100円ショップのアイテムで夏に無敵の美背中作りにトライ!

ローイング

背中を引き締めるローイング

筋肉イラスト

「今回はローイングという種目で、背中の筋肉にアプローチをします。現代人はスマホやパソコンを操作している時間が長く、背中が丸まりがちな毎日を過ごしています」(八木さん)
最近背伸びをしたのはいつのことでしたでしょうか。八木さんの言葉に、ふと毎日を振り返ってみると、背すじを伸ばして姿勢をよくしている時間よりも、猫背になっている時間のほうが長くなっていることに気づきます。

今回は背中の筋肉のひとつ、広背筋を主に鍛えるトレーニング。
広背筋とは、体の背面の多くのところを占める重要な筋肉で、体に対し多くの働きを行います。
上半身の姿勢維持とひねり動作、腕や肩の動き、骨盤の動きを担います。
広背筋の機能低下は背中の脂肪がつきやすくなるだけではなく、姿勢不良や、お腹周りのたるみ、肩こりや腰痛などさまざまな体の不調を引き起こすのです。

使用する100均アイテムはコレ!

セラバンド

今回は、100円ショップで手にはいるトレーニング用の「セラバンド」を使用します。

セラバンドでローイングを行ってみよう

それでは八木さんに、セラバンドを使用した「ローイング」をご紹介いただきます。

ローイング1

<1>
セラバンドを2本使います。足幅を肩幅程度に開き、軽くひざを曲げて座ります。両足それぞれにセラバンドを引っかけ、ひじを伸ばして両手で持ちます。
お腹に力を入れて、上半身をまっすぐに保ちましょう。頭部は背骨の延長線上に置きます。この姿勢がスタートの状態です。

ローイング2

<2>
ひじを曲げて後方に腕を引き上げながら、セラバンドを引っ張ります。
元のスタート姿勢に戻し、20〜30回くり返していきましょう。

<これはNG!>

ローイング3

「このとき、腕だけの力でセラバンドを引っ張らないようにしましょう。
背すじをまっすぐにして、肩甲骨をしっかり動かして広背筋への刺激を感じてください。
力んで肩が挙がり、首をすくめてしまわないように気をつけましょう。背面で肩甲骨を寄せて、肩を下げた状態を維持してトレーニングを行います」

撮影/山上忠 ヘア&メイク/斎藤節子 取材・文/新山夏葵 イラスト/丸口洋平

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。