切り、にんにくはみじん切り、ベーコンは1cm幅に切る。あさりは汁と身を分けておく。

・鍋にバターを入れて中火で熱し、あさりを炒め、白ワインを加える。あさりに程よくバターがまわったら、にんにく、にんじん、玉ねぎ、エリンギの順に炒めた後、ひよこ豆、あさりの汁を加える。

・小麦粉を2回に分けてダマにならないように全体にまんべんなく振りかけ混ぜる。その後水を加えて、15分ほど煮込む。

・牛乳を加えて沸騰させないようにあたためる。塩こしょうを入れて味を整える。

彩りも綺麗なガスパチョ

トマトを使った冷たいスープのガスパチョもパンに合うスープです。

爽やかな酸味や甘みは、さっぱりとしてパンに合うおかずの付け合わせとしても、さらっと食べたい夏の朝ごはんにもおすすめです。

パンに合うおかずを作ろう!

前菜のようなものから、スープ、メインになる煮込みや揚げ物まで様々な料理を紹介しました。

定番のものから変わったもの、合わせると新鮮なものも中にはあります。ご飯ばかりだと飽きる、朝ごはんに困ったという時に、参考にしてパンに合うおかずを作ってみてください。

オリジナルサイトで読む